投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


第一稀元素化学工業、QUOカードの株主優待新設! 100株(投資額47万6000円)以上保有すると 年2000円分のQUOカードがもらえることに! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:第一稀元素化学工業が、「QUOカード」を贈呈する株主優待を新設すると2017年3月13日に発表。第一稀元素化学工業の株主優待は、毎年3月末時点の株主優待名簿に記載または記録された株主が対象となる。新設される第一稀元素化学工業の株主優待の内容は、「100株(1単元)以上を保有する株主を対象に、QUOカード2000円分を贈呈」となっている。(第一稀元素化学工業、コード:4082、市場:東証2部)

2017年の投資テーマの本命は「工場建設ラッシュ」! 「工作機械」や「建機」「半導体」など、世界景気の 回復に連動して株価が急騰しそうな3銘柄を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:トランプ大統領によるアメリカのインフラ投資拡大と大規模な減税に期待が高まるなかで、「2017年は世界景気回復」と見るならば、もちろん景気に連動する株に狙いを定めたい。現在発売中のダイヤモンド・ザイ4月号では、「守りの高配当株&攻めの10万円株」と題した大特集を掲載。このうち「10万円株」とは、10万円台で買える株を指す。比較的買いやすい10万円株の中にも、景気拡大時に敏感に反応して、業績が一気に伸びそうな銘柄は数多い。ダイヤモンド・ザイ4月号では、様々な切り口から注目の10万円株を紹介しているが、ここでは「半導体や機械の景気敏感株」で抜粋して紹介!

株の間違った「買い方」と「売り方」を投資のプロが メッタ斬り! トヨタ自動車やゆうちょ銀行など、 投資家に人気の銘柄の儲かる売買タイミングを伝授! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株は思い通りに上がるばかりではなく、買った途端に下落したり、横ばいが続いたり…、保有し続ける限り悩みはつきないもの。では、株の買い時や保有する株の売り時はどう判断するとよいのだろうか。カブ知恵代表取締役の藤井英敏さんとマネックス証券の臼田琢美さんに読者の持ち株を一刀両断してもらった。

株主優待利回りが長期保有で3~4倍になる銘柄も! 「ヤマダ電機」など、長期保有優遇制度があり、 優待廃止リスクも小さい「株主優待株」を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国のトランプリスクだけでなく、欧州各国の選挙などが待ち受けている今年は、株式市場の先行きに不透明感が漂う。そんななかでも、特に株式市場全体の影響を受けにくいのが「長い期間にわたって株を保有してくれる株主を優遇」する「株主優待株」だ。「長期保有優遇の株主優待株」は、長く株を持つと株主優待品がグレードアップして利回りが高くなるだけでなく、株主優待廃止リスクが小さいため、買いが入りやすい点もメリットと言える。

多木化学、QUOカードがもらえる株主優待を変更! 株式併合と単元の変更で、権利獲得に必要な投資額が 従来の半分となったので優待投資家は要注目! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:多木化学が株主優待の内容を変更すると発表した。株主優待の変更は2017年12月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。多木化学の株主優待は、従来「1000株(1単元)以上保有する株主に、3000円相当の『QUOカード』贈呈」という内容だった。今後も「QUOカード」が贈呈される点に変わりはないが、2017年7月1日を効力発生日として、5株⇒1株の株式併合が実施され、単元株数も変更となることに伴い、優待対象となる保有株数と、贈呈される「QUOカード」の額面が変更になる。(多木化学、コード:4025、市場:東証1部)

昭和化学工業、株主優待の内容を変更! 従来、自社商品の消臭剤とお米がもらえたが、 今後は「特産品」とお米になり、利回り変わらず - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:昭和化学工業が株主優待の内容を変更すると発表した。株主優待の変更は2017年3月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。昭和化学工業の株主優待は、3月、9月の年2回で、従来「3月末時点で1000株(10単元)以上保有する株主に、3000円相当の自社商品(消臭剤)を贈呈。9月末時点で1000株以上保有する株主に、あきたこまち新米2kgを贈呈(継続保有期間によって増量)」という内容だった。今後も、9月末に新米がもらえる点に変更はないが、3月末に贈呈される優待品が自社商品から「グループ事業所の所在地の特産品(2500~3000円相当)」に変更される。(昭和化学工業、コード:4990、市場:東証2部)

2017年に大化けが期待できる好業績な20銘柄を公開 「上方修正した株」と「進捗率が高い株」という 注目度が高いランキングから2017年の勝負銘柄を探せ - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:中間決算で上方修正などのポジティブサプライズがあった銘柄をチェック! 現在発売中のダイヤモンド・ザイ2月号には、日本株の総力特集「2017年『株』全予測&正しい儲け方」を掲載。日本株を売買するなら必見だ。今回は特集の一部を抜粋して、中間決算で「通期営業利益の予想を上方修正した株」と「通期営業利益の予想に対して進捗率が高い株」のランキングを紹介! ご存じのとおり、上方修正などのサプライズがあった銘柄への市場の注目度は高い。過去には、「サプライズ発表⇒株価が数倍に上昇」となった銘柄もある。ランキングを参考に、将来の大化け株を探そう!

太陽化学(2902)、30年続いた株主優待を廃止!  毎年3月末時点の株主にグループ会社の商品が 贈呈されていたが、2017年3月末をもって廃止に - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:太陽化学(2902)が株主優待を廃止すると2016年11月28日に発表。太陽化学の株主優待は、毎年3月末時点の株主優待名簿に記載された、100株(1単元)以上を保有している株主が対象とされていた。廃止される太陽化学の株主優待の内容は、「100株以上保有する株主に、保有株数に応じて自社グループ会社のヘルスケア商品を贈呈」というもの。(太陽化学、コード:2902、市場:名証2部)

全上場3615銘柄の最新の理論株価を分析! ヤフーやみずほフィナンシャルグループなど 50%以上割安な有名企業19銘柄も大公開! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ダイヤモンド・ザイ誌上で3カ月に1度掲載しているのが上場全銘柄の理論株価だ。割安度が一発でわかると評判だが、今発売中の2016年11月号では、全上場3615銘柄の最新理論株価を掲載している。今回は、3月決算企業の第1四半期決算に基づく今期予想の修正を反映したものとなっている。また、前回同様に、個別の理論株価とともに日経平均株価の理論株価も掲載した。では、現在、対理論株価で割安な注目銘柄を紹介しよう。

日銀のETF6兆円買入れで株価に影響のでる銘柄は? すでに日銀に買われ過ぎている要注意10銘柄と、 好業績で今後買われる可能性のある10銘柄を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日銀が6兆円分のETFを購入する中で、急速に保有比率が高くなっている「買われ過ぎ」の銘柄は要注意。また、まだ保有比率が低く、好業績の銘柄は逆に有望と言える。それぞれ10銘柄を紹介!

扶桑化学工業(4368)、株主優待を廃止! 栄養ドリンクや化粧品など自社関連商品をもらえたが 2016年3月末の株主への贈呈を最後として廃止に! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:扶桑化学工業(4368)が株主優待を廃止すると2016年9月12日に発表。扶桑化学工業の株主優待は、毎年3月末時点の株主優待名簿に記載された、100株(1単元)以上を保有している株主が対象とされていた。廃止される扶桑化学工業の株主優待の内容は、「100株以上の株主に自社グループ会社商品詰め合わせを贈呈」というもの。(扶桑化学工業、コード:4368、市場:東証1部)

[←前のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.