PS Auto Sitemap(WordPressプラグイン)で、カテゴリのURLを変更した際にそれが反映されない時の対応

自動的にサイトマップを作成するWordPressプラグインのPS Auto Sitemapは、カテゴリのURLを変更した後も、カテゴリの古いURLを表示してしまう事があるようです。

この対応としては、設定>PS Auto Sitemapに進み、「キャッシュの使用」のチェックを一旦外すと良いようです。そうするとURLが更新されます。

その後に「キャッシュの使用」のチェックを再び付けても、更新後のURLが表示される様子です。

WordPressブログでデジカメで撮影した画像の向きがおかしくなってしまう時の対応

アップロードした、デジカメ・iPhone画像の向きがおかしい際の対応方法として、WordPressプラグインで補正する方法と、Windowsフリーソフトで向きを変えて画像を保存しておく方法があります。

状況

現象

デジカメやiPhoneで撮影画像を、ブログにアップロードした所、向きがおかしくなる(上下反転または90度回転)事があります。

原因

撮影した際に画像に保存される上下情報が、ExifのOrientation属性に保存されており、PCで表示される際はこの情報をもとに向きが補正され正しく表示されますが、画像ファイルとしては変な向きで保存されているために、このような事が起こります。

対応

WordPressプラグイン

WordPressでは、プラグイン「Image Rotation Repair」が動作すれば、画像の向きの問題は解決します。このプラグインは、アップロード時に自動的に向き情報を踏まえ、画像の向きを補正して保存してくれます。

ただし、残念ながら私の環境ではこのプラグインは動作しませんでした。サーバーのPHPの設定の問題のようですが、結局動作させる事ができませんでした。

Windowsフリーソフトで画像を回転させてしまう

WindowsのOSを使っているのであれば、JPEGファイル回転自動処理版 azure automaticで画像の向きを変更するのが良さそうです。

ドラッグ&ドロップで、撮影した画像の向きを一気に補正できます。

WordPressのプラグインの導入後に、管理画面(ダッシュボード)が真っ白になってしまった際の対応

プラグイン導入で、管理画面が真っ白になりました。この現象の対応の覚書を投稿します。

現象

WordPressで新しいプラグインをインストールした所、管理画面(ダッシュボード)が真っ白になり、何も表示されなくなりました。

原因は新しいプラグインの不整合のようです。ですが管理画面で何も出来ないため、プラグインを削除する事が出来ません。

対応

端末から原因となるプラグインを、削除しに行きます。

WordPressをインストールしたフォルダの、 /wp-content/plugins に問題のプラグインが格納されています。

私の環境では、これをフォルダごと削除してしまえば、管理画面が復帰しました。

もっと良い対応

調べてみた所、プラグインの不整合により管理画面が真っ白になる現象は、良く起こる事のようです。

対応としては、問題のプラグインのフォルダを削除はせず、フォルダ名を変更しておく、というのもあるようです。確かに後で戻す必要が出てきた場合に、データが残っていれば便利です。

この詳細は、WordPressの管理画面が真っ白になってしまったら(weblogy)で紹介されています。