コロナ・ショックの運用資産への影響と、個人投資家としての対応について


新型コロナウイルスの流行による経済不安が台頭し、各国の株価指数は連日の大幅安となりました。私の運用資産も大きく下落し、わずか1ヶ月少々の短期間に2,000千円以上溶けました。今後の対応については、投資家それぞれで判断が分かれるでしょうが、私は株価が更に下落した場合に、機械的に増資をしていく計画です。

状況

市場

新型コロナウイルスの流行を受けて、2020年2月24日(月)からの週の、各国株価指数は連日の大幅安となりました。この急落はコロナ・ショックと呼ばれています。

日経平均株価は2月25日(火)に前日と比べ781.33円安(−3.3%)になりました。その後も大幅下落を繰り返しました。

下図は日経平均株価チャートです。23,000円以上の範囲を推移していた日経平均株価は、2月25日(火)以降に下げ幅を拡大し、21,000円にヒットする水準まで急落しました。

米国のダウ平均株価も、日経平均株価の下落に先立ち、2月24日(月)に前日と比べ1031.61ドル安(−3.56%)、2月27日(木)にも1190.95ドル安(−4.42%)と暴落を繰り返し、株安が進みました。

運用資産

株価急落局面において、私が運用している資産は大きく減りました。1月18日(土)に確認した際に17,452千円あった運用資産は、2月29日(土)時点で15,276千円になっており、わずか1ヶ月少々の短期間に2,000千円以上溶けた事になります。特に2月24日(月)からの週の下落幅が大きく、下図の通り、私の日本株ポートフォリオは株安で真っ赤に染まりました。

ポートフォリオ 投資情報保管庫(Kapok&Fintech)

今後の対応

今後、株価が更に下落するならば機械的に株を購入していきます。

前提

投資リターンは、受け取る金額と支払う金額でによって決まります。リターンを得るためには、安く買って高く売れば良いわけです。まずは安く買いたい所ですが、安く買うのはなかなか難しいものです。

というのも、株を安く買うことができない状況は、頻繁に発生します。大きく分けると、株を買う意思を持てない事、株を買うお金が無い事、株を買う手段が無い事の3種類に分類されるでしょう。その状況に陥るのを避けるために、今後の対応計画を作っておきます。

対応計画

現時点でのキャッシュの状況を考え、日経平均株価が閾値よりも下がった場合のみ、押し目買いを入れていきます。

具体的には、日経平均株価が21,600円以下、19,200円以下、16,800円以下、14,400円以下、12,000円以下、9,600円以下、7,200円以下となったタイミングでそれぞれ1,000千円、合計7,000千円を追加投資する事とします。下がらなければ追加投資は行いません。

リーマン・ショック等の金融危機では日経平均株価は半値になりましたが、もしも今後半値になった場合、手持ちの現金が無ければ、追加投資は出来ず、株を安く買う事が出来ません。そうならないように、慎重にゆっくりと、かつ意思がぶれないように機械的に、資産を投じていく所存です。

勿論、多くの現金を抱えたままのこの手法は、上昇相場では機会損失につながり、フルインベストメントやレバレッジをしている投資家に大負けします。ですが、証券市場は大多数の投資家が退場して市場の肥やしになるものですので、生き残るためにはルールに基づく慎重な運用を行うべきだと考えています。

運用報告書(2019年下半期)


当サイト管理者、私Kapokの資産運用についての記事です。前半に2019年の資産運用結果についてまとめ、後半に2020年の取り組みに関する計画を記述します。

運用状況

2019年末に基準価額は19,893円になりました。これは、年初比で+22.47%の水準です。年初と比べて相場環境がかなり良かったため、順調に資産が増えました。運用のための資産は16,530,914円になりました。

時期運用額(円)基準価額(円)年初比
2019年12月末日16,530,91419,893+22.47%

所感

キャッシュ過多での運用による機会損失あり

2019年は米中貿易摩擦問題を発端とする経済停滞と世界的な景気悪化が進行すると予想していましたが、各国の金融政策の良い影響もあり、思いの他、良い状況だったという印象です。景気悪化を予想してキャッシュ比率を高めていた事が裏目に出て、本来はもっと資産を伸ばせていたのではないかと悔やまれます。

国内株情報システムの構築の成功

2019年は自宅サーバーに投資情報保管庫と名付けた国内株情報システムを構築しました。

投資情報保管庫 Kapok&Fintech

売買記録や情報収集の記録を投稿でき、IR情報や株価動向の自動収集ができるシステムです。便利なシステムに仕上がり、少なからず投資成績の向上にプラスの寄与をしたと考えています。

今後の取り組み予定

2020年の資産運用で取り組みたい事が3点あります。

単元未満株への投資

1つ目は、単元未満株投資です。私は2019年に他業種へ転職したため、勉強の意味で多様な株を単元未満株の仕組みを使って保有しようと考えています。とはいえ、一般的に過度な分散投資はリターンを損ないます。単元未満株への投資も平均すれば手数料負けする可能性が高いです。多様なビジネスの理解に重きを置き、総額50万円未満で投資をします。

集中投資と家計簿へのオンバランス

2つ目は、集中投資と家計簿へのオンバランス(保有株をバランスシートに記載しのれん償却費を計上)です。機関投資家の考え方の理解のために試してみようと考えています。運用規模の大きな機関投資家はマーケットインパクトの関係で簡単には売買できませんし、ROEを重視したりしていますが、その心情を理解する事は将来の資産運用成績に結び付くと考え、保有比率の大きな銘柄を持つ予定です。

新規投資先の開拓

3つ目は、新規投資先の開拓です。ここ数年は資産運用の手法が増えていませんでした。2020年は何らかの新しい投資を始めたいと考えています。具体的には、起業か、個人M&Aか、不動産投資か、仮想通貨投資か、これらの内、少なくとも1つは試しに始めようと考えています。

今後の予想

2020年は米大統領選に関連した上昇や下落は少なからずあるものの、安定した金融政策を受けて世界景気は一定の成長を続け、株価が大きく下がる局面も無い(日経平均株価は20,000円以上で推移する)と予想しています。

良好な相場環境の前提で、入金含め、運用資産を20,000,000円にしようと計画をします。

時期運用額(円)基準価額(円)年初比
2020年12月末(予想)20,000,00022,000+10.58%

運用報告書(2019年上半期)


2019年上半期(1月〜6月)の資産運用に関する状況をまとめます。

運用状況

米中貿易摩擦問題や世界景気の減速傾向といったマイナス材料が多いものの、株価指数はプラスで推移してきました。運用資産もこの恩恵を受け、2019年上半期は、基準価額ベースで年初比+11.9%のプラスで着地しました。

時期運用額(円)基準価額(円)年初比
2019年6月末日14,651,21218,182+11.9%

新規の取り組み

以前は国内株の分析や売買記録をExcelで管理していましたが、2019年上半期にサイトを立ち上げ、Webサーバー上で管理を行うようにしました。Webサーバーでは株価やIR情報を毎日取得・更新するプログラムが稼働しており、資産運用に関する状況把握の効率化が進行しました。

なお、私の国内株の売買の記録やポートフォリオは、Webで公開しています。下記のリンク先です。

ポートフォリオ Kapok&Fintech

今後の予想

米国の利下げ等、経済にとってプラスの要因もありそうですが、2019年の下期の世界景気は失速し、株価は下落すると予想しています。ただし、非製造業は製造業ほどの影響を受けないと考えます。

運用資産は非製造業を中心に運用することで、基準価額を続伸させ、2017年末の値を上回る18,700円を目指します。また、1,000,000円程度の増資を行い、運用額を16,000,000円にしようと考えています。

時期運用額(円)基準価額(円)年初比
2019年12月末(予想)16,000,00018,700+15.1%

運用報告書(2018年10月末日)


2018年10月末時点の資産運用の状況を公開します。

運用状況

割高となっていた米国の株価が調整し、2018年10月は世界的な株安局面となりました。これに伴い、運用資産は-7.20%と大きく下落しました。

運用概況

時期 運用資産(円) 基準価額(円) 前月比 年初来 口数(口) 低リスク資産比率
2018年10月末 14,232,211 17,679 -7.20% -5.07% 8,050,533 15.2%
2018年9月末 15,336,067 19,050 +1.16% +2.29% 8,050,533 25.1%

相場環境

時期 日経平均株価 日経平均株価
月間騰落率
米ドル/円 米ドル/円
月間騰落率
S&P500 S&P500
月間騰落率
2018年10月末 21,920.46 -9.12%
2018年9月末 24,120.04 +5.49% 113.68 2.40% 2,913.98 0.44%

※S&P500指数および為替は確定時に追記します。

売買銘柄

株式個別銘柄部門

決算結果に注目した売買を行いました。その他、株価下落局面を見てからリバランス買いを行い、リスク資産を増やしました。

市場 コード 銘柄 売買区分 備考
東証2部 9063 岡山県貨物運送(株) 新規購入 利益の伸びが大きく、指標上も割安なため
東証1部 9414 日本BS放送(株) 売却 決算で実績(PL/CF)は良いものの、利益減速の業績予想が出されたため
東証1部 7475 アルビス(株) 新規購入 成長するディフェンシブ銘柄が、2018年3月期の株式発行によって、割安になっていると考えて購入
福証 6076 (株)アメイズ 売却 3Q決算で業績の進捗が良くは無かったため
東証1部 2379 ディップ(株) 追加購入 成長性高く、豊富な求人需要が業績成長に繋がると考えたため
東証JQS 6890 (株)フェローテックホールディングス 追加購入 高成長かつ割安だと考えて購入
東証1部 6480 日本トムソン(株) 新規購入 1Qの好調な業績に注目した打診買い
東証1部 4248 竹本容器(株) 追加購入 高成長銘柄が割安な株価となったため
東証1部 6857 (株)アドバンテスト 新規購入 1Qの好業績に注目した購入。半導体検査装置の需要も底堅いと予測
東証2部 3677 (株)システム情報 追加購入 高成長銘柄が急落したため、指値注文が約定

投資信託部門

2018年10月は売買を行いませんでした。

株式ポートフォリオ

上位銘柄

いずれも成長株の前提ではありますが、景気下落に強い種類の銘柄を増やしつつあります。具体的には、需要が景気に左右されにくいという考えから、竹本容器(4248.jp)やアルビス(7475.jp)をディフェンシブ銘柄として購入しています。また、景気下落により燃料費が安くなる事で業績が安定するという目論見もあり、岡山県貨物運送(9063.jp)やSGホールディングス(9143.jp)を上位銘柄としています。

その他、システム情報(3677.jp)やマイクロソフト(MSFT.us)やといったIT銘柄、ユニマット リタイアメント・コミュニティ(9707.jp)や、チャーム・ケア・コーポレーション(6062.jp)といった老人ホーム銘柄、ディップ(2379.jp)のような人材関連銘柄を主力株としています。

今後の投資計画

バリュー平均法を意識して、ポートフォリオのリスク資産額を一定にするように運用します。

長らく続いている景気の拡大局面の終わりが見えつつありますが、依然として景気指数は良好であり、株を売り払うのも持たざるリスクがあると考えます。ある程度ボラティリティが大きい局面が継続しそうですが、「高値で買って安値で売る」ような間違った判断をしないように、自身のリスク資産額へ注目した売買を行います。

運用報告書(2018年9月末日)


2018年9月末時点の資産運用の状況を公開します。

運用状況

2018年9月は日経平均株価が+5.49%、ドル/円為替も2.40%の円安となり、投資家にとっては好ましい相場環境でした。一方で運用資産は好調な環境の割に増加せず、基準価格は+1.16%に留まりました。なお、9月に988,000円の増資を行いました。

運用概況

時期 運用資産(円) 基準価額(円) 前月比 年初来 口数(口) 低リスク資産比率
2018年9月末 15,336,067 19,050 +1.16% +2.29% 8,050,533 25.1%
2018年8月末 14,161,105 18,832 +1.32% +1.12% 7,519,820 17.8%

相場環境

時期 日経平均株価 日経平均株価
月間騰落率
米ドル/円 米ドル/円
月間騰落率
S&P500 S&P500
月間騰落率
2018年9月末 24,120.04 5.49% 113.68 2.40% 2,913.98 0.44%
2018年8月末 22,865.15 1.38% 111.02 -0.75% 2,901.13 3.01%

売買銘柄

株式個別銘柄部門

主力株の(株)システム情報および(株)エフオンは、プレスリリースをきっかけとして株価が急騰しました。その結果、指しっぱなしだった指値注文が約定し、部分売却となりました。

市場 コード 銘柄 売買区分 備考
東証JQS 3677 (株)システム情報 部分売却 上方修正のプレスリリースを契機とした株価急騰に、指しっぱなしの売り注文が刺さったため
東証JQS 2435 (株)シダー 売却 前期決算の営業CFは良いものの、1Q利益の進捗が悪く成長も見込めないと考えたため
東証1部 9514 (株)エフオン 部分売却 木質バイオマス発電事業の建設用地の取得についてのプレスリリースをきっかけとした株価急騰で、指値注文が約定

投資信託部門

2018年9月は売買を行いませんでした。

株式ポートフォリオ

上位銘柄

マイクロソフト(MSFT.us)やシステム情報(3677.jp)といったIT銘柄、ユニマット リタイアメント・コミュニティ(9707.jp)や、チャーム・ケア・コーポレーション(6062.jp)といった老人ホーム銘柄、および、アルトナー(2163.jp)やディップ(2379.jp)といった人材関連銘柄を主力株としています。

今後の売買予定

現状維持を原則とします。ただし相場が大きく急騰すれば利益確定し、急落すれば押し目買いを入れる逆張りの姿勢で臨みます。機械銘柄・製造業銘柄に押し目買いを入れたい所ではありますが、米中貿易摩擦や今後の世界景気の見通しがやや不透明ですので、積極的な購入は控えるつもりです。

その他

増資額について

9月に988,000円の増資を行いました。1,000,000円の増資をしたかったのですが、SBI証券への入金額の上限が1,000,000円であり、12,000円をSBI銀行経由で引っ越しに関する家賃(日割り計算)支払いに充てたために増資額が988,000円となりました。

運用報告書(2018年8月末日)


2018年8月末時点の資産運用の状況を公開します。7月末時点の成績も同時に掲載します。※7月月次は引っ越しに関する多忙のために公開が出来ていませんでした。

運用状況

米中貿易摩擦やトルコショック等、世界経済の見通しに不安要素があるものの、7・8月の株価は堅調で日経平均株価やS&Pは続伸する形となりました。この好調な相場環境ではありましたが、直近で不振な新興国株式を多く保有していた事もあり、運用資産は株価指数に追随する事が出来ませんでした。

運用概況

時期 運用資産(円) 基準価額(円) 前月比 年初来 口数(口) 低リスク資産比率
2018年8月末 14,161,105 18,832 +1.32% 1.12% 7,519,820 17.8%
2018年7月末 13,975,972 18,586 +0.67% -0.20% 7,519,820 16.1%
2018年6月末 13,882,852 18,462 -1.93% -0.87% 7,519,820 17.0%

相場環境

時期 日経平均株価 日経平均株価
月間騰落率
米ドル/円 米ドル/円
月間騰落率
S&P500 S&P500
月間騰落率
2018年8月末 22,865.15 1.38% 111.02 -0.75% 2,901.13 3.01%
2018年7月末 22,553.72 1.12% 111.86 1.11% 2,816.29 3.60%
2018年6月末 22,304.51 0.46% 110.63 1.67% 2,718.37 0.48%

その他

毎月売買銘柄を公開していましたが、今回は管理に使っているExcelが壊れたため、売買銘柄は非公開とさせていただきます。

運用報告書(2018年6月末日)


2018年6月末時点の資産運用の状況を公開します。

運用状況

資産概況

6月は米中貿易摩擦が激化し、報復関税の応酬が懸念されたもの、相場環境としては良好で、日経平均株価は前月比で+0.46%、米ドル/円の為替は+1.67%の円安、S&P500も+0.48%となりました。一方で私の保有資産は小型株および新興国株式が多いために下落幅が大きく、運用資産額は前月比-1.93%と減少、年初来成績もマイナス圏に突入しました。

時期 運用資産(円) 基準価額(円) 前月比 年初来 口数(口) 低リスク資産比率
2018年6月末 13,882,852 18,462 -1.93% -0.87% 7,519,820 17.0%
2018年5月末 14,155,648 18,824 +2.04% +1.08% 7,519,820 25.1%

相場環境

時期 日経平均株価 日経平均株価
月間騰落率
米ドル/円 米ドル/円
月間騰落率
S&P500 S&P500
月間騰落率
2018年6月末 22,304.51 0.46% 110.63 1.67% 2,718.37 0.48%
2018年5月末 22,201.82 -1.18% 108.81 -0.48% 2,705.27 2.16%

売買銘柄

株式個別銘柄部門

5月から6月にかけて好決算が発表された銘柄を中心に購入しましたが、結果的にこれらの購入は運用成績の下落に繋がってしまいました。

市場 コード 銘柄 売買区分 備考
東証1部 3836 アバント 新規購入 安定成長BtoBビジネス銘柄として打診買い
東証2部 4642 オリジナル設計 追加購入 少し安くなったために思わず買い戻し
東証1部 9414 日本BS放送 新規購入 利益率良く、ビジネスの拡大傾向があるため購入
東証JQS 2435 シダー 部分売却 直近の経常利益の失速傾向から売却
東証JQS 6433 ヒーハイスト精工(株) 売却 2018年3月期の直近利益が大幅失速を受けて遅すぎる損切
東証2部 4642 オリジナル設計(株) 部分売却 受注の減少傾向があるため、主力株としてはやや不安に思い、部分売却
東証JQS 7643 (株)ダイイチ 売却 直近利益の縮小傾向が不安になったために売却
東証1部 3756 (株)豆蔵ホールディングス 売却 直近の実績は良いが業績予想は良くは無く、成長性も他のIT銘柄に比べれば見劣りするために売却
東証2部 3825 (株)リミックスポイント 新規購入 業績の浮き沈み激しいが、ポートフォリオにはこういう銘柄も少しあって良いと考えて購入
東証JQS 3974 (株)ティビィシィ・スキヤツト 新規購入 2018年10月期の2Qは上方修正で着地。チャートも下げ止まっているため
東証2部 9857 英和(株) 売却 割安だが利益率や長期的な成長性が低いため
東証JQS 6164 (株)太陽工機 新規購入 2018年12月期の1Qの売上・利益の伸びが良く、受注も好調で業績拡大が期待できるため
東証2部 4998 フマキラー(株) 新規購入 長期的な業績拡大傾向あり、直近でも外来種の害虫駆除のための需要が期待できるため
東証1部 4022 ラサ工業(株) 新規購入 経常利益実績の伸びと、依然として良好な業績予想に注目して購入
東証1部 9475 (株)昭文社 買埋 逆日歩負担軽減のため買埋
東証2部 2163 (株)アルトナー 追加購入 人材関連銘柄としては直近の業績が好調なので、追加購入
東証1部 6773 パイオニア(株) 買埋 株価が下落したため、指値約定。

投資信託部門

特に売買を行っていません。

管理部門

システム関連

今月はExcelおよびExcel VBA、ユーザーフォームによる、下図のような銘柄の管理・サマリー作成ツールを作成しました。高い精度で株を売買し利益を得る事がツール作成の目的でしたが、ツールの作成そのものが自己目的化して、思いの他大きなシステムになりました。