MSCI kokusai インデックス


MSCI kokusai インデックスは、先進国23カ国の内、日本を除く22カ国に上場する大型株・中型株の値動きを代表する株価指数です。日本でインデックス投資をする場合、先進国株式クラスへの投資のための重要な参考指標になってきます。

2019年末時点での、MSCI kokusai インデックスの中身を確認しておきます。

以下の画像出典:MSCI KOKUSAI INDEX (USD)

国別

MSCI kokusai インデックスのポートフォリオを国別に見ると、United States(米国)が68.96%と、3分の2以上を占めています。国際分散投資を志向する投資家にとって、MSCI kokusai指数は米国へ集中し過ぎていると気になるかも知れません。とは言え、米国には多くの国々で活躍する大企業も多いため、企業活動の拠点は、円グラフ程は米国に偏っていないはずです。

セクター

MSCI kokusai インデックスのポートフォリオをセクター別に見ると、広く分散されている事を確認できます。一番大きいのはInformation Technology(情報技術)株で、次が Financials(金融)株です。

上位10銘柄

MSCI kokusai インデックスの構成銘柄上位10位までは、名だたる企業の名前が並びます。Apple(アップル)、Microsoft(マイクロソフト)、AMAZON(アマゾン)、FACEBOOK(フェイスブック)等、この企業名を聞いた事がない読者はいないでしょう。

6位・7位にいるALPHABET(アルファベット)は Googleの持株会社です。