ホームKapokの資産運用 目次

1. はじめに

このページでは、資産運用に関するブログ記事を系統的にまとめています。 特に重要で、かつ普遍性が高い(時事ネタではない)と考えている記事を厳選しています。

上から順に読んでいけば、私の資産運用についての考えが分かる構成になっています。


2. 資産運用の魅力

2-1. どうして資産運用をするのか?

資産運用を行うメリットは多くあります。 資産運用は良く出来た【趣味・娯楽】だと思う では、趣味としての資産運用の魅力をまとめています。

2-2. シミュレーションで遊んでみる

仮想証券取引所で株式売買のシミュレーションを行う事は、資産運用についの考えを深める一助となります。 Kapokの「仮想証券取引所」 では、株式売買の雰囲気を楽しむ事ができます。


3. 投資のリターンについて

3-1. 預金より増える

資産運用ではリスク資産への投資を行います。リスク資産は、そのリスクの分だけ割安です。 このディスカウント分を、リスクプレミアムと呼びます。

リスク資産は預金と比べ、高い利回りが期待できます。 日経平均株価の年間リターン推移には、 株価指数の平均的なリターンが、高く推移してきた様子が示されています。

3-2. 資産の指数関数的増加

リスク資産を保有していれば、長期的には資産は指数関数的に増加する事が期待できます。 得られた利益を元手に更に利益を増やす「複利効果」が働くためです。

日経平均株価の超長期チャートには、 長期的に株価指数が指数関数的に増加してきた様子が分かる、対数スケールのチャートを掲載しています。 ただし、リスク資産は必ずしも単調増加にはならず、投資家にとっては辛い時期もある事にも注目です。


4. 暴落に注意

4-1. リーマン・ショックの株価暴落

資産運用をする際は、株価の暴落に注意する必要があります。 リーマン・ショック前後の日経平均株価チャート、および2008年の相場について では、2008年に起こった株価暴落時の様子をまとめています。

4-2. 暴落回避の重要性

株価暴落を回避すれば、資産を大きく増やせます。 暴落での損失回避と、暴騰でのリターン享受とでは、どちらが大切か? では、暴落回避の重要性について述べています。


5. 分散投資のすゝめ

5-1. 無リスク資産を大切に

暴落回避のために、無リスク資産の組み入れが大切です。無リスク資産組入れで、ポートフォリオの資産の成長性が高まる理由について では、無リスク資産組み入れの重要性を扱います。

5-2. 分散投資の効果

分散投資は大切です。分散投資の効果と、資産運用での利用についてでは、 分散投資の利用のメリットと、具体的な分散手法について述べています。

5-3. アセット・アロケーションの構築

分散投資の視点で、運用資産のアセット・アロケーション(資産配分)を考えます。 この資産配分は、投資家の予測と好みが表れます。 アセット・アロケーションが十人十色である理由では、 アセット・アロケーション構築の自由度について考えています。


6. パッシブ運用で平均値への追随を目指すのも良い

6-1. 多くの投資家は負けていく

残念な事に、多くの投資家は負けていきます。確率的には、わずかな投資家が大勝し、それと辻褄を合わせるように多くの投資家が負けるわけです。 多くの市場参加者が、平均値に負ける仕組みと構造では、 シミュレーションを用いてこの構造について説明しています。

6-2. インデックス投資の利用

市場平均へ追従するためには、インデックス投資の利用が効果的です。 とはいえインデックス投信への投資にはデメリットもあります。 インデックス投資のデメリット(メリット風のまとめ)では、 敢えてメリット風にインデックス投資のデメリットをまとめています。


7. 自身の心理と向き合う

7-1. 心理効果を知る

心理効果についての知識を持つ事は、資産運用を行う上で大切です。 資産運用で知っておくべき、心理効果のまとめでは、 資産運用に役立つ心理効果をまとめました。

7-2. 資産運用規定を作成する

運用ルールを定めておけば、投資判断に迷った際に、比較的安全な選択をする事ができます。 Kapokの資産運用規定 は、私の現時点での運用ルールです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapokのwebサーバー

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.