より馬鹿理論


より馬鹿理論とは、「たとえ本質的価値と異なる異常に高い馬鹿な値段で買ったとしても、後で更に馬鹿な値段(更なる高値)で売れると期待出来るのであれば、儲かるから良い。馬鹿な値段で買う事は合理的だ。」という考え方です。モノの値段は本質的価値によって決まるのではなく、マーケットの参加者の非合理的な信念や期待にも左右されます。もっと高い値段で買う人がいるという信念があれば、高い値段で買う事は合理的です。

より馬鹿理論は、英語では Greater fool theory (稀に bigger fool theory)と呼ばれ、日本語では、より馬鹿理論の他、よりバカ理論、大馬鹿理論、合理的バブル理論、モーメンタム・インベスティング理論、という別名で表現されます。

よりバカ理論を表現した、「猿のいる村に訪れた商人の話」は、トレーダーにとって重要な寓話でしょう。

より馬鹿理論(株の話、経済の話、何の話だろう?)

不動産売買においては、不動産の価格が必ず値上がりすると考えるならば、不動産を買う事は合理的です。株式投資や芸術作品への投資でも同様です。バブル相場が発生するのは、「高値で買っても儲かる」と考える投資家が買付けを行うからです。特に金融政策が間違っていて、お金がダブついている局面では、高く買っても、より高く買ってくれる人が現れる可能性が高く、売買益の獲得ができそうです。ただし、バブルは崩壊するものです。もっと馬鹿な人に売ろうと考えて売り損なった投資家は、バブル崩壊時にババを引き、自分が一番馬鹿だと気付く事になります。

資産運用において、馬鹿な値段での買付けに限らず、合理的な値段での買付けでも「誰に売りつけて儲けるか?」の視点を持つ事は重要です。売る時の相場をイメージし、保有銘柄を点検するもの良いでしょう。

投資家のヒエラルキー


株式投資を行う投資家の投資手法は様々です。そして投資家には、投資手法によるヒエラルキーがあるように見えます。

ヒエラルキーは上から順に、「デイトレーダー」「中長期投資家」「インデックス投資家」「他人任せなアクティブ投資家」「どうしようもない投資家」です。

デイトレーダー

ヒエラルキーの頂点にはデイトレーダーがいます。

h1_miyadsc_4769_tp_v

デイトレーダーは専門知識が豊富で多才

デイトレーダーは投資に関する専門知識が豊富で、多才です。

デイトレーダーは売買頻度が高いため、投資の検証と改善のチャンスが多く、生き残れば大儲けします。彼らは市場に対する優位性を持ち、頻度の高い売買による多額の売買手数料を上回る投資成果を残していきます。

一般的にはデイトレーダーはファンダメンタルズ指標を読めますし、テクニカル分析もできます。経済ニュースやIR情報に反応し、素早く適切な分析を行い売買します。短期トレンドに対して順張りします。ニュースが素早く株価に織り込まれるのは、デイトレーダーが仕事をしているからです。

プログラミングにも詳しい人が多いようです。知恵遅れのAIを引っ掻き回していじめているデイトレーダーもいます。

デイトレーダーの才能

デイトレーダーとして成功する一因には、先天的な才能があるように考えられます。

下記の論文は、人差し指と薬指の長さの比率とトレーダーの収入についての研究です。薬指が長い方が、成績が良い結果となっています。

Second-to-fourth digit ratio predicts success among high-frequency financial traders

指の長さは胎児の時に浴びたアンドロゲン(男性ホルモン)の量に関係しています。アンドロゲンを浴びた脳の方が、視覚からの情報処理・判断が早く、瞬時の判断が要請されるデイトレに適性がある、と解釈されています。

デイトレーダーの生態

デイトレーダーは、運用規模が巨額になるまで成長する事があります。正しく成長するデイトレーダーのエサは、小型株→大型株→先物・オプションと変遷していきます。

一部のデイトレーダーが大儲けする裏側で、大多数のデイトレーダーは、他のトレーダーの餌食になったり、手数料負けしたりして生き残れません。生き残れず市場の肥やしとなったデイトレーダーは、退場するか、しなければ長期投資家に成り下がります。この事は「長期投資は短期投資の成れの果て」「投資は投機の成れの果て」等と表現されます。

なお、アンドロゲンの関係でしょうか、デイトレーダーがオフ会をすると、投資話と「猥談」で盛り上がる傾向があるようです。

中長期投資家

ヒエラルキーの2番目には中長期投資家がいます。

h2_miyadsc_3795_tp_v

中長期投資家はIR情報の分析が出来る

中長期投資家は、決算短信等の情報分析が出来ます。

デイトレーダーのような反射神経はありませんが、中長期投資家はIR情報を読み込み、株価の正しい値を概ね当てられます。中長期投資家は長期トレンドに逆張りし、理論価格より割安な株を拾い集めます。そして株価の上昇を辛抱強く待つ事で、資産を増やしていきます。

中長期投資家は、現代ポートフォリオ理論や、理論株価の計算(配当割引モデル等)といった、投資家の教養的な理論を修得している人が多めです。

中長期投資家の生態

中長期投資家は市場に長く居座る事で、知恵をつけていきます。

時間と共に市場に対する優位性を学び、資産を形成する者もいます。高い意識と、明確な野心を持った人が多いようです。(デイトレーダーは息を吐くように自然に儲けるタイプが多いのとは対照的です。)

知恵を付けて儲ける中長期投資家がいる一方で、やはりデイトレーダー同様に、市場の肥やしになる者も多くいます。含み損を多く抱えたまま身動きできなくなった投資家は、塩漬け凍死家と呼ばれます。

なお、中長期投資家がオフ会をすると、投資話と「不動産への投資話」で盛り上がる傾向があるようです。

インデックス投資家

ヒエラルキーの真ん中である3番目には、インデックス投資家がいます。

h3_miyadsc_7153_tp_v

インデックス投資家はコスト分析が出来る

インデックス投資家は、運用コストの分析を行う事ができます。

例えば信託報酬が0.5%のTOPIXインデックスファンドと、信託報酬が0.1%のTOPIXインデックスファンドとで、どちらが良い運用成績を残せそうかを比較・判断できます。(ちなみに正解は0.1%の方です。一般的にインデックスファンドの信託報酬は低い方が有利です。)

インデックス投資家は多くの投資家に勝利する

市場平均へ投資するインデックス投資は、誰がやっても勝率が高い投資手法です。

そもそも市場は多くの間抜けな投資家と、一部の賢い投資家によって構成されています。そしてこの対数正規分布に似た運用成績の偏りは、「中央値<平均値」となっており、平均値を得るだけで他の多くの投資家に勝てるのです。

なお、市場に対する優位性、すなわちデイトレーダーのような反射神経や、中長期投資家のような分析力は、インデックス投資家にはありません。つまりインデックス投資は、デイトレードや中長期投資の負け犬投資家(偏差値50未満)が活路を求めて採用する投資手法であると言い換える事ができます。

インデックス投資家の生態

多数のインデックス投資家は、ドル・コスト平均法による積立投資を実践しています。インデックス投資家は、インデックスファンドを一生かけて積み立てて、余生で切り崩して使います。投資成果が現れるのは遠い将来であり、投資手法を間違えたと気付くとすればそこで気付く事になります。

ちなみに投資家のプラニングホライズンレベルの長期的な視野で見れば、近年の長期的な株安・デフレ傾向や、長期的な円高トレンド(詳細:下記のリンク)は、必ずしもインデックス投資に好ましいものではありませんでした。

国内株価指数の超長期100年チャート 日本国の株価はどのように推移してきたか?

なお、インデックス投資家がオフ会をすると、投資話と「他人の悪口」で盛り上がる傾向があるようです。

他人任せなアクティブ投資家

ヒエラルキーの下から2番目には、他人任せなアクティブ投資家がいます。

h4_miya157084040_tp_v

他人任せなアクティブ投資家は、目論見を理解出来る

他人任せなアクティブ投資家は、アクティブ・ファンドの目論見を理解出来ます。

残念ながら、目論見通りに行きそうかどうかの判断は出来ません。判断に必要な知識を持ち合わせていないからです。

他人任せなアクティブ投資家の生態

他人任せなアクティブ投資家は、常に素人投資家です。

素人投資家であるため、アクティブ・ファンドのファンドマネージャーに任せてしまう事になります。そして資産運用に必要な知識が身につかず、結局素人投資家のままでいます。

他人任せなアクティブ投資家は、勧誘されるがままにアクティブ・ファンドを買ってしまう傾向があります。他人任せなアクティブ投資家は、チャートが読めず、IR情報を分析出来ず、コスト意識もありません。

多くのアクティブファンドは、資産家から手数料を巻き上げるのに適切な設計になっています。ところが、他人任せなアクティブ投資家が、この事実に気付く事はありません。

なお、他人任せなアクティブ投資家がオフ会をしている所を私は見た事がありません。オフ会を行うのに十分な情報網を、誰も持っていないからだと思います。

どうしようもない投資家

ヒエラルキーの底辺は、どうしようもない投資家です。

h5_miyadsc_3332_tp_v

どうしようもない投資家は何も分かっていない

何も分からずに儲け話に乗る、どうしようもない投資家は、騙されます。

どうしようもない投資家は、明らかにあやしい金融商品の、異常に高い利回りに違和感を感じる事は出来ません。例えば日経平均リンク債を買う大多数の投資家は、債券とリンク債の違い(キャシュフロー特性)や、期待値についての情報を持っていません。

他人任せなアクティブ投資家と、どうしようもない投資家との決定的な違いは、場合分けが出来るか、出来ないか、です。他人任せなアクティブ投資家は、ファンドの基準価額が下がった場合に損をする事を分かっています。一方で、どうしようもない投資家は、金融商品の値段が下がる場合の事を考える能力がありません。

どうしようもない投資家は、うまくいった場合の事しか考えられないために、騙されるのです。

投資をしてはいけない投資家

投資の原則として「よく分からないものに手を出すな」があります。

「よく分かっていない事」が分かっていない、どうしようもない投資家は、投資活動をすべきではありません。

米国における投資家の経験則(Rule Of Thumb)


米国における投資家の経験則(Rule Of Thumb:直訳すれば親指の規則)を紹介します。資産運用について、重要な視点が含まれます。

出所は、Rule Of Thumb(investopedia)です。ただし日本では状況が大きく異なるため、いくつかの項目は、そのまま成立はしないと考えられます。それらを踏まえ、私の意見を追記しておきます。

thumb_omg151018570i9a2011_tp_v

持ち家の値段

原文・和訳

A home purchase should cost less than an amount equaling two and a half years of your annual income.

持ち家の購入費用は、年収の2.5年分未満とすべきです。

解説・意見

あまりに高い家を買わないように気をつけよと注意を促す項目です。

近年の米国においても、高い家を買った低所得者が不動産価格の下落と金利上昇で破産し、サブプライム危機とリーマン・ショックを招きました。収入と比べ不相応に高価な家を購入すべきではありません。

日本でも高過ぎる家を買うべきではないという点は米国同様です。ただ、持ち家の購入費用の水準は、日本では年収の2.5年分よりも高くて良いでしょう。年収の5年分でも標準的と言えます。

なぜなら日本のローンの金利は米国程は高くはありません。また終身雇用制が消えてはなく、収入が比較的安定している事から、家は比較的高くても良いと考えられます。

退職への備え

原文・和訳

Always save at least 10% of your take-home income for retirement.

常に、家に持ち込む収入の少なくとも10%を退職のためにとっておきなさい。

解説・意見

収入はすべて使ってしまうのではなく、老後のために積み立てるべきだと主張する項目です。

手元にお金があれば使ってしまう人は、最低ラインを決めて退職後のために積み立てる姿勢をとるべきです。コツコツと資産形成する事は大切です。

生命保険

原文・和訳

Have at least five times your gross salary in life insurance.

最低でも年収の5倍の額の生命保険に加入しなさい。

意見

保険はリスクヘッジのために重要です。特に自分が死んだら困る人がいる場合、生命保険への加入はマナーだと思います。

周りの人の状況次第でしょうが、年収の5倍あれば普通は十分でしょう。

最初に精算するもの

原文・和訳

Pay off your highest-interest credit cards first.

高金利のクレジットカードを最初に精算しなさい。

解説・意見

運用損益は、受け取ったお金と支払ったお金の差で決まります。

利子が高い借金は支払額を増やしてしまうため、運用損益に悪影響します。借金がある場合、早めに精算すべきです。

株式市場のリターン

原文・和訳

The stock market has a long-term average return of 10%.

株式市場は、長期の平均リターンが10%ある。

意見

株式の平均リターンを10%と想定するのは期待しすぎです。

日本では平成バブル崩壊後に、長らく日経平均株価は低迷を続けています。外国株へ投資したとしても、円高で利益が目減りするものです。

とは言え、リバランスはボラティリティをリターンの源泉とする事ができるため、株式投資そのものには賛成です。

緊急の資金

原文・和訳

You should have an emergency fund equal to six months’ worth of household expenses.

緊急時のために、家計の出費の6ヶ月分くらいの資金を持つべきです。

意見

同意します。何かの時の備えは、それくらいあって良いと考えます。

資産配分

原文・和訳

Your age represents the percentage of bonds you should have in your portfolio.

Your age subtracted from 100 represents the percentage of stocks you should have in your portfolio.

年齢と同じ百分率で、ポートフォリオに債券が入っているべきだ。

100から年齢を引いたのと同じ百分率で、ポートフォリオに株式が入っているべきだ。

解説・意見

年齢と資産配分に関する項目です。例えば30才の投資家には債券30%、株式70%のポートフォリオを推奨し、60才の投資家には債券60%、株式40%のポートフォリオを推奨しています。

このルールは理解出来なくはありませんが、合理的根拠が希薄です。

確かに年齢が上がれば運用規模が大きくなり、ポートフォリオの値動きの幅が大きくなります。それがリスク許容度を超えるのであれば、債券比率を増やしても良いでしょう。その意味では、このルールは理解できなくはありません。

とはいえ、資産の成長性は最適な資産配分から来るもので、本来年齢とは無関係です。投資家は年齢に関係なく、最適な資産配分を追求すべきです。