景気ウォッチャー調査(2019年8月)


景気状況・見通し把握のために、内閣府が2019年9月9日(月)にリリースした景気ウォッチャー調査(2019年8月)の結果を確認しました。

以下の画像の出典:景気ウォッチャー調査 令和元年8月調査結果(内閣府)

景気の先行き判断DI(季節調整値)

景気の先行き判断DIは前月差−4.6の39.7となりました。消費税率引上げや海外情勢等に対する懸念が見られ、景気が下げ止まる兆しは見えません。

内訳では、小売り関係が、前月差−9.0の36.1と大きく下落しました。一方で前月に大幅に悪化した飲食関連が、2.1回復し、39.1となりました。

景気判断理由の概要

酷暑の落ち着きにより客足が増加するという良い材料がある一方で、マイナス材料が多くあります。まず、消費税増税の駆け込み需要の反動により、売上は減りそうです。米中貿易摩擦により、企業の設備投資が減り、製造業の受注状況も良くはなっていません。他にも、香港や韓国の情勢不安が、旅行業界にマイナスに働きます。

景気ウォッチャー調査(2019年7月)


景気状況・見通し把握のために、内閣府が2019年8月8日(木)にリリースした景気ウォッチャー調査(2019年7月)の結果を確認しました。

以下の画像の出典:景気ウォッチャー調査 令和元年7月調査結果(内閣府)

景気の先行き判断DI(季節調整値)

景気の先行き判断DIは44.3となり、前月差は-1.5と下落しました。内訳では、飲食関連が前月差が-8.7となり、急激に悪化した事が目立ちました。また、雇用関連も前月差が-3.0となり、他のカテゴリと比べて大きく悪化しました。

景気判断理由の概要

外食産業は、10月の消費税引き上げによって、家計における財布の紐が固くなると予想しています。旅行関連では、10月からの3連休が沢山あるというプラス材料がある一方で、韓国からの旅行者の減少というマイナス材料があります。

建設業は現時点で一定の受注を確保している様子です。製造業は米中貿易摩擦や中国経済の停滞の影響を受け、状況悪化を予想しています。

雇用関連は、製造業の雇用が悪化しています。

景気ウォッチャー調査(2019年6月)


景気状況・見通し把握のために、内閣府が2019年7月8日(月)にリリースした景気ウォッチャー調査(2019年6月)の結果を確認しました。

以下の画像の出典:景気ウォッチャー調査 令和元年6月調査結果(内閣府)

景気の先行き判断DI(季節調整値)

景気の先行き判断DIは45.8となり、前月差は+0.2とわずかに回復しました。プラスとなった主な項目は、住宅関連で+1.9、飲食関連で+0.7、雇用関連で+0.7です。マイナスとなった主な項目は、サービス関連で−1.0です。

景気判断理由の概要

消費税増税前の特需の発生に期待がかかっています。製造業に関しては、米中貿易摩擦や中国景気の減速の影響といった悪材料が出尽くしに向かう一方で、人員不足の問題から受注が困難になる可能性を指摘する声が出ています。

景気ウォッチャー調査(2019年5月)


景気状況・見通し把握のために、内閣府が2019年6月10日(月)にリリースした景気ウォッチャー調査(2019年5月)の結果を確認しました。

以下の画像の出典:景気ウォッチャー調査 令和元年5月調査結果(内閣府)

景気の先行き判断DI(季節調整値)

景気の先行き判断DIは45.6となり、前月差は−2.8と下落しました。家計動向、企業動向共に下落し、全体的に景気に対する不安が増す結果となりました。中でも製造業は前月差-4.1と大きく下落しました。

景気判断理由の概要

ゴールデンウィークの10連休での客の動きは良かった一方で、その反動も出てきているようです。米中貿易摩擦によって、中国向けの出荷は減少傾向が続いています。消費税増税前の駆け込み需要が出る事は、期待して良さそうです。

米国の職業ランキング(2018年)


労働市場は国の文化や生活を映し出すため、職業の動向を知ることはその国の理解に重要です。そこで、CareerCast.comによって作成・公開されていた米国の職業のランキングを確認します。このランキングは、220種類の職業を収入や将来性、労働環境やストレスによって評価したもので、2018年の動向です。

上位の10職業

順位職業備考
1遺伝カウンセラー(Genetic Counselor)遺伝疾患の発症や発症のリスクの医学的影響、心理学的影響および家族への影響を理解し、それに適応していくことを助ける職業。
2数学者(Mathematician)
3大学教授(University Professor)
4作業療法士(Occupational Therapist)医療従事者。リハビリテーション職の1つ。医師の指示の下に、「作業療法」を行うことを業とする者。
5統計学者(Statistician)
6医療サービスマネージャー(Medical Services Manager)
7データサイエンティスト(Data Scientist)
8情報セキュリティアナリスト(Information Security Analyst)
9作戦研究アナリスト(Operations Research Analyst)
10保険数理士(Actuary)

上位には専門性の高い職業が並びました。STEM(Science、Technology, Engineering and Mathematics)系の職業が上位に来るトレンドは継続しています。また、最近ではヘルスケア関連の職業が急速に順位を伸ばしています。

下位の10職業

順位職業備考
220タクシー運転手(Taxi Driver)ライドシェアアプリの台頭によるタクシー需要減少のため
219きこり(Logger)
218新聞記者(Newspaper Reporter)
217小売販売員(Retail Salesperson)
216入隊軍人(Enlisted Military Personnel)
215刑務官、矯正官、看守(Corrections Officer)
214DJ(Disc Jockey)
213アナウンサー(Broadcaster)
212広告営業職員(Advertising Sales Person)
211有害生物防除職員(Pest Control Worker)

下位の職業はまちまちですが、環境の変化によって需要が減りつつある職業が多そうです。例えばライドシェアアプリの台頭により、タクシー需要は減っています。また、SNS浸透等の影響で、報道関係の職業の状況は良くありません。

景気ウォッチャー調査(2019年4月)


景気状況・見通し把握のために、内閣府が2019年5月14日(火)にリリースした景気ウォッチャー調査(2019年4月)の結果を確認しました。

以下の画像の出典:景気ウォッチャー調査 平成31年4 月調査結果(内閣府)

景気の先行き判断DI(季節調整値)

景気の先行き判断DIは48.4となり、前月差は−0.2と下落しました。下落の要因として目立ったのは、サービス関連(−1.8)、製造業(−1.1)、雇用関連(−2.5)でした。なお、雇用については、米中の貿易摩擦等により景気の先行きが不透明で、採用抑制の兆しが出てきています。

景気判断理由の概要

新元号に関連した商戦や、ゴールデンウィークが10連休となった事により、消費活動は活発でした。一方で景気の先行きについては、製造業において受注量や内示が急にストップしている等、景気悪化の兆候が出ています。

スマートフォンの出荷台数(2019年1Q)


スマートフォンは複雑な精密機械で裾野が広い産業の1つですので、その動向は多くの銘柄の株価に波及します。直近のスマホ市場の規模・シェア・成長性はどうなっているでしょうか。IDC(International Data Corporation)による2019年第1四半期のスマートフォン出荷台数についてのレポートが公開されていました。

2019年1Qのスマホ出荷台数は、前年比−6.6%になりました。今まで急速に成長を続けてきた事と比べれば、市場の頭打ち感が出ています。

シェアの1位はSamsungです。前年比−8.1%となったものの、7,190万台も出荷しました。シェアの第2位はHuaweiです。前年比+50.3%となり、Appleを抜き、大きく離しました。シェアの第3位はAppleで、前年比−30.2%と減産しました。

なお、Others(6位以下)のシェアを全て合わせても23.2%に留まり、Samsungと同程度です。スマートフォンは寡占化が進んでいることが読み取れます。