景気ウォッチャー調査(2019年7月)


景気状況・見通し把握のために、内閣府が2019年8月8日(木)にリリースした景気ウォッチャー調査(2019年7月)の結果を確認しました。

以下の画像の出典:景気ウォッチャー調査 令和元年7月調査結果(内閣府)

景気の先行き判断DI(季節調整値)

景気の先行き判断DIは44.3となり、前月差は-1.5と下落しました。内訳では、飲食関連が前月差が-8.7となり、急激に悪化した事が目立ちました。また、雇用関連も前月差が-3.0となり、他のカテゴリと比べて大きく悪化しました。

景気判断理由の概要

外食産業は、10月の消費税引き上げによって、家計における財布の紐が固くなると予想しています。旅行関連では、10月からの3連休が沢山あるというプラス材料がある一方で、韓国からの旅行者の減少というマイナス材料があります。

建設業は現時点で一定の受注を確保している様子です。製造業は米中貿易摩擦や中国経済の停滞の影響を受け、状況悪化を予想しています。

雇用関連は、製造業の雇用が悪化しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。