景気ウォッチャー調査(2019年8月)


景気状況・見通し把握のために、内閣府が2019年9月9日(月)にリリースした景気ウォッチャー調査(2019年8月)の結果を確認しました。

以下の画像の出典:景気ウォッチャー調査 令和元年8月調査結果(内閣府)

景気の先行き判断DI(季節調整値)

景気の先行き判断DIは前月差−4.6の39.7となりました。消費税率引上げや海外情勢等に対する懸念が見られ、景気が下げ止まる兆しは見えません。

内訳では、小売り関係が、前月差−9.0の36.1と大きく下落しました。一方で前月に大幅に悪化した飲食関連が、2.1回復し、39.1となりました。

景気判断理由の概要

酷暑の落ち着きにより客足が増加するという良い材料がある一方で、マイナス材料が多くあります。まず、消費税増税の駆け込み需要の反動により、売上は減りそうです。米中貿易摩擦により、企業の設備投資が減り、製造業の受注状況も良くはなっていません。他にも、香港や韓国の情勢不安が、旅行業界にマイナスに働きます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。