ホームページをリニュアールしてみた感想

ホームページをリニューアルしました。まずは今回のリニューアルによる変化を紹介します。そしてリニューアルの過程で私が何に気付き、どう思ったかについてまとめ、投稿します。

ホームページのリニューアル

旧ホームページ

旧ホームページは下図のレイアウトでした。プロが作ったサンプル素材をベースに編集しており、デザインそのものは気に入っていました。ただしスマホには対応しておらず、レスポンシブデザインに変更したいと考えていました。

新ホームページ

新ホームページは下図のレイアウトです。こちらもプロが作ったサンプル素材をベースに編集しました。無料で使わせて頂いています。画像はテンプレートのままですが、変更する必要も少ないと考え、一旦そのまま運用しようと考えています。

その他のページの更新有無

ホームページ以外にも、ホーム直下のいくつかのページを更新しました。プロフィール初音ミクオリジナル曲のページは更新し、レスポンシブデザインになりました。

一方でKapokの掲示板は、レスポンシブデザインにするとダサくなる様子でしたので、移行を諦めました。WordPressブログは既にレスポンシブでしたので、特に変更ありません。

所感

時間がかかった

ホームページリニューアルには、考えていたよりも多くの時間がかかりました。

当初コンテンツそのものには手をつけず、デザインのみを変更するつもりでいました。ところが、デザインの変更によりコンテンツの編集やテーブルへの移行が必要となった事で、予想よりも多くの編集作業がありました。

それに加えてゴールが近付いたタイミングで、追加で行ないたい変更(ソーシャルボタン設置や新着記事の表示)が出てきました。ゴール直前にもっと良いものを作ろうとした結果、時間を取られました。

このように、デザインの変更によるコンテンツ編集が必要となった事、および新しく設置したいものが見つかった事、の2点により、予想より多くの時間が取られました。

面白かった

ホームページリニューアルは面白いものでした。ご飯を食べる時間や眠る時間が惜しく感じる程でした。

何が面白いのかはうまくは説明できません。自分のホームページのソースコードの理解が深まる事が嬉しいのか、仕事と違いとりあえず着実に前進している作業そのものが好きなのか、素人なりに考えてプロっぽいホームページを構築しつつある事に対する誇りか、htmlやphp、MySQLが以前よりも手早く編集できるようになっていた事で賢くなったと実感できて嬉しいのか、いくつかの理由はありそうです。

いずれにしてもこの年になって熱中できるものがあるとは、幸せなものです。

エンジニアの気持ちが少し分かった

上記の通り、私のホームページは私が楽しんで更新しました。ただ、これを仕事にしているエンジニアの方は大変だと思いました。

最初の方は工程も不明確で時間が読めないですし、思ったよりも時間が取られる箇所が出てきたり、ゴール直前の仕様変更があったりしました。私はゴールデンウィークで遅れても余裕でしたので良かったのですが、もしもこれが仕事で納期ギリギリであったとしたら泣きたくなりそうです。

コピペは偉大

今回、コピペの力を実感しました。

プロがデザインしたテンプレートをコピーして利用したので、私のような素人がプロっぽいデザインのホームページを作成できました。半ばCMS(コンテンツマネジメントシステム)化していた旧ホームページのphpコードも、かなりの部分をコピペで使い回す事ができました。新着記事を表示するためにMySQLでデータベースを拾う部分もほとんどコピペです。

コンピューターの強力な武器の1つはコピペでしょう。どう既存のものをコピーするかのスキル、既存のものを探すスキル、は日曜エンジニアには大切だと良く分かりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。