サンバイオ・ショック前後のサンバイオ(4592.jp)株価チャート


サンバイオ(4592.jp)は2019年1月29日(火)17:25発表のプレスリリースで、再生細胞医薬品の臨床試験において「主要評価項目を達成できなかった」と発表しました。この発表を受けた多くの投資家が、新薬によるサンバイオの業績拡大期待が持てなくなったと考えたため、翌日以降、サンバイオ株の売り注文が殺到しました。その一方で買い注文はほとんど無かったため、連日ストップ安で売買がほとんど成り立たない(売りたい人が売れない)状態が続いていました。

また、新薬開発の難しさが意識された事で、他の創薬ベンチャー株も連想売りを浴び、総崩れとなりました。この騒動は、サンバイオ・ショックと呼ばれています。

なお、サンバイオの買い注文が売り注文を上回り始め、板が寄ったのは週明け、2月5日(火)になってからでした。

サンバイオの株価チャート

画像:サンバイオ(株) Yahoo!ファイナンス 2019年2月5日

1月30日(水)から2月4日(月)にかけては、売り注文が圧倒的に多く、ストップ安の水準でわずかに売買が成立した程度でした。2月5日(火)※1 になってようやく、買い注文が出てきて本格的な売買が始まり、大商いとなりました。

※1 東証に限らなければ、PTS市場において、2月4日(月)に本格的な売買が開始されています。

サンバイオ株の時系列

出典:サンバイオ(株) Yahoo!ファイナンス 2019年2月5日

プレスリリース発表前の1月29日、終値で11,710円だった株価は、板が寄った2月5日の始値2,440円まで下落しました。およそ5分の1に相当する-79.2%の水準まで叩き売られたわけです。

なお、出来高は、1月30日から2月4日にかけては買い注文がほとんどなかったため、文字通り「桁違いの少なさ」でした。

その後のサンバイオの株価推移

ストップ安で下がり続けたサンバイオの株価はその後も暫く回復せず、3,000円付近を前後しました。

東日本大震災(2011年)前後の東京電力(9501.jp)株価チャート


2011年3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震が引き起こした津波によって、東京電力の福島第一原子力発電所がメルトダウンし、広範囲にわたる放射能汚染が引き起こされました。巨額損失が予想されたため、東京電力の株価は暴落しました。当時の東京電力の株価チャートを投稿します。

東京電力の株の3月11日(金)終値は2,121円でしたが、翌営業日から連続ストップ安の暴落が始まりました。14日(月)、15日(火)、16日(水)はストップ安に張り付き、胴体の無いローソク足が3つ並びました。その後、3月17日(木)に大商いを伴い一旦下げ止まりました。この後、一旦は反発しますが、再び下がりました。そして、4月6日(水)には安値292円をつけました。

東日本大震災が起こる以前、電力株(特に東京電力株)はディフェンシブ株の代表だと言われていました。ところが、このように東京電力の株価暴落が起こり、「絶対に安全な株の銘柄は無い」という教訓を市場参加者に残しました。

トヨタショック(2008年11月)前後のトヨタ自動車(7203.jp)株価チャート


2008年の金融危機(リーマン・ショック)の中、11月6日(木)にトヨタ自動車(7203.jp)が業績予想の下方修正を発表しました。その内容は、2009年3月期の営業利益の予想数値が1兆円減るというものでした。自動車は裾野が広い産業のため、トヨタ自動車の業績悪化は多くの会社の業績や雇用に影響が出る事が予想されました。そのため、多くの銘柄の株が連想売りを浴びる事になりました。この騒動は、トヨタショックと呼ばれています。

トヨタ自動車の株価チャート

トヨタショック前後のトヨタ自動車(7203.jp)の株価チャートを作成しました。

11月6日(木)に3,810円だったトヨタ自動車の株価は、翌日11月7日(金)に3,460円で引けました。前日比−9.18%という、比較的大きめの下落でした。また、翌日以降も下落トレンドが継続した事が、チャートから読み取れます。

発端となったプレスリリース

参考資料として、トヨタショックの発端となった「業績予想の修正のプレスリリース」のキャプチャを掲載します。リリースの全文はトヨタ自動車のIRサイトで閲覧可能です。1兆円の下方修正はなかなかお目にかかれない、貴重な資料です。

業績予想の修正に関するお知らせ トヨタ自動車(2008年11月6日)

竹本容器(4248.jp) 株主優待2019年


竹本容器の株主優待を受け取りました。下の写真のように、オリジナルのプラスチック容器に、お茶またはレーズンが入っているという贈り物でした。

容器は色や形がお洒落なだけでなく、実用的で好感が持てるものでした。手に取って持ちやすい形状・質感をしていますし、キャップはあまり回さなくてもきっちりと締まります。

竹本容器は直近で投資の費用が先行しており、2019年12月期の2Q累計の業績予想で、経常利益は前年比△12.0%です。私は竹本容器の株価はしばらくは上がらないと予想していますが、上方修正が多く成長性が高い銘柄ですので、株価が下がってきたら積極的に買い増ししようと考えています。

ユニマット リタイアメント・コミュニティ(9707.jp) 株主優待の拡充で株価は前日比+3.14%


ユニマット リタイアメント・コミュニティ(9707.jp)の株主優待制度が拡充される事が、2018年8月22日に発表されました。これを受けて翌日の株価は前日比で+3.14%となりました。

優待の拡充

旧来の優待は老人ホームの割引だけでしたが、新しい優待制度では「飲食店舗の利用券」または「ギフトセット」を頂くことができるようになります。老人ホームにお世話になるにはまだ早い個人投資家にとって、新しい優待制度は魅力的です。

出典:株主優待制度の拡充に関するお知らせ ユニマット リタイアメント・コミュニティ

翌日の株価

優待拡充の発表翌日の株価は前日比+3.14%となりました。個人投資家の注目を一気に集めても良さそうでしたが、思いの外マイルドな動きとなりました。

画像:(株)ユニマット リタイアメント・コミュニティ Yahoo!ファイナンス 2018年8月23日

やまねメディカル(2144.jp)上場廃止基準に係る猶予期間入による狼狽売りが止まらず


やまねメディカル(2144.jp)は、2018年6月26日に「上場廃止基準に係る猶予期間」に入った事についてのプレスリリースを発表しましたが、それ以降狼狽売りが止まらず、6月29日の株価も前日比−4.36%と大きく売られました。

株価チャート

下図は、やまねメディカルの直近3ヶ月間の株価チャートです。

(株)やまねメディカル Yahoo!ファイナンス 2018/6/29

材料

強気な予想と株価高騰

2018年05月10日に、「平成30年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」が発表され、この時点で「上場廃止基準に係る猶予期間」に入る事が確定しました。ただし株価は、次期強気の業績予想から高騰しました。更に、5月28日は2018年度~2020年度中期経営計画が発表され、強気な利益計画から株価高騰に拍車がかかりました。

売り材料と株価下落

その後、6月26日になって「上場廃止基準に係る猶予期間」に入った旨を伝えるプレスリリースが出ました。これにより、狼狽売りが出て、止まらなくなりました。

JASDAQは、5期連続して営業利益及び営業キャッシュ・フローがマイナスとなれば上場廃止です。この業績基準は、東証一部・二部には無い項目ですので、知名度は高くなかったようです。JASDAQ銘柄を売買するのは個人投資家も多いですから、無理もない事かも知れません。

参照:上場廃止基準 JPX

ハローズ(2742.jp)2019年2月期1Qを好調に通過


2018年6月28日引け後の15:00にハローズ(2742.jp)が2019年2月期の第1四半期決算短信を発表しました。

2019年2月期1Q

上方修正はありませんでしたが、経常利益が前期比で+11.4%となるなど、順調な決算通過となりました。

所見

今回の決算発表により、ハローズ株は買いやすくなりました。業績が十分好調(経常利益が前期比で+11.4%)ですし、そもそもディフェンシブ銘柄ですので、米中貿易摩擦の影響が相対的に少ないため、景気敏感株の代替にもなります。また、昨今でよく言われている人手不足による人件費高騰の影響も限定的だと分かりました。

通期の業績予想に対する1Qでの進捗の観点では、売上高・経常利益ともに25%に届いていないものの、例年ですと年末商戦含む4Q(12月〜2月)に若干の偏りがあるために気にする必要はないでしょう。この他、月次で既存店の売上高が前年比100%を割っている点は懸念材料ですが、それでも1Qで利益が出ている事から今後の失速に繋がる可能性は低いと解釈できます。

翌日の株価

決算発表の翌日のハローズの株価は、前日比プラスの2,700円で始まり、一時的に売りに押されたものの、最後は2,720円(前日比+29円 +1.08%)で終えました。好決算の割には、株価は高騰しませんでした。来週以降の株価上昇に期待したいところです。

画像出典:(株)ハローズ Yahoo!ファイナンス 2018/6/29