Ubuntuのアップグレードでwebサイトが正しく稼働しなくなった時の対応

自宅のwebサーバーとして稼働しているUbuntuのバージョンを、15.04から16.04にアップグレードしたところ、phpが動かなくなったり、WordPressの記事が全く表示されなくなったりしました。

解決策を覚書として投稿しておきます。

PHPを動かす

まずはapacheでphpを動かす設定です。

WordPressと関係のない箇所までもが動かなくなったのは、バージョンがphp5.xからphp7へ変わった事が原因のようです。<?php以降の部分がソースコードとして出力されていました。

Ubuntu 16.04 LTS serverをインストールした時の自分用メモ(Qiita)を参考に、下記のコマンドで関連する設定をインストールします。

まずはこれで、webサーバーでphpが動くようになりました。

 

WordPressを動かす

次はWordPressを動かすための設定です。

PHPは動きましたが、WordPressはまだエラーが出ます。メッセージとしてはYour PHP installation appears to be missing the MySQL extension which is required by WordPress.が出力される状態です。

結論から書けば、amazon EC2 にwordpressをインストールを参考に下記のコマンドで解決しました。

やってみて効果が無かった事: エラーメッセージにMySQL extensionとかあるので、/etc/php/7.0/apache2/php.ini のextension=msql.soのコメントアウトを外してみたりしましたが、これはあまり関係ないようです。


カテゴリー: Ubuntu タグ: , , , , ,
Ubuntuのアップグレードでwebサイトが正しく稼働しなくなった時の対応” への1件のコメント
  1. Aidan より:

    Thank you so much, I took all day trying to get this fixed! And finally I found your blog, thank god the command line was in english!! Ta

    I found only after installing 16.04 that my wordpress was broken like yours.

    • Kapok より:

      > Dear Aidan

      You’re welcome.
      I’m glad I was able to help.

      I learned that English command line is very useful for anyone.

      Updating is risky.
      But it helps us to understand our systems.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。