徒然草 第百五十段 能をつかんとする人

徒然草の「能をつかんとする人」について紹介し、所感を述べます。

徒然草 第百五十段

原文

第150段:能をつかんとする人、『よくせざらんほどは、なまじひに人に知られじ。うちうちよく習ひ得て、さし出でたらんこそ、いと心にくからめ』と常に言ふめれど、かく言ふ人、一芸も習ひ得ることなし。

未だ堅固かたほなるより、上手の中に交りて、毀り笑はるるにも恥ぢず、つれなく過ぎて嗜む人、天性、その骨なけれども、道になづまず、濫りにせずして、年を送れば、堪能の嗜まざるよりは、終に上手の位に至り、徳たけ、人に許されて、双なき名を得る事なり。

天下のものの上手といへども、始めは、不堪(ふかん)の聞えもあり、無下の瑕瑾(かきん)もありき。されども、その人、道の掟正しく、これを重くして、放埒せざれば、世の博士にて、万人の師となる事、諸道変るべからず。

 

現代語訳

芸能を習得しようとする人は、『上手くできないうちは、できるだけ人に知られないようにして、こっそり練習して上手くできるようになってから、人前に出ることが恥ずかしくない』といつも言うものだが、このように言う人は、一芸といえども習得することはできない。

まだ一向に技芸も知らないうちから、上手な先達の中に交じって、怒られようが笑われようが恥じる事もなく、平気で過ごして修練に励める者だけが芸を習得する。天性の才能・素質なんかなくても、芸能において停滞せず、自分勝手なやり方をせずに、修練の年月を過ごせば、器用で天性の才能に恵まれている人よりも、遂に技芸が上手な域に達して、人徳も高まり人から認められるようになり、並びなき名声を得ることにもなる。

天下の芸能の名人でも、最初は無能と言われたり、酷く恥ずかしい思いもしているものだ。しかし、名人はその道の教えを守って、これを尊重し無茶をしなかったので、その道の名人となり万人の師匠にもなれたのである。これは、どの道においても変わらないことである。

引用元:『徒然草』の149段~152段の現代語訳

 

理解したこと・考えたこと

さあ、はじめよう

うまく出来るようになってから人に見せようという考えれば、そのタイミングを逸するという警鐘です。数学でも音楽でもプログラミングでも投資でもブログ記事でも、いかなる専門性においても、上手い人は下手な人と比べて上手です。そして「上には上がいる」という表現が示す通り、専門性に上限なしと言えます。

そのため、もしも上手くなるまで見せない・実践しないつもりであれば、その機会は永遠に訪れません。だからこそ、その時点での最善を尽くした上でやってみて発信するという姿勢はとても大切です。

まずはその土俵に立てたことに感謝をし、やってみることから更に学んで行きたいです。

 

類似名言

類似する思想としてのだめカンタービレのトマ・シモンの下記の名言を連想します。私はこの一文に、いろいろな場面で影響を受けています。

いつだって自分が最高だと思う演奏を目指さなきゃ  次なんてないかもしれないんだぞ 最高の演奏をして、そして またそれを超えるものを目指す  若いくせに小さいこと言うな 守りに入ってどうする!?守るものなんかないくせに

引用元:のだめカンタービレ(アニメ名言ライブラリ)

関連記事

タグ: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。