資産運用は良く出来た【趣味・娯楽】だと思う

資産運用を娯楽と考えた場合、よく出来た娯楽だと思います。資産運用をして良かったと思える点を挙げていきます。

お金が減らず、むしろ増える?

多くの趣味・娯楽との違い

大抵の趣味・娯楽は、お金がかかります。お金を支払い、モノやサービスを購入するためです。一方で資産運用は、一時的なキャッシュアウトはありますが、お金・資産が増える事さえあります。

例えば

  • キャピタルゲイン(売買益)
  • インカムゲイン(配当・分配金収入)
  • 株主優待

は、投資家の生活を豊かにし、資産形成に役立ちます。このように資産運用は、危険な取引で大損しなければ、随分と安上がりな趣味です。

 

節約意識と金銭感覚の向上

運用には元本が必要です。保有資産の増加率が同じであれば、元本が大きければ大きいほど、大きな運用益が得られます。

運用元本を確保するために、節約をする気持ちが生まれたり、金銭感覚が改善される事があります。多くの投資家は、質素な生活をしている印象さえあります。

資産運用を始めれば、節約意識と金銭感覚の向上により、資産形成が進みます。

 

 

興味の対象が広がる

政治・経済へ関心を持てる

リスク資産は、政治・経済の影響を受けて増減します。このため投資家になれば必然的に、政治・経済にも関心を持てるようになります。

投資家になって初めて、ドル円為替相場や日経平均株価についてのニュースに興味を持った人も多いのではないでしょうか。

 

銘柄情報や金融工学の勉強

銘柄情報や、金融工学の勉強など、頑張ろうと思えばいくらでも調べること・勉強する事があります。趣味として暇をつぶすのには、とても都合が良いです。

更に、勉強したことが、思いもよらぬ所で役立つこともあります。

 

心理効果への興味

投資判断は、最終的には主観に基づく予測に従い、行います。そのため、資産運用をする事は、自分自身の心理と向き合うきっかけにもなります。

資産運用で知っておくべき、心理効果のまとめ」という記事に、心理効果をまとめました。資産運用は、心理について関心を持つ事につながります。

 

Excelスキル等のデータ分析スキルの向上

資産運用では、運用成果は数値で表現されます。このため、運用について考える際はある程度のデータ分析をする事になります。データ分析には簡単なものからマニアックなものまであります。

インターネットには多くの資産運用に関するExcelツールが公開されています。下記のウェブページのツールはダウンロード可能です。

資産運用をしていれば、運用についてデータ分析をしますし、公開されているツールから技を修得することになります。それらの取り組みを通して、仕事でも役立つようなスキルを身につける事が期待できます。

 

 

相場は面白い

相場の魅力

予想通りの値動きになり、利益が出ると嬉しいです。一方で予想通りにはならず、損をする事もあります。思い通りにならない時もあるからこそ、逆にそれが相場の醍醐味にもなっています。兎にも角にも、面白いものだと思います。

 

楽しむことから得られる事

孔子の論語には、「これを知る者はこれを好む者に如かず、これを好む者はこれを楽しむ者に如かず」というものがあります。漢文・書き下し文・現代語訳は、「孔子の論語 雍也第六の二十 これを知る者はこれを好む者に如かず、これを好む者はこれを楽しむ者に如かず」が参考になります。

相場の魅力を楽しみましょう。それは資産を増やし、多くの物事に興味を持ち、何らかのスキルを取得する事につながります。

私はこのような視点で、「資産運用は良く出来た趣味・娯楽」だと考えています。

 

 

関連記事

タグ: , , , , ,
資産運用は良く出来た【趣味・娯楽】だと思う” への1件のコメント
  1. Tansney Gohn より:

    確かにそうですね。
    投資でメシを食うとなると大変でしょうけど、+アルファぐらい取れれば良いと考えればこれほど面白いものはありません。
    よく余剰資金でやれといいますがそのとおりですね。
    将来年金がだめになるので投資をしないとそのうち食えなくなるいう記事も時々みかけますがスルーしております。

    • Kapok より:

      > Tansney Gohnさん

      資産運用は面白いですよね。いろいろな金融商品に投資手法・戦略、なかなか飽きないものだと思います。

  2. mochi より:

    こんにちは。Kapokさん。

    ツール紹介ありがとうございます。

    今度のお盆休みに、前日比とか損益率などを、
    (画像を切り替えて)キャラクターの表情で表現したり、
    音を出したりすることができるようにすることを考えてます。

    もうエクセル自体は、ほとんど関係ない感じではありますが・・・(笑)

    あらかじめ入出力インターフェースが用意されている
    手軽なアプリ開発のプラットフォームとなっています。

    • Kapok より:

      > mochiさん

      こんにちは。Excelは本当に便利ですね。
      いつも勉強させてもらっています。

      お盆休みは普段出来ない事が出来るため、楽しみですね。
      私も休みの間に曲を作ろうと目論んでいます。

  3. 煙々 より:

    あら、紹介されてる(笑

    途中からネットでの公開を意識したとき、マクロで組めば簡単であろうとも、マクロ実行させるのは嫌だな・・・と思い、全部式で記載したのが不味かったです(苦笑。
    おかげで、面倒くさいこと面倒くさいこと。
    ※修正するにしても、セル単位のどこに何を記載していたかを思い出さなければならず。これ、マクロで組んでいたら、思い切り簡単だったろうな、と思います。

    ま、作っていた当時は面白かったんですけどね。
    結果しか記載のない、郵送されてきた報告書を元に、全部こういう式かな?といろいろ唸りながら作りました。さすがに、分配金の再投資で、お金がどうしても小さいところで合わずに、降参して証券会社に聞いたことがありましたけどね。そしたら、証券会社から間違えた答えが返ってきて、何回もやりとりしたなんて、今となっては懐かしい思い出です^^。今は、モチベーションがないんですよね。マクロ解禁して、モーニングスターあたりから、情報引っこ抜いて、もっと簡単にできる方法を・・・なんて、考えてしまいますけど、それがいいかどうかは別の話ですからねぇ

    • Kapok より:

      > 煙々さん

      Excelマクロの公開は最初は躊躇しますね。マクロはセキュリティ設定の問題がありますし、そもそも利用出来るユーザーが限られます。私はmochiさんが公開しているのを見て以降に、マクロ公開に抵抗がなくなりました。

      証券会社の報告書は、今も昔も見づらいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。