PS Auto Sitemap(WordPressプラグイン)で、カテゴリのURLを変更した際にそれが反映されない時の対応

自動的にサイトマップを作成するWordPressプラグインのPS Auto Sitemapは、カテゴリのURLを変更した後も、カテゴリの古いURLを表示してしまう事があるようです。

この対応としては、設定>PS Auto Sitemapに進み、「キャッシュの使用」のチェックを一旦外すと良いようです。そうするとURLが更新されます。

その後に「キャッシュの使用」のチェックを再び付けても、更新後のURLが表示される様子です。

JPGファイルのExifの個人情報削除(UbuntuサーバーのWordPressの場合)

JPGファイルのExif情報には、撮影場所のgps情報等、場合によっては個人情報となる情報が含まれています。WordPressブログに迂闊にアップロードしておくのは心配です。

UbuntuサーバーのWordpressにアップロードしたJPGファイルのExif情報は、jheadのコマンドを使えば一括削除できます。

Exif情報とは?

ExifはExchangeable image file formatの略で、画像データのファイルに含まれる「画像についての情報」です。撮影日時や撮影環境(シャッタースピード等)の他に、撮影した場所のgps情報が含まれる事があります。

対応画像形式はJPEG、TIFF、JPEG XR(HD Photo)で、PNGファイルにはExifは含まれないようです。詳細は下記のwikipedia情報が詳しいです。

Exchangeable_image_file_format

jheadをインストールしExif情報を確認

Ubuntuではjheadを使いExif情報を確認する事ができます。

sudo apt-get install jheadでjheadをインストールし、jhead [ファイル名] で内容を確認出来ます。jhead -purejpg [ファイル名]でExif情報を削除できます。

LinuxのUbuntuで画像の情報のExifをコンソールから削除するコマンド

デジカメ画像(JPEG)のExif情報を活用するには

私も自分のjpgファイルを確認しましたが、「AppleのiPhone5Sで撮影した」など、比較的どうでも良い情報の他に、やはりgpsの情報が含まれています。webで公開している画像ファイルの中に、自宅で撮影したファイルがあれば、自宅がある程度特定されてしまいます。

心配なのでExif情報は削除する事にしました。

WordPressの画像ファイルの編集

WordPressでアップロードした画像は、WordPressのインストールフォルダの、wp-content/uploads にアップロードした年別に格納されています。

2015年のExif情報を削除するには、そのフォルダに行き、コマンドsudo jhead -purejpg 2015/*/*.jpg で一括削除できます。

所有者・グループがrootに代わるので、念の為sudo chown -R www-data:dev 2015/*/*.jpg で元に戻しておきます。

プラグインでExif情報削除

WordPressの場合、プラグインでEXIFの個人情報を削除する事ができるようです。検索すると下記の記事が出てきました。

WordPressでEXIF情報を自動削除してくれるプラグイン「EWWW Image Optimizer」

WordPressブログでデジカメで撮影した画像の向きがおかしくなってしまう時の対応

アップロードした、デジカメ・iPhone画像の向きがおかしい際の対応方法として、WordPressプラグインで補正する方法と、Windowsフリーソフトで向きを変えて画像を保存しておく方法があります。

状況

現象

デジカメやiPhoneで撮影画像を、ブログにアップロードした所、向きがおかしくなる(上下反転または90度回転)事があります。

原因

撮影した際に画像に保存される上下情報が、ExifのOrientation属性に保存されており、PCで表示される際はこの情報をもとに向きが補正され正しく表示されますが、画像ファイルとしては変な向きで保存されているために、このような事が起こります。

対応

WordPressプラグイン

WordPressでは、プラグイン「Image Rotation Repair」が動作すれば、画像の向きの問題は解決します。このプラグインは、アップロード時に自動的に向き情報を踏まえ、画像の向きを補正して保存してくれます。

ただし、残念ながら私の環境ではこのプラグインは動作しませんでした。サーバーのPHPの設定の問題のようですが、結局動作させる事ができませんでした。

Windowsフリーソフトで画像を回転させてしまう

WindowsのOSを使っているのであれば、JPEGファイル回転自動処理版 azure automaticで画像の向きを変更するのが良さそうです。

ドラッグ&ドロップで、撮影した画像の向きを一気に補正できます。

WordPressのプラグインの導入後に、管理画面(ダッシュボード)が真っ白になってしまった際の対応

プラグイン導入で、管理画面が真っ白になりました。この現象の対応の覚書を投稿します。

現象

WordPressで新しいプラグインをインストールした所、管理画面(ダッシュボード)が真っ白になり、何も表示されなくなりました。

原因は新しいプラグインの不整合のようです。ですが管理画面で何も出来ないため、プラグインを削除する事が出来ません。

対応

端末から原因となるプラグインを、削除しに行きます。

WordPressをインストールしたフォルダの、 /wp-content/plugins に問題のプラグインが格納されています。

私の環境では、これをフォルダごと削除してしまえば、管理画面が復帰しました。

もっと良い対応

調べてみた所、プラグインの不整合により管理画面が真っ白になる現象は、良く起こる事のようです。

対応としては、問題のプラグインのフォルダを削除はせず、フォルダ名を変更しておく、というのもあるようです。確かに後で戻す必要が出てきた場合に、データが残っていれば便利です。

この詳細は、WordPressの管理画面が真っ白になってしまったら(weblogy)で紹介されています。

WordPressサイトを複数立ち上げる

複数のWordPressサイトを立ち上げた際の覚書です。

前提

サーバーでは既に、1つ以上のWordPressが稼動しています。つまりこのメモは、WordPressサイトの稼動に必要な環境・設定は揃っている状態から、追加でWordPressをインストールし、導入する際の覚書です。

WordPressにはマルチサイト化の機能がありますが、これは利用しません。確かにマルチサイトの機能は便利ですが、デメリットとしてマルチサイトでは利用できないプラグインがあり、また私個人のサーバー環境では設定可能なURLの構造の柔軟性の問題があります。

そのため、WordPressを複数インストールする方向で進めました。

インストールするまで

準備

まずはWordPressの本体を取得します。WordPress.orgの日本語サイトからダウンロードできます。

解凍後に、所有者を変更します。所有者がデフォルトのままだと、ブラウザからアクセスができません。Ubuntu環境ではコマンドで、

とすれば良いです。

MySQLのデータベースは新規に作成しても良いですが、既存のデータベースを利用する事も可能です。

wp-config-sample.php を wp-config.php に名前を変更し、編集します。MySQLのデータベース名、ユーザー名、パスワードを入力します。

既存のMySQLのデータベースを再利用する際は、$table_prefix に、新しい文字列を付けておきます。

インストール

ブラウザからアクセスし、インストールします。

自分だけで使う場合は、ユーザー名・パスワードを、他のサイトと同じものにしておけば、管理が楽です。

最初の設定

記事の管理

Hello Worldの記事を消します。編集→ゴミ箱へ移動です。

固定ページにもサンプルページがあるので、これも消しておきます。

設定

設定>パーマリンク設定 で、記事のURLを指定できるようになります。

設定>ディスカッション でコメント関連の設定ができます。

「コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする」のチェックを外せば、読者がコメントをつけるハードルが下がります。

「すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可し、それ以外のコメントを承認待ちにする」のチェックを外せば、頂いたコメントをすぐに表示できます。

プラグイン

個人的に取り急ぎ導入しておきたいのは、

Akismet, All In One SEO Pack, Broken Link Checker, Count per day, Crayon Syntax Highlighter, Easy Updates Manager, Internal Link Building, Quick Adsense, Simple Custom CSS, Table of Contents Plus, Tweet, Like, Google +1 and Share

あたりです。

All In One SEO Packの導入後は、ダッシュボードのAll in One SEOから一般設定を選択し、サイト情報等の設定をしておきます。また、このプラグインを利用すれば、記事のヘッダーの編集ができます。