Tag: 売買記録

売買銘柄

2018/11/05 23:24

SGホールディングス(9143.jp):好決算の割に売られた場合に購入したいと考え、指値で買い注文を出していた所、約定。続いて、短期トレードを想定した売り注文(セット注文)が約定。結果的に良いデイトレになった。

売却銘柄

2018/11/02 01:15

アルビス(7475.jp)を売却した。2Q決算が減益となり、将来の業績に対して不安になったために売却をした。

焦って売ったものの、思いの外に売り圧力は小さい様子であった。理由を考えてみたら、心当たりがあった。昨年につけた上場来高値5,420円から比べ、現在の株価は半値の水準にあるため、短気な投資家の売りが出尽くしていたと解釈できそうだ。

購入銘柄

2018/10/22 23:37

日本トムソン(6480.jp):1Qの好調な業績に注目した打診買い。

世界景気の失速懸念から機械銘柄は売られているが、実態としては、国内の省力化投資や設備投資更新需要を受けて、業績は引き続き好調であると予測する。その中で売上高・利益急伸の割安銘柄として日本トムソンを購入してみた次第。

売却銘柄

2018/10/14 00:20

6076 (株)アメイズ:3Q決算で業績の進捗が良くは無かったため

売却銘柄

2018/10/09 23:00

9414 日本BS放送(株):決算で実績はPL/CFともに好調なものの、業績予想において利益が失速していたために売却。損切。

最近の購入銘柄

2018/07/07 21:21

6773パイオニア(株):

買埋 株価が下落したため、指値約定。

TVOnタイ・ベジタブル・オイル

新規購入 ディフェンシブ銘柄が一時的に連れ安になっていると判断して購入

購入銘柄

2018/06/23 20:46

最近の購入銘柄

ラサ工業(株)

経常利益実績の伸び(2018年3月期は前期比倍増の急伸)と、依然として良好な業績予想に注目して購入。

(株)昭文社

空売りも、逆日歩負担軽減のため買埋

(株)アルトナー

人材関連銘柄としては直近の業績が好調。稼働人員も前年比+10%以上で推移。日本の人手不足問題を背景とした需要は大きそうで、特に各種技術・技能の研修後に送り出すビジネスは、特殊な技能教育・研修の余力の無い多くの企業にとって魅力的なはず。

直近で株価が割安となったため、追加購入

購入銘柄

2018/06/18 23:59

最近の購入銘柄

(株)リミックスポイント:

業績の浮き沈み激しいが、ポートフォリオにはこういう銘柄も少しあって良いと考えて購入。

(株)ティビィシィ・スキヤツト:

2018年10月期の2Qは上方修正で着地。チャートも下げ止まっているため。

(株)太陽工機:

2018年12月期の1Qの売上・利益の伸びが良く、受注も好調で業績拡大が期待できるため。

フマキラー(株):

長期的な業績拡大傾向あり、直近でも外来種の害虫駆除のための需要が期待できるため。

売却銘柄

2018/06/18 23:57

暫く投稿していなかった。最近の売却銘柄。

シダー:

直近の経常利益の失速傾向から売却

ヒーハイスト精工(株):

2018年3月期の直近利益が大幅失速を受けて遅すぎる損切。

オリジナル設計(株):

受注の減少傾向があるため、主力株としてはやや不安に思い、部分売却。

(株)ダイイチ:

直近利益の縮小傾向が不安になったために売却

(株)豆蔵ホールディングス:

直近の実績は良いが業績予想は良くは無く、成長性も他のIT銘柄に比べれば見劣りするために売却

英和(株):

割安だが利益率や長期的な成長性が低いため

購入銘柄

2018/06/07 23:55

日本BS放送(9414.jp):

新規購入。

利益率良く、ビジネスの拡大傾向があるため。

購入銘柄

2018/06/06 01:01

オリジナル設計(4642.jp):

単元株を追加購入。やや割安になってきたために、指し値注文が刺さった形。

購入銘柄

2018/06/05 00:50

アバント(3836.jp):

新規購入。

安定成長BtoBビジネス銘柄として打診買い。

自前ツールで分析していて、株式分割に気付かずに随分と割安だと判断してしまった感がある。まあ成長銘柄なので許容範囲。

空売り銘柄

2018/05/29 00:22

昭文社(9475.jp):

空売り。スマホの影響による地図市場の縮小によって、赤字が継続すると予想して。

パイオニア(6773.jp):

空売り。スマホとパナソニックによるカーナビ市場の競争激化により、赤字が継続すると予想して。

売却銘柄

2018/05/29 00:21

オリックス(8591.jp):

売却。直近の利益が失速しているため。

指標上は割安さがあるものの、チャートも下がり続けているため損切。

購入銘柄

2018/05/29 00:20

イーレックス(9517.jp):

新規購入。利益が急伸していたため。

第二のエフオン(含み益大きい)を狙う。

購入銘柄

2018/05/26 22:55

長野計器(7715.jp):

追加購入。計器類の市場拡大傾向から。

購入銘柄

2018/05/24 00:10

英和(9857.jp):

新規購入。利益の伸びに対して株価が割安だと考えたため。

購入銘柄

2018/05/23 00:56

アエリア(3758.jp):

新規購入。急成長への期待から。

売却銘柄

2018/05/23 00:53

決算を受けて、状況に不安を感じた銘柄を売却。

シダー(2435.jp):

部分売却。直近の経常利益の失速傾向のため。

サンエー化研(4234.jp):

売却。損切。

WDBホールディングス(2475.jp):

売却。直近の売上・利益が失速し、税引後利益の見込みも減っている事から減損損失の兆候と考えたため。

タツタ電線(5809.jp):

売却。利益水準が低下し、CFも不安だったため。

売却銘柄

2018/05/17 01:03

パーソルホールディングス(2181.jp):

8,619 百万円の特別損失(減損損失)の計上が、将来の利益拡大の期待値を押し下げたため。

TOWA(6315.jp):

経常利益が前年比-14.3%と減益、半導体機械の市場もこれ以上は拡大しないと予想したため。

[MyTips Home] [次のページ→]