不労所得は良くない事か?

「不労所得は良くない事だ」という考えがあります。ですが、私は「不労所得で金を得るのは、悪いことではない」と考えています。

金を得る事ができる事は、人の役に立っています。そしてその対価として、金を受け取る事は、悪い事だとは思いません。以下、いくつかの例と考え方です。

 

貸家家賃収入

→貸主は自分の資産を用いて、他人に住む場所を提供していため、人の役に立っています。

 

株式売買益

→株を安く買って高く売れば、お金(売買益)が手に入ります。多くの人が売りたいと思う時に買ってあげ(安く買える)、多くの人が買いたいと思う時に売ってあげる(高く売れる)と、儲かるわけですが、その売買はその人々の需要を満たしており、すなわち人の役に立っています。

 

このように考えると、不労所得が悪い事だという気がしなくなってきませんか?

 

 


不労所得は良くない事か?” への1件のコメント
  1. 匿名 より:

    貸家家賃収入
    →あまりいいことだとは思わない。
    家賃は安いことのほうが社会にとってメリットが多いから。
    家賃収入で得するのは大家のみ。しかものこの大家は社会に対して生産性をもたらさない。寝ててもお金入ってくるんだから。
    そして、家を借りる側は、この何も生産性のない人間にお金を払い続ける。これって無駄だと思いませんか?

    株式売買益
    →これは悪いことだとは思わない。
    ただ、あなたの言ってることは論点がずれてますね。
    買う側、売る側という側面でしか見れていない。株式というのは、株式会社が経営するために必要な資金を投資してもらうためのシステム。会社は得た資金で生産性を上げることが出来、株主は株主優待や配当金でその見返りを得る。そういう意味で社会の役に立っていると言える。
    単純に高値だから売る、安値だから買うという目先のお金にとらわれた人間の陥る思考なんですかね。

    • Kapok より:

      コメントありがとうございます。システムの不具合申し訳ありません。

      >> 家賃は安いことのほうが社会にとってメリットが多いから。

      まあ、そうですよね。

      >> 家を借りる側は、この何も生産性のない人間にお金を払い続ける。これって無駄だと思いませんか?

      家は築年数が増えると古くなります。
      新し目の物件を転々としたい人にとっては、経年劣化リスクを大家が負担してくれる点はメリットでしょう。

      >> 株式というのは、株式会社が経営するために必要な資金を投資してもらうためのシステム。会社は得た資金で生産性を上げることが出来、株主は株主優待や配当金でその見返りを得る。そういう意味で社会の役に立っていると言える。

      素敵な表現ですね。投資はリターンの不確実性からギャンブルと同義だと私は考えていますが、それをオブラートに包み、包み込むとこういう感じでしょうね。以後参考にさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。