支出の節約方法

もしもあなたが、同じくらいの稼ぎで同じくらいの年齢の、職場の同僚と比べて貯蓄が少ないならば、その原因にお金の使いすぎが考えられます。収入が同じでも、支出額が大きいから貯まらないのです。

では支出を減らすにはどうすれば良いでしょうか。いくつかの方法を列挙していきます。

 

固定費の削減は、比較的大きな効果を生みます。固定費は家賃・新聞代・ネット・携帯電話・電気水道等の代金です。不要な固定費を無くしたり、料金プランの見直しで安くなるならば、そうした方が支出は減ります。固定費を削減し過ぎると、不便になるため、削減の程度に注意が必要です。

細かな支出の削減は、積み重ねれば大きな効果となります。思わず自動販売機で買う飲料の代わりに、スーパーで割安なものを仕入れていればコストパフォーマンスが向上します。ストレスがたまらない程度に、細かな支出を減らしていくのは良い事です。

自前主義は、自ら手間をかけ付加価値を得る事で、支出を減らす方法です。料理は既成品を頂くより、材料から買い自炊した方が割安になります。他にも、自分で組み立てる・セットアップができる製品は、そうした方が割安です。自前主義で作られるものは柔軟性に富みます。作れば経験値が得られます。一方で、失敗する可能性も相対的に高くなるため、要注意です。

再利用は、新しいモノを買うコストを削減できます。再利用の例としては、使用済み使い捨てマスクを、雑巾として再利用した後に捨てる等が挙げられます。経験とひらめき、知恵と工夫が大切です。

 

以上のように、支出の節約方法として、「固定費の削減」「細かな支出の削減」「自前主義」「再利用」が挙げられます。費用対効果が大きく、簡単な所から手を付けていくのが良いと考えられます。

 

 

関連記事

タグ: , , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。