インデックファンドへの投資比率はどれくらいですか?

Q. インデックスファンドへの投資比率はどれくらいですか?

A. 私の場合は、20%弱です。2016年5月現在、保有するリスク資産の内、20%弱をインデックスファンドで運用しています。それ以外の部分はほとんど個別株で、その他に少しだけアクティブ・ファンドがあります。

以前のインデックファンドの比率はもっと高い水準でした。例えば私の2009年の投資ノートでは、インデックファンドへの投資比率は90%を超えていました。それが投資経験が長くなり、運用規模が大きくなるにつれて、インデックファンドを持たなくなりました。

個別株を新規で買い付けたり、保有していた個別株が値上がりした結果、インデックファンドへの投資比率は少なくなりました。かつてはコア&サテライト運用をしていたつもりでしたが、サテライト部分がどんどん大きくなり、今では逆転したという印象です。

増えそうな資産を多く持つという原則に従い、個別株を増やしています。比較基準の運用利回りには、株主優待の受け取りによる優待利回りを加味しています。個別株は投資信託と異なり、信託報酬がかからない点も魅力です。

勿論、常に個別株部門がインデックファンドの利回りに勝てるわけではありません。私の個別株はディフェンシブ銘柄が多いため、景気敏感株を多く含むインデックファンドには、景気上昇局面で置いて行かれます。特にアベノミクス絶頂期では、インデックファンドに多くを投資しなかった事が裏目に出ていました。

それ以降は、ある程度の株価下落が起こったタイミングでインデックファンドも買い付けるようにしています。株価が下落したかどうかは、PBRの推移やチャートを参考にしています。


カテゴリー: インデックス投資 タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。