UbuntuにKVMをインストールして仮想OSを動かすには?

UbuntuにKVMを導入し、仮想マシンを動かすまでの覚書です。

パッケージの導入

まずは必要なパッケージを導入します。

KVMをインストールする(Qiita)が参考になります。

 

ゲストOSのisoファイルの準備

インストールするOSのisoファイルが必要です。

例えば、CentOSの場合は、Download CentOSから取得します。centos7の最小版を使ってみます。/var/lib/libvirt/images/にディスクイメージを置いておきます。

 

仮想OSをインストールする

コマンドでインストールします。rootで実行しました。

いくつかのオプションがあります。–nameでは、仮想マシンの名前を付けます。ここではvm02cと名付けています。–memoryはメガバイト単位で、–diskのsizeはギガバイト単位のようです。–cdromには、isoファイルの場所を指定します。

あとは、OSのインストーラーの指示に従いインストールします。

 

起動と終了

virsh start vm02c で仮想マシンを起動します。vm02cは、さっき名付けた仮想マシンの名前です。

virt-viewer vm02c で起動したマシンの様子を確認します。

終了するには、ゲストOSで、shutdown nowと打ち込みます。ホストOSで、virsh shutdown vm02cとしても良いようです。強制終了(電源コードを抜くに相当)は、virsh destroy vm02cです。

仮想マシンを削除するには、virsh undefine vm02cで良いようです。


追記:私の環境では最小インストールしたCentOSはまだネットに繋がりません。他にも設定が必要なようです。Ubuntu16.04で同様に試したところ、ネットに繋がりました。この事から、ネットに繋がらない原因はゲストOSであるCentOSのネットワーク設定にあるようです。


カテゴリー: Ubuntu タグ: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。