MyTips - Kapok&Fintech

資産運用週次レポート 2018年8月4日(土)

2018/08/04 12:57

運用資産額:13,843,628 円 前月比▲0.95% 年初比▲1.15%

国内株の業績相場入りとなった。直近1年間は業績相場にて運用資産が増えていたが、今回は思い通りに資産を増やせていない。中国株の失速もあり、年初来成績はマイナスで推移。

資産運用月次レポート 2018年7月31日(火)

2018/08/01 01:10

運用資産額:13,975,972 円 前月比+0.67% 年初比-0.20%

貿易摩擦の実体経済への影響が現時点で限定的であり、先進国株式は業績相場入りで全体としては上昇、新興国株式にも投資マネーが戻り世界の株式相場を牽引。このように7月は良好な相場環境だったと言える。

ただし運用資産は前月比で+0.67%の上昇にとどまり、環境の割に物足りない成績となった。

資産運用週次レポート 2018年7月28日(土)

2018/07/28 14:02

運用資産額:14,108,646 円 前週比+1.71% 年初比+0.75%

国内外のREITや債券から資金が逃げ、年初からの下げが大きかった日本株や新興国株に向かった一週間となった。先進国株式は全体としては横ばいも、米国株の決算時期に入り、決算次第で個別銘柄の株価が大きく上下する展開もあった。

保有する米国株ではマイクロソフトが十分好調に決算を通過した一方で、インテルが失速した。保有していないがSNS銘柄であるツイッターやフェイスブックの失望売りが大きい事が印象的だ。

保有する国内株の決算はこれからだが、受注が好調な機械株に資金が戻りつつあり、資産の増加に貢献した。運用資産は前週比+1.71%となり、年初比も+0.75%とプラス圏に浮上した。

イーレックス(9517.jp)、材料のない所から急騰して前日比+12.83%

2018/07/24 23:53

イーレックス(9517.jp)急騰。ホームページを見たが材料はなし。ただし四季報オンラインで急騰理由の解説あり。類似企業からの連想買いの様子。

>> 類似企業であるレノバ(9519.jp)が昨日まで11連騰して約65%も上昇してきており、当社株には相対的な出遅れ感が強まっていた。


参考・出典

資産運用週次レポート 2018年7月21日(土)

2018/07/22 14:50

運用資産額:13,871,905 円 前週比+0.10% 年初比▲0.94%

久しぶりに数学の問題を解く

2018/07/15 23:50

最近頭が働かない気がしていたので、手を動かしアウトプットを工夫する取り組みをしようとして、数学の問題を解いた。数Iの簡単な問題だが、解けなくはなかったが忘れている事も多くあった。計算ミスはいくつかしてしまった。

使っていないと頭は悪くなるものだと思う。数学も片手間に取り組もうと思った。

タグ: 数学

ランニング

2018/07/15 16:26

死人が出るレベルの酷暑ではあるが、なんとなく走りたくなったので、本日の日中にランニングをした。普通に走れた。事前に水分・塩分を摂ったし、風があったので、熱中症には全然ならなかった。

走ったのは普段走っているコースだった。ただ、いつもと違った点があり、休日だというのにすれ違ったランナーが一人もいなかった。つまり今日は、あまりランニング日和では無いらしい。確かに、暑い中ランニングして熱中症で倒れて他人に迷惑をかけるという事態になればカッコ悪い。

私も将来体力が衰えて来たら、夏の暑さの中で運動する事は控えようと思う。

資産運用週次レポート 2018年7月14日(土)

2018/07/14 14:35

運用資産額:13,858,153 円 前週比+2.41% 年初比▲1.04%

米中貿易摩擦の一服と海外の業績相場入りによって、内外の株式市場が回復基調となった一週間であった。運用資産もある程度それに追従でき、前週比で+2.41%とまずまずの回復となった。

そうは言えど、年初と比べればまだ安く、年間リターンがプラス圏に浮上するにはもう一歩というところ。

最近の購入銘柄

2018/07/07 21:21

6773パイオニア(株):

買埋 株価が下落したため、指値約定。

TVOnタイ・ベジタブル・オイル

新規購入 ディフェンシブ銘柄が一時的に連れ安になっていると判断して購入

資産運用週次レポート 2018年7月7日(土)

2018/07/07 21:06

運用資産額:13,531,694 円 前週比▲2.53%

外国株は回復傾向にある中、それに逆行して運用資産はマイナス成績となった。米中貿易摩擦に起因する世界景気の減速が懸念され、押し目買いが裏目に出る可能性も視野に入れる必要がありそうだ。このため、過度なリバランスは行わない予定だ。

具体的には、(キャッシュポジションに余裕があるので、)下げ続ける場合でも平均で週10万円程度の買い付けを行うに留める事を目安にしたい。逆に上げた時はバリューパスを意識した利食いを忘れないように注意しようと考えている。

クーラーを稼動

2018/07/02 01:09

クーラーをこのシーズン初稼働した。

日曜日に頭痛があって、休みがつぶれてしまったが、夕方になって快方に向かったので暑さのせいだと思う。このような体調不良を避けるために、クーラーを使って環境を整えようと考えた。

もちろん電気代は数千円程度かかるだろうが、自分の休日の時間と健康はそれ以上の価値があると考える。

ランニング

2018/07/02 01:04

最近は運動会も終わり、体を鍛える理由が希薄になったため、あまり走っていなかったが、この土日は2日続けてランニングをした。

暑くなってきていて、ランニングでは健全な汗をかいた。気持ち悪くない汗はいいものだと思う。体を鍛えると放熱効果の高い汗(肌に触れるとひんやりするような汗)がかけるようになる気がしている。ランニングは暑さ対策にも良い。

自宅サーバーの埃を取り除くためのメンテナンス方法

2018/06/24 18:09

自宅サーバーを持っている。業者のサーバーであれば、クリーンなサーバールームに設置されて正しく管理されているはずだが、自宅サーバーの場合はそうもいかない。人間と寝食を共にするため、気がつけば埃まみれだ。

この埃を取り除くためのメンテナンスだが、私の場合はエアコンの「ドレインホースクリーナー」を使っている。ドレインホースクリーナーはそもそも吸うための器具だが、強い勢いで空気を吐くこともできる。(個体差あるかも知れないが。)そしてサーバーメンテナンスでは、これを使って空気を吹きかけて、埃を吹き飛ばしている。

電源は落とさず、稼働したまま埃を飛ばしている。今日も久しぶりに埃を飛ばした。

ベルトを買って長さを調節するために切る

2018/06/24 18:00

手持ちのベルトが汚くなってきたので、買い替えた。新しいベルトはドンキで買った。身の回りのものは、基本ドンキで買う。良い物を長く使うよりは、安い物を買い換えながら使う方が良いと考えている。

さて、ベルトを買ったは良いが、長さを調節する必要がある。ここを開けてからベルトの根本を切れば良いという部分は分かるが、想定外に固くて開かない。開ける向きにも自信がなくなり、調べて動画を参考にした。

細かい形は違うが、ベルトは基本は動画の2種類のようだ。今度は開けれて、長さの調節のために切ることが出来た。普通にはさみで切れた。


参考・出典

資産運用週次レポート 2018年6月23日(土)

2018/06/23 21:31

運用資産額:13,981,433 円 前週比▲1.86%

米国を火種とした関税報復合戦が現実味を帯びてきた。週末も、「EUからの輸入車に20%関税をかける」とトランプ氏がツイッターで表明するなど、貿易摩擦は収束の兆しが見えない。このような相場環境の中、今週の内外の株価指数は2%を超える下落となった。

これを受けて運用資産も時価総額を減らし、前週比▲1.86%の比較的大きな下げとなった。


参考・出典

購入銘柄

2018/06/23 20:46

最近の購入銘柄

ラサ工業(株)

経常利益実績の伸び(2018年3月期は前期比倍増の急伸)と、依然として良好な業績予想に注目して購入。

(株)昭文社

空売りも、逆日歩負担軽減のため買埋

(株)アルトナー

人材関連銘柄としては直近の業績が好調。稼働人員も前年比+10%以上で推移。日本の人手不足問題を背景とした需要は大きそうで、特に各種技術・技能の研修後に送り出すビジネスは、特殊な技能教育・研修の余力の無い多くの企業にとって魅力的なはず。

直近で株価が割安となったため、追加購入

購入銘柄

2018/06/18 23:59

最近の購入銘柄

(株)リミックスポイント:

業績の浮き沈み激しいが、ポートフォリオにはこういう銘柄も少しあって良いと考えて購入。

(株)ティビィシィ・スキヤツト:

2018年10月期の2Qは上方修正で着地。チャートも下げ止まっているため。

(株)太陽工機:

2018年12月期の1Qの売上・利益の伸びが良く、受注も好調で業績拡大が期待できるため。

フマキラー(株):

長期的な業績拡大傾向あり、直近でも外来種の害虫駆除のための需要が期待できるため。

売却銘柄

2018/06/18 23:57

暫く投稿していなかった。最近の売却銘柄。

シダー:

直近の経常利益の失速傾向から売却

ヒーハイスト精工(株):

2018年3月期の直近利益が大幅失速を受けて遅すぎる損切。

オリジナル設計(株):

受注の減少傾向があるため、主力株としてはやや不安に思い、部分売却。

(株)ダイイチ:

直近利益の縮小傾向が不安になったために売却

(株)豆蔵ホールディングス:

直近の実績は良いが業績予想は良くは無く、成長性も他のIT銘柄に比べれば見劣りするために売却

英和(株):

割安だが利益率や長期的な成長性が低いため

議決権行使書10通作成・投函

2018/06/17 20:42

株主総会の季節なので、招集通知(and/or事業報告書)・議決権行使書のハガキが溜まっていたが、本日私は休日だったので、とりあえずそれらを全部読んだ。

既に売った銘柄も多かった。売った場合も、議決権行使権の発生日には保有していたため、議決権行使の権利がある。だが、読むのが面倒になって捨ててしまった。

というわけで、(おそらく)保有銘柄のみ議決権行使書を投函する。

資産運用週次レポート 2018年6月16日(土)

2018/06/16 18:34

運用資産額:14,247,060 円 前週比▲0.08%

6月13日の米国FOMCにて、利上げ回数が引き上げられた事で、新興国から投資マネーの引き上げが起こった。これを受けて、運用資産の中国株が▲1.72%、韓国株が▲3.58%と下落し、投資成果の足を引っ張った。

以下SankeiBIZより >>>

13日(現地時間)の米連邦公開市場委員会(FOMC)で2018年の利上げ回数が引き上げられたことで、米国の長期金利が今後上振れれば、新興国に流れ込んでいた投資マネーの米国への回帰が進む見通しだ。米国発の貿易摩擦が激しさを増し、世界の貿易取引への悪影響なども懸念される中、米欧の金融政策が正常化に向かうことによって世界経済の不透明感が強まる恐れがある。


参考・出典

[←前のページ] [MyTips Home] [次のページ→]