カルナバイオサイエンス(4572.jp) 新規がん免疫療法に関連して連続ストップ高


カルナバイオサイエンス(4572.jp)は、研究開発中の新規がん免疫療法の創薬プログラムに関するライセンス契約をギリアド社と締結しました。この契約により、契約一時金 20 百万ドル(約 21億円)を受領するほか、開発状況や上市などの進捗に応じて追加的に最大で 450 百万ドル(約472億円)を受け取ることになります。これは、赤字続きだったカルナバイオサイエンスの業績を、一気に黒字化する影響があります。

このニュースは、2019年6月25日(水)の8:00にリリースされました。ニュースを受けて、株価は6月25日(水)、6月26日(木)とストップ高に張り付いています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。