プレミアムウォーターホールディングス(2588.jp) 2Qが投資家の期待に届かず急落


プレミアムウォーターホールディングス(2588.jp)は2019年11月7日(木)の15:00に2020年3月期第2四半期決算を発表しました。連結の営業利益は事前予想と比べ+40.4%の772百万円となり、上方着地の好決算だったと言えそうです。

とは言え、1Qの3ヶ月での営業利益は437百万円だったため、2Qの7〜9月の3ヶ月間では335百万円しか増えていない事になり、失速に見えなくはありません。更に、基幹システムの切り替えの遅延による費用の後だおしでの発生が見込まれています。このように不安な点もあり、株価はネガティブな反応をしました。

決算発表前の11月7日(木)の終値2,027円だったプレミアムウォーターの株価は、翌日8日(金)には前日比−10.46%の大幅安の1,815円まで急落して引け、11月12日(火)にも前日比−3.35%と大きく下げた1,758円まで売られて引けました。上記チャートの右端に、大きな陰線を確認できます。