Word of the Year 2019


Word of the Year 2019は、2019年の世相を表現したキーワードです。代表的なものをまとめ、2019年の出来事を振り返ります。

Oxford Languages

climate emergency

Oxford Languages の Word of the Year は、 climate emergency でした。日本語では気候非常事態と訳されます。従来、気候変動という単語が使われていましたが、最近では気候非常事態という、強い表現が好まれています。

2019年は、さまざまな国家や市議会が気候非常事態宣言を行いました。スウェーデンの少女グレタによる活動も、世間の注目の的となりました。

その他の候補

その他の候補として、climate action, climate crisis, climate denial, Eco-anxiety, Ecocide, Extinction (絶滅), Flight shame (環境に優しくない飛行機の利用を恥じる事), Global heating, Net zero (温室効果ガスの増加を0にする目標), Plant-based (植物を基調とした食べ物) が挙がりました。いずれも環境問題に関連するキーワードで、世界的に、環境問題に対する意識の変化があったと言えます。

参考:Word of the Year 2019 Oxford Languages

Merriam-Webster

they

米国の辞書で知られる Merrian-Webster の Word of the Year は、they でした。they は、he や she に代わり、性が中立な単数形の代名詞として、活用されるようになっています。

その他の候補

その他、 Merrian-Webster の Word of the Year の候補を挙げていきます。

Quid pro quo は、日本語では「見返り」です。米大統領のドナルド・トランプ(Donald Trump)が、諸外国と交渉する過程で、この単語がさまざまな場所で使われるようになりました。

Impeach は、日本語では「責める」「告発する」「弾劾する」といった意味があります。9月24日、米民主党のナンシー・ペロシ(Nancy Pelosi)下院議長がトランプ大統領の弾劾に向けた正式な調査の開始を発表し、注目されました。

crawdad はロブスターに似た淡水に住む小さな甲殻類です。Delia Owens の小説 Where the Crawdads Sing がニューヨーク・タイムズのベストセラーリストに載り、検索されました。

今年の漢字

日本漢字能力検定協会による今年の漢字は、「」でした。元号が平成から令和へと変わり、新しい時代を象徴する漢字として選ばれました。

その他の候補

10位までの候補は、新、和、変、災、嵐、水、風、天、税、でした。新元号に関連する漢字に加え、台風19号等の自然災害に関する漢字や、消費税率が8%から10%へと変化した事に関する漢字が挙がりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。