投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


テンセント・ショックで中国のネトゲ株が低調な今、 ゲーム・ストリーミング関連株の「フヤ」に妙味が! 世界的流行の兆しを見せる「eスポーツ観戦」とは!? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週、中国の大手ネット企業テンセントが、第2四半期決算を発表しました。「はっ」と息を呑む、悪い決算でした。そこで、「今回の中国のネトゲ関連株の下落で、他に何か買える銘柄は無いだろうか?」ということを考えてみたいと思います。私は、ゲーム・ライブストリーミング関連株が面白いと思います。ゲーム・ライブストリーミングとは、ゲームの実況中継を指します。この分野ではアマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)傘下のトウィッチ(Twitch)という企業が有名です。さて、銘柄ですが中国No.1のゲーム・ライブストリーミング企業は、フヤ(ティッカーシンボル:HUYA)です。

ガイアナの巨大海底油田が、2020年に生産を開始! 油田開発・生産を担うエクソン・モービル、ヘス、 中国海洋石油の3社の中で、買うべき銘柄はここだ! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:海底油田が発見されてにわかに盛り上がるガイアナと、そのことで値上がりが期待できる銘柄をズバリ解説! 2015年にエクソン・モービル(ティッカーシンボル:XOM)が、ガイアナの首都、ジョージタウンから約200キロ沖合の海底で油田を発見しました。ガイアナは、南アメリカ北東部に位置する共和国です。同国は1621年以降、オランダ西インド会社の管轄となり、1814年からは英国の植民地となりました。ガイアナは、昔から「ここから石油が出てもおかしくない」と考えられてきました。探索・生産にあたるコンソーシアムは、エクソン・モービル、ヘス(ティッカーシンボル:HES)、中国海洋石油(ティッカーシンボル:CEO)の3社で、各社の権益比率は45:30:25です。

アリババ、バイドゥは「CDR(中国預託証券)」の 解禁が大きな買い材料に! 中国でも米国株が売買 できるCDRの仕組みから株価への影響まで徹底解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先日、中国政府が中国預託証券(CDR: Chinese Depository Receipt)の試験プログラムの草案を発表しました。CDRが解禁されれば現在アメリカに上場されているアリババやバイド、さらに香港に上場されているテンセントが上海にも上場される道がひらかれます。このところアリババが売られている一因は、米中貿易戦争です。下げのもう一つの理由は、先日、テンセントの大株主が持ち株の一部を処分し、テンセントが珍しい急落を演じたのですが、それにアリババも「連れ安」したのです。これらはいずれも一過性の悪材料だと思います。それに比べればCDR解禁は大きな材料なので、今は積極的に買い向かうべきだと思います。今回はそんなCDRを解説します。

中国では、外界と隔離された超監視社会という 「異形の未来社会」が気づかぬうちに進行している [橘玲の日々刻々] - 橘玲の日々刻々

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2015年3月に刊行した『橘玲の中国私論』が『言ってはいけない中国の真実』と改題して文庫化され、それに合わせて電子版も改定した。文庫化にあたって本文はほとんど修正する必要はなかったが、その代わり発売以降の変化を踏まえた「「超未来社会」へと向かう中国」という章を書き下ろした。

"退職金専用"定期預金の金利が高い、銀行ベスト10! 「3カ月もので年利3%」など、一般の定期預金より 大幅に高金利で、預け先候補として検討の価値アリ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:退職金の預け先候補として「退職金専用定期預金」という選択肢も検討してみよう!ダイヤモンド・ザイでは、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを「ZAi NEWS CHANNEL!」で毎号2本紹介している。今回はその中から「退職金専用定期預金」に関する記事をピックアップ!預金金利は超低金利が続いているが、退職者限定のお得な定期預金は、3カ月もので年利3%も! 年々取扱いが減っている商品だが、何しろ元本割れリスクもないので注目に値する。現時点で退職金専用定期預金の金利が高い銀行ベスト10も紹介するので、参考にしてみてほしい。

TIGER魔法瓶に「本物」シール

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:タイガー魔法瓶が、中国のコピー商品対策に乗り出す。ステンレスボトルに本物かどうかが分かるQRコード付きのシールをつける。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 中国の偽物・捏造
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6268029
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2018/01/11 17:53:27 投稿番号: 29763

2018年はどんな年になるのだろうか? 欧米、中国、日本の政治、経済からひも解く [橘玲の世界投資見聞録] - 橘玲の世界投資見聞録

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2016年はイギリスのEU離脱(6月)とトランプ大統領の登場(11月)という2つの大きな事件があり、自由でゆたかな欧米先進国にポピュリズムの嵐が吹き荒れていることをひとびとは目の当たりにした。去年のいまごろは、フランス大統領選(5月)で“極右”FN(国民戦線)のマリーヌ・ルペンが当選するようなことになればEU(欧州連合)もユーロも崩壊し、世界は大混乱に陥るのとの重い不安が垂れ込めていた。

年末年始企画 闇株新聞が大予測! 2018年に起こりそうで「起こらない」こと - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:いよいよ2017年も残りわずか。マネー誌等では「2018年の大予想」が年末の定番企画ですが、刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』では、最新号で「起こりそうで起こらないこと」を大特集しています。

IT先進国・中国で進む恐怖の情報管理社会の近未来 [橘玲の世界投資見聞録] - 橘玲の世界投資見聞録

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:テクノロジーの急速な進歩によって、私たちのプライバシーはどうなるのだろうか? そんな未来を占うのが「IT先進国」となった中国の現状だ。「革命」の中心はアリババ(阿里巴巴)の「アリペイ(支付宝)」とテンセント(騰訊)の「ウィーチャットペイ(微信支付)」で、いずれもスマホを使った決済システムだ。中国経済では国家的企業による寡占化が進んでおり、決済市場もこの2社だけで90%以上のシェアを占めている。

日本企業の人民元債 解禁へ

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:日本企業が中国本土で人民元建て債券を発行できる見通しになった。関係筋によると、日中関係の改善を受け、金融庁は水面下で中国当局と協議しており、22日に合意する。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 中国
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6265641
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2017/12/21 14:12:01 投稿番号: 29443

世界にモノ作り革命を起こす「IPGフォトニクス」を 徹底解説! 従来よりはるかに高品質で緻密な加工を 可能にする「ファイバー・レーザー技術」とは? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:いま世界ではモノ作り革命が起きています。それは「ファイバー・レーザー」という新しい技術です。このファイバー・レーザーの生みの親はバレンティン・ガポンセフ博士が創業下のが、IPGフォトニクス(ティッカーシンボル:IPGP)。IPGフォトニクスには、殆ど競合がありません。光ファイバー関連の企業は沢山存在しますが、同社のようにファイバー・レーザーの製造のために垂直統合された体制になっている企業は他に無いので、納期が他社より圧倒的に短く、勝負にならないのです。

「中国崩壊本」もう崩壊?

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:「中国経済は早晩破綻する」と主張する「中国崩壊本」が曲がり角を迎えている。中国経済は一向に崩壊せず、売れ行き自体も低調に。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 中国経済
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6259034
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2017/10/27 23:02:18 投稿番号: 27925

新興国の株で運用する投資信託の好成績はまだ続く? 中国株に投資する投信で、5年間の基準価額の上昇率が 高かった「桃源郷」など、好成績な投資信託を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「新興国株型」投資信託の成績が好調だが、今後の見通しを専門家が分析! 中国株に投資する、好成績な投資信託ランキングの1位と2位も発表!世界的な景気回復と欧米の金融緩和で、「新興国株型」投資信託の成績が好調だ。発売中のダイヤモンド・ザイ12月号の「今買うべき『新興国株投信』ベスト25」では、今後も期待できる4つの国と地域、中国、インド、ブラジル、ASEANのおすすめ投資信託をピックアップして紹介している。ここでは、今後の「新興国株型」投資信託の見通しと、今後も期待できる中国についてピックアップ! さらに、中国株に投資している投資信託の中から、直近5年間で上昇率の高かった投資信託1位と2位を紹介しよう!

中国GDP6.8%増 成長減速

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:中国の今年7~9月期の国内総生産(GDP)は実質で前年同期比6.8%増となり、1年半ぶりに減速。年間成長目標は「6.5%前後」で目標達成は問題ない。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 中国経済
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6257934
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2017/10/19 12:09:18 投稿番号: 27571

中国 猛烈なキャッシュレス化

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:中国が猛スピードで「キャッシュレス社会」に変貌しつつある。さまざまな個人情報が金融サービス会社や中国当局に漏れるリスクも指摘。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 中国
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6256248
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2017/10/04 10:32:27 投稿番号: 26950

中国が新規制 新エネ車義務化

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:中国は2019年から自動車メーカーが生産・輸入する乗用車の一定割合を電気自動車など新エネルギー車にするよう義務づける規制を始めると発表。EV時代の本格幕開けにつながりそうだ。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 中国自動車産業
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6255637
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2017/09/28 21:29:12 投稿番号: 26692

中国の「アリババ・グループ」の決算発表を解説! 世界の株式市場でも存在感を増す中国最大級の ネット企業が、今もっとも注力する成長分野とは? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今年は、新興国株式市場が先進国株式市場をアウトパフォームしています。その中でも、ひときわ存在感を増しているのが中国のネット企業です。そこで今日は、中国のネット企業の中でも最大級のアリババ・グループに焦点を当てたいと思います。アリババ・グループ(ティッカーシンボル:BABA)は、ネット上で物品を売りたい人と買いたい人を引き合わせるマーケットプレース「タオバオ」、世界のブランド企業がオンライン・ストアを開店するためのフラットフォーム「Tモール」、オンライン卸売りの「1688.com」に加え、物流ソリューションやクラウド・コンピューティングなどのサービスも展開しています。

ユニコーン企業 8割が米中

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:「中米ユニコーン企業研究報告」によると、世界のユニコーン企業(評価額10億ドル以上の非上場企業)の8割が米国と中国に集中。3位のインドは4%程度。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 中国経済
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6254151
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2017/09/15 15:49:02 投稿番号: 26223

北朝鮮の2回目のミサイル発射と「ビットコイン」の 関係とは? 中国国内のビットコイン取り締まりは、 国ぐるみでマイニングを進める北朝鮮へも影響が! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:9月15日(金)早朝に北朝鮮が再びミサイルを発射しました。今回のミサイル発射は8月29日のミサイル発射、9月3日の地下核実験に次ぐものです。ミサイルのルートは、前回のときとほぼ一緒でした。しかし前回より今回の方が高度も高かったですし、遠くに飛びました。具体的には、8月28日のミサイルの高度は550キロメートル、今回は770キロメートルです。一方、飛距離は8月28日が2700キロメートルだったのに対し、今回は3700キロメートルでした。気になるのは「なぜ北朝鮮は、ここへきてミサイル発射の頻度を増やしているのか?」ということです。そのひとつの理由は、世界からの経済包囲網がだんだん北朝鮮を苦しめはじめているからだと推察されます。

ビットコイン取引所の閉鎖検討やICO全面禁止など あらゆる仮想通貨に対して、中国政府が規制を強化! 仮想通貨の未来と、日本の取るべきスタンスとは? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週金曜日、「中国政府が中国国内のすべてのビットコイン取引所の閉鎖を検討している」という記事が、中国の金融メディア「財新」に掲載されました。このニュースとは別に、9月22には中国政府がICO(イニシャル・コイン・オファリング)、つまり新たな仮想通貨の発行を禁止する決定を下したということを「財新」が報じました。最終的にどういう結論になるかは、これを書いている時点ではわかりませんが、中国政府が仮想通貨に対する規制を強化する方向に傾いている事は明白です。ここで皆さんに理解して頂きたいことは「中国のビットコイン取引所が閉鎖されても、それはビットコインの死を意味しない」という点です。

[←前のページ][→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.