Google AdSenseと忍者AdMaxの併用で分かった事

当ブログでは、ブログの収益化を目的として、広告を設置しています。広告の内、Google AdSense忍者AdMaxは、記事やユーザーに対して適切な広告が自動的に配信され、表示させたり読者が広告をクリックしたりすれば、ブログ主に報酬が発生します。

この2つの広告を併用してみて、分かった事、考えた事(報酬や運用面について)をまとめます。

報酬の比較

報酬額は、Google Adsenseが圧倒的です。忍者AdMaxの10倍〜20倍程度です。

Google Adsenseの方がクリック率もクリック単価も良いです。Google AdSenseは、多くの広告主を持ち、有利な広告を選択できるようになっています。また、高度なデータ分析を行っています。これにより、忍者AdMaxよりも適切な広告(ユーザーが注目しやすく、単価が高い)の配信が可能になっていると考えられます。

報酬額が圧倒的なGoogle AdSenseを、注目されやすい場所に優先的に掲載するのが良いと分かります。逆に報酬額が低い忍者AdMaxは、フッターなど隅の方へ追いやって良いでしょう。その他、クリック率が高い場所を探すための実験的掲載に活用できます。

 

表示の比較

忍者AdMaxは、Google AdSenseよりも広告ブロックツールに強そうです。

広告ブロックツールをアクティブにしたブラウザで閲覧すれば、Google AdSenseがブロックされていて、忍者AdMaxは正しく表示される事が多いです。Google AdSenseは有名であるため、広告ブロックツールの非表示対象になりやすいようです。

ブロックされにくいという点で、忍者AdMaxを補助的に掲載する価値はあります。

 

併用ではGoogle AdSenseへの悪影響あり

忍者AdMaxの併用により、Google AdSenseの報酬額は下がります。

理由の1つ目として、忍者AdMaxの広告をクリックしてしまったために、Google AdSenseの広告をクリックしなかったパターンが考えられます。Google AdSenseの報酬は忍者AdMaxと比べて圧倒的に大きいため、このパターンはブログ収益の総額を引き下げてしまいます。

理由の2つ目は、配信された忍者AdMaxの広告の内容が、Google AdSenseの配信する広告に悪影響します。忍者AdMaxは高い単価の広告を配信しようとする過程で、記事と全く関係のない広告を配信してきます。例えば資産運用の記事にオンラインゲームの広告を配信してしまう事があります。

このとき、Google AdSenseは、記事の内容にゲームが含まれると判断します。そしてゲームの広告を配信を始めます。このようにして、記事と関係のないGoogle AdSense広告の配信が始まり、Google AdSenseのクリック率、そして報酬額が低下します。

Google AdSenseへの悪影響が気になる場合、忍者AdMaxを使わないのも良いでしょう。

 

広告掲載の開始は忍者AdMaxは楽

忍者AdMaxは、登録すればすぐに広告が配信されます。特に承認は不要です。アダルトサイトでの利用も可能になっています。

一方で、Google AdSenseではブログが承認されるまでに時間がかかります。不適切なブログだと判断され、否認される事もあるようです。

このように、広告掲載を始めるのは忍者AdMaxの敷居の方が低くなっています。


カテゴリー: ブログ収益化 タグ: , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。