運用報告書(2019年上半期)


2019年上半期(1月〜6月)の資産運用に関する状況をまとめます。

運用状況

米中貿易摩擦問題や世界景気の減速傾向といったマイナス材料が多いものの、株価指数はプラスで推移してきました。運用資産もこの恩恵を受け、2019年上半期は、基準価額ベースで年初比+11.9%のプラスで着地しました。

時期運用額(円)基準価額(円)年初比
2019年6月末日14,651,21218,182+11.9%

新規の取り組み

以前は国内株の分析や売買記録をExcelで管理していましたが、2019年上半期にサイトを立ち上げ、Webサーバー上で管理を行うようにしました。Webサーバーでは株価やIR情報を毎日取得・更新するプログラムが稼働しており、資産運用に関する状況把握の効率化が進行しました。

なお、私の国内株の売買の記録やポートフォリオは、Webで公開しています。下記のリンク先です。

ポートフォリオ Kapok&Fintech

今後の予想

米国の利下げ等、経済にとってプラスの要因もありそうですが、2019年の下期の世界景気は失速し、株価は下落すると予想しています。ただし、非製造業は製造業ほどの影響を受けないと考えます。

運用資産は非製造業を中心に運用することで、基準価額を続伸させ、2017年末の値を上回る18,700円を目指します。また、1,000,000円程度の増資を行い、運用額を16,000,000円にしようと考えています。

時期運用額(円)基準価額(円)年初比
2019年12月末(予想)16,000,00018,700+15.1%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。