Excel VBAで数独を解くマクロを書いたが、他所で公開されているモノが断然良くて凹む

プログラミングの勉強のために、Excel VBAで数独を解くスクリプトを書いてみました。そこそこ便利なものだと自負していましたが、他のwebサイトで公開されているマクロの方が断然良かったです。

数独(ナンプレ)を解くVBAに挑戦№1(エクセルの真髄)には、数独を解くVBAマクロのコードが公開されています。5ページにわたり書かれています。総当り式ですが、1秒程度の早さで計算できます。コンピューターの力を存分に引き出している様子が分かります。

一方で私が書いたものは、人間が探すような手順で、マスに入る数値を発見していくものでした。Excelの勉強には良かったですが、人間はやらないような事を試すという視点が欠けていたと、上記のマクロを読んでから思いました。

プログラミングでは、上手い人と下手な人の生産性に圧倒的な差が出る事は、知っているつもりではいましたが、このように圧倒されると少々凹みます。今後は逆に、凹ませる立場になるために、積極的に勉強しようと思います。良いコードを読み、技巧を学ぶ事を意識しようと考えました。

関連記事

タグ: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。