米レイオフ流行に逆行し、ウォルマート(WMT)が時給労働者に特別賞与支給


米国ではレイオフが流行していますが、その流れに逆行し、ウォルマートが特別賞与の支給を発表しました。

米国でレイオフが流行

米国では新型コロナによる感染拡大の警戒から経済活動が停滞し、レイオフ(一時解雇)が流行しています。

先週の米新規失業保険申請件数は急増した。新型コロナウイルス感染拡大を受け、雇用主が労働者のレイオフ開始を余儀なくされた状況が浮かび上がった。14日終了週の新規失業保険申請件数は前週比7万件増の28万1000件

米新規失業保険申請が急増-新型コロナで今後は爆発的に増加も bloomberg 2020年3月20日

ウォルマート(WMT)は特別賞与支給

レイオフ流行のさなか、ウォルマートは、コロナによる危機対応でハードワークをしてくれている時給労働者に特別賞与を支給する計画です。賞与の金額はフルタイムの従業員で$300、パートタイムの従業員で$150です。

金額は高くはありませんが、もらえないよりもらえた方が良いですし、他業種で解雇されている人々と比べれば待遇は雲泥の差です。

生活必需品の買い占めによりウォルマートの業績は好調、追加的な雇用も行っています。株価も3月18日(水)に高値を$122.79に更新しました。このように、コロナ・ショックによって経済活動の中心が、技術や工業から生活必需品セクターへ移りつつあるようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。