WordPressブログでデジカメで撮影した画像の向きがおかしくなってしまう時の対応

アップロードした、デジカメ・iPhone画像の向きがおかしい際の対応方法として、WordPressプラグインで補正する方法と、Windowsフリーソフトで向きを変えて画像を保存しておく方法があります。

状況

現象

デジカメやiPhoneで撮影画像を、ブログにアップロードした所、向きがおかしくなる(上下反転または90度回転)事があります。

原因

撮影した際に画像に保存される上下情報が、ExifのOrientation属性に保存されており、PCで表示される際はこの情報をもとに向きが補正され正しく表示されますが、画像ファイルとしては変な向きで保存されているために、このような事が起こります。

対応

WordPressプラグイン

WordPressでは、プラグイン「Image Rotation Repair」が動作すれば、画像の向きの問題は解決します。このプラグインは、アップロード時に自動的に向き情報を踏まえ、画像の向きを補正して保存してくれます。

ただし、残念ながら私の環境ではこのプラグインは動作しませんでした。サーバーのPHPの設定の問題のようですが、結局動作させる事ができませんでした。

Windowsフリーソフトで画像を回転させてしまう

WindowsのOSを使っているのであれば、JPEGファイル回転自動処理版 azure automaticで画像の向きを変更するのが良さそうです。

ドラッグ&ドロップで、撮影した画像の向きを一気に補正できます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。