PHPの設定を確認するphpinfo()とは?

phpinfo()関数で、phpの設定情報を確認できます。

下記のコードを適当な名前(例えばphpinfo.php)で保存し、ブラウザでそれを開けば、各種の設定情報が出力されます。

 
phpのバージョン情報のみならず、さまざまな情報が出てきます。私の場合は、MySQLやapacheに関係する情報までもが出力されました。

WordPressサイトを複数立ち上げる

複数のWordPressサイトを立ち上げた際の覚書です。

前提

サーバーでは既に、1つ以上のWordPressが稼動しています。つまりこのメモは、WordPressサイトの稼動に必要な環境・設定は揃っている状態から、追加でWordPressをインストールし、導入する際の覚書です。

WordPressにはマルチサイト化の機能がありますが、これは利用しません。確かにマルチサイトの機能は便利ですが、デメリットとしてマルチサイトでは利用できないプラグインがあり、また私個人のサーバー環境では設定可能なURLの構造の柔軟性の問題があります。

そのため、WordPressを複数インストールする方向で進めました。

インストールするまで

準備

まずはWordPressの本体を取得します。WordPress.orgの日本語サイトからダウンロードできます。

解凍後に、所有者を変更します。所有者がデフォルトのままだと、ブラウザからアクセスができません。Ubuntu環境ではコマンドで、

とすれば良いです。

MySQLのデータベースは新規に作成しても良いですが、既存のデータベースを利用する事も可能です。

wp-config-sample.php を wp-config.php に名前を変更し、編集します。MySQLのデータベース名、ユーザー名、パスワードを入力します。

既存のMySQLのデータベースを再利用する際は、$table_prefix に、新しい文字列を付けておきます。

インストール

ブラウザからアクセスし、インストールします。

自分だけで使う場合は、ユーザー名・パスワードを、他のサイトと同じものにしておけば、管理が楽です。

最初の設定

記事の管理

Hello Worldの記事を消します。編集→ゴミ箱へ移動です。

固定ページにもサンプルページがあるので、これも消しておきます。

設定

設定>パーマリンク設定 で、記事のURLを指定できるようになります。

設定>ディスカッション でコメント関連の設定ができます。

「コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする」のチェックを外せば、読者がコメントをつけるハードルが下がります。

「すでに承認されたコメントの投稿者のコメントを許可し、それ以外のコメントを承認待ちにする」のチェックを外せば、頂いたコメントをすぐに表示できます。

プラグイン

個人的に取り急ぎ導入しておきたいのは、

Akismet, All In One SEO Pack, Broken Link Checker, Count per day, Crayon Syntax Highlighter, Easy Updates Manager, Internal Link Building, Quick Adsense, Simple Custom CSS, Table of Contents Plus, Tweet, Like, Google +1 and Share

あたりです。

All In One SEO Packの導入後は、ダッシュボードのAll in One SEOから一般設定を選択し、サイト情報等の設定をしておきます。また、このプラグインを利用すれば、記事のヘッダーの編集ができます。