投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


マイナス金利時代の住宅ローン控除活用の新常識! 金利1%未満で借り換えできたら、繰上返済をせずに 住宅ローン控除のメリットを最大限享受すべし! - 住宅ローン借り換え比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借り換える際は、「住宅ローン控除」を賢くフル活用して、減税メリットをなるべく多く獲得したい。特に、金利1%未満で借りられた場合は繰上返済をせずに住宅ローン控除のメリットを最大限享受すべきという新常識も知っておこう。

住宅ローン借り換えの諸費用は30万~280万円と 金利が同じでも、住宅ローンにより大きく差がつく! 住宅ローンのお得度は「金利+諸費用」で比較しよう - 住宅ローン借り換え比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの借り換えの際に大きな負担となるのが、30万~280万円かかる諸経費だ。借り換えを検討している人は、少しでも安い金利の住宅ローンに乗り替えようとするが、諸費用を含めた総コストで比較しないと、損する可能性すらある。諸費用などを考慮した実質金利で計算することをお勧めする。

変動金利の住宅ローン借り換えシミュレーションでは 5年前に借りた人なら300万円超もの節約効果が! 変動金利から長期固定金利への借り換え余地もあり - 住宅ローン借り換え比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを変動金利で借りてる人が借り換えをすると、どれだけ得するかをシミュレーション! 住宅ローンの借り換えをシミュレーションしたところ、変動金利で借りてる人にも借り換えメリットがあることが分かった。5年前に住宅ローンを「変動金利」で借りている人は、同じ「変動金利」に借り換えることで、300万円以上のメリットを得られるケースがあった。マイナス金利の導入で、住宅ローンを借り換えるチャンスと言われているが、借り換えで実際にどのくらいお得になるのかを、ファイナンシャルプランナーの山本俊成氏の協力で、シミュレーション、計算してみた。

[←前のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.