チャーム・ケア(6062.jp) 弐億貯男氏の売却を受けて急落


2019年8月26日(月)に著名投資家の弐億貯男氏が、チャーム・ケア(6062.jp)を売却したと発表しました。これを受けてコピーキャット勢(≒模倣者達)がチャーム・ケアを手放し、短期筋の投げ売りを巻き込んで、チャーム・ケアの株価は連日の大幅安になりました。

株価チャート

売却発表の翌営業日である8月27日(火)は前日比 −9.32 %の大幅安、8月29日(木)も前日比 −11.59%の大幅安となりました。

チャーム・ケアの株価に影響した事柄

8月21日には岩井コスモ証券が、チャーム・ケアの目標株価を引き上げ、短期筋の買いが集まっていました。このため、弐億氏の発表は短期筋の投げ売りを巻き込んだ暴落に発展したと考えられます。

暴落の原因となった弐億貯男氏の記事は下記です。

参考:過去最大、2,260万円の利益確定。(サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました。)2019年8月26日

シダー(2435.jp) 弐億貯男氏の売却を受けたコピーキャット勢の投げ売りで前日比13.95%安


シダー(2435.jp)の2017年9月4日(月)の株価は、前日比13.95%安の327円まで売られ、大暴落しました。シダーは著名投資家である弐億貯男氏が前営業日に売却をしており、これを受けたコピーキャット勢が投げ売りを浴びせた様子です。

シダーのチャート

出典:(株)シダー Yahoo!ファイナンス 2017/9/4

暴落の発端となったブログ記事

著名投資家である弐億貯男氏の売却(下記のブログ記事)を受け、コピーキャット勢が投げ売りをした事が暴落を招きました。ちなみにシダーの公式サイトに特に更新はありませんので、材料は弐億貯男氏のブログ記事だと言えます。

前日比+160万円、そして保有株を利益確定(サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました。)

なお、上記画像の下方、「この銘柄を見た人はこんな銘柄も見ています」に挙げられた「1位チャムケア」「2位ソラスト」「3位京進」は、いずれも弐億貯男氏のポートフォリオの銘柄です。