投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


富士ピー・エス、「QUOカード」の株主優待を拡充し、 100株を1年以上保有すると配当+優待利回り4%に! 長期保有優遇の導入+配布基準の変更で利回りアップ - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:富士ピー・エス(1848)が、「QUOカード」の株主優待の配布基準を変更することを、2019年8月28日に発表した。この株主優待の変更は、2019年9月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。富士ピー・エスの株主優待は、9月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を保有する株主に、『QUOカード』(500円分)を贈呈」というものだった。変更後は、「100株以上を1年未満保有する株主に『QUOカード』(500円分)を、1年以上保有する株主に『QUOカード』(1000円分)を贈呈。1000株以上を1年未満保有する株主に『QUOカード』(1500円分)を、1年以上保有する株主に『QUOカード』(3000円分)を贈呈」となる。(富士ピー・エス、コード:1848、市場:東証1部、福証)

サラリーマン投資家になるメリットや本業と両立させ ながら上手に時間を使うコツを紹介! 株の初心者は 目先の株価に振り回されず中長期の保有を目指そう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:サラリーマン投資家ならではのメリットや、サラリーマン投資家がどのように時間を使って、本業と投資を両立させているのかを紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号では、特集「忙しいサラリーマンの副業トレード術」を掲載! サラリーマンに向いている株式投資のスタイルを紹介するほか、実際に“すきま時間”を使って株で儲けているサラリーマン投資家15人に、投資ワザや時間の使い方などを聞いている。また、各地で開催されている個人投資家の勉強会やオフ会にダイヤモンド・ザイの編集部員が参加し、会の雰囲気などをリポートしているので、株仲間を作って情報交換してみたい人は必見だ。今回はその中から、サラリーマン投資家におすすめの投資スタイルや、サラリーマンが株式投資をするメリットなどを抜粋。働きながら、株で収入アップを目指したい人は、参考にしてほしい!

リスクモンスター(3768)、株主優待を一部変更! カタログギフトなどがもらえる優待に、500株以上+ 5年以上の保有で利回りがアップする配布基準を新設! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:リスクモンスター(3768)が、株主優待を変更することを、2019年8月26日に発表した。この株主優待の変更は、2019年9月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。リスクモンスターの株主優待は、9月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「300株以上を6ヵ月以上1年未満保有する株主に『自社指定商品』を贈呈。300株以上を1年以上保有する株主に、保有株数と保有期間に応じた額面の『カタログギフト』を贈呈」というものだった。変更後も「自社指定商品」または「カタログギフト」が贈呈されることに変わりはないが、新たに500株以上を5年以上保有する株主を対象とする株主優待が設定される。(リスクモンスター、コード:3768、市場:東証2部)

急成長が期待できる「新興株」でアナリストが将来性 ありと認めた2銘柄を紹介! クラウドで業務効率化を 図る「ラクス」と、AI自動翻訳の「ロゼッタ」に注目 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:将来の高成長が期待できる銘柄が集まる「新興株」の中でも、アナリストが特に評価したのは、「ラクス(3923)」と「ロゼッタ(6182)」の2銘柄! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の大特集は「【最強日本株】2019年・夏の陣」! 今年後半の株式市場は波乱相場が続くと予想されるが、こんなときこそ「絶好の買い時」と見ているプロも多い。そこで、この特集では「2019年後半に儲けるための投資戦略」を紹介するほか、「10万円株」「5万円株」「高配当株」「大型株」「新興株」「10倍株」などのジャンルで、今後注目すべき銘柄を格付けして取り上げている。今回は、「【最強日本株】2019年・夏の陣」特集の中から、高成長が期待できる「新興株」カテゴリーで、プロが厳選した2銘柄を紹介する!

リンガーハット(8200)、「食事優待券」の株主優待を 拡充! 10月からの消費税の増税に伴い、「食事優待券」 の額面が1枚あたり540円⇒550円に10円増額される - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:リンガーハット(8200)が株主優待を一部変更することを、2019年8月26日に発表した。リンガーハットの株主優待は、2月末時点と8月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上を保有する株主に、保有株数と保有期間に応じた枚数の『食事優待券』(540円分)を贈呈」というものだった。今後も「食事優待券」が贈呈される点に変わりはないが、2019年10月1日から消費税が増税されることに伴い、「食事優待券」の額面が540円⇒550円にアップする。
すでに発行済みの「食事優待券」(有効期限は2020年1月31日)も、額面540円となっているが、2019年10月1日以降は550円相当として取り扱われる。(リンガーハット、コード:8200、市場:東証1部)

“大型株”では、「ソニー」と「村田製作所」に注目! 軟調な日本株市場でアナリストが太鼓判を押すのは、 「5G」や「半導体」関連銘柄で業績が好調な2銘柄! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:世界景気の先行き不透明感から、軟調な展開が続く「大型株」の中でも、好調な「5G」や「半導体」関連でアナリストが太鼓判を押すのは、「ソニー(6758)」と「村田製作所(6981)」の2銘柄! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の大特集は「【最強日本株】2019年・夏の陣」! 今年後半の株式市場は波乱相場が続くと予想されるが、こんなときこそ「絶好の買い時」と見ているプロも多い。そこで、この特集では「2019年後半に儲けるための投資戦略」を紹介するほか、「10万円株」「5万円株」「高配当株」「大型株」「新興株」「10倍株」などのジャンルで、今後注目すべき銘柄を格付けして取り上げている。今回は、「【最強日本株】2019年・夏の陣」特集の中から、時価総額が比較的大きい「大型株」カテゴリーで、アナリストが厳選した2銘柄を紹介する!

トーメンデバイス(2737)、株主優待を一部変更も 200株保有時の配当+株主優待利回りは4.4%を維持! 保有株数に応じてQUOカードやワインなどがもらえる - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:トーメンデバイス(2737)が、株主優待を一部変更することを、2019年8月23日に発表した。トーメンデバイスの株主優待は、9月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上の株主に、保有株数に応じて『健康オイル詰め合わせ』『新潟県産コシヒカリ』『QUOカード』『輸入ワイン』『上級輸入ワイン』などを贈呈」というものだった。今後は、優待品の内容が一部変更される。(トーメンデバイス、コード:2737、市場:東証1部)

優待名人・桐谷さんがおすすめする株主優待銘柄は、 配当+優待利回り11%超の「ヴィレッジバンガード」 や、株主優待を20年以上も続けている「アルペン」! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株主優待名人・桐谷広人さんがおすすめする2銘柄を紹介! 配当+優待利回り11%超の「ヴィレッジヴァンガードコーポレーション(2769)」と、優待を20年以上も続けている「アルペン(3028)」! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の大特集は「【最強日本株】2019年・夏の陣」! 米中貿易摩擦の影響などで、日本株は波乱相場が続くと予想されるが、こんなときこそ「絶好の買い時」と見ているプロも多い。そこで、この特集では「2019年後半に儲けるための投資戦略」を紹介するほか、「10万円株」「5万円株」「高配当株」「大型株」「新興株」「10倍株」「株主優待株」などのジャンルで、今後注目すべき銘柄を取り上げている。今回はその中から、株主優待が魅力的な注目の「株主優待株」を2銘柄紹介! 銘柄を推奨してくれたのは、あの株主優待名人・桐谷広人さんだ。誌面では14種類のおすすめ株を取り上げているが、ここでは「11月」と「12月」に権利確定する株を、それぞれ1銘柄ずつ抜粋するので、投資の参考にしてほしい!

パルマ(3461)、「QUOカード」の株主優待を新設! 毎年9月末時点の株主に「QUOカード」1000円分を 贈呈し、100株保有時の配当+株主優待利回り=2.4% - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:パルマ(3461)が「QUOカード」の株主優待を新設すると、2019年8月30日に発表した。パルマの株主優待は、毎年9月末時点の株主が対象となり、内容は「100株以上の株主に『QUOカード』1000円分を贈呈」というもの。2019年9月末の株主名簿に記載または記録された株主から実施される。(パルマ、コード:3461、市場:東証マザーズ)

安心老後のために「100歳までのおかねの設計図」を つくろう! 超低金利や年金の目減りにも対応できる “おかねの働かせ方”を「老後のおかねの教科書」が伝授 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:定年退職後、「2000万円が必要」って本当なの? 令和時代に老後を迎える50~60代の“老後資金”の不安は、『一番売れてる月刊マネー雑誌ザイが作った 老後のおかねの教科書』で解消しましょう! 老後資金「2000万円」問題が波紋を呼んだのは記憶に新しいところ。自分の老後のことが急に不安になった50~60代も多いのではないでしょうか。日本人の寿命が延びて、「人生100年時代」が現実になりつつあるというのに、給料は思うように増えず、退職金も減る傾向にあります。しかも銀行預金の超低金利は続きそうで、物価が上がれば年金も目減りしてしまいます。「人生100年時代」は、貯金や年金以外に、多少のリスクをとっても「おかね」を増やすことを考えなければいけません。絶賛発売中の書籍『一番売れてる月刊マネー雑誌ザイが作った 老後のおかねの教科書』では、「人生100年時代」を生き抜くために知っておきたい、限りある資金の活用術を紹介しています。今回の記事では、自分が100歳を迎えるまでの大まかな“おかねの設計図”を考えてみます!

「9月の株主優待」の中で、優待名人・桐谷広人さんが おすすめする2銘柄を紹介! QUOカードがもらえて、 利回りが高い「Eストアー」と「ティーガイア」が狙い目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「9月の株主優待」の中で、優待名人・桐谷広人さんがおすすめするのは「Eストアー(4304)」と「ティーガイア(3738)」! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の大特集は「【最強日本株】2019年・夏の陣」! 米中貿易摩擦の影響などで、日本株は波乱相場が続くと予想されるが、こんなときこそ「絶好の買い時」と見ているプロも多い。そこで、この特集では「2019年後半に儲けるための投資戦略」を紹介するほか、「10万円株」「5万円株」「高配当株」「大型株」「新興株」「10倍株」「株主優待株」などのジャンルで、今後注目すべき銘柄を取り上げている。今回はその中から、注目の「株主優待株」を2銘柄紹介! 銘柄を推奨してくれたのは、あの株主優待名人・桐谷広人さんだ。誌面では14種類のおすすめ株を取り上げているが、ここでは「9月末」に権利確定する2銘柄を抜粋するので、投資の参考にしてほしい!

“配当利回り5%以上”の高配当株で、今後も安定した 配当が期待できる2銘柄を紹介! 5G時代の覇者を狙う 「ソフトバンク」と、収益が安定している「JT」に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:配当利回り5%以上で、今後も安定した配当が期待できると、アナリストが評価する「高配当株」は、「ソフトバンク(9434)」と「JT(2914)」の2銘柄! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の大特集は「【最強日本株】2019年・夏の陣」! 今年後半の株式市場は波乱相場が続くと予想されるが、こんなときこそ「絶好の買い時」と見ているプロも多い。そこで、この特集では「2019年後半に儲けるための投資戦略」を紹介するほか、「10万円株」「5万円株」「高配当株」「大型株」「新興株」「10倍株」などのジャンルで、今後注目すべき銘柄を格付けして取り上げている。今回は「【最強日本株】2019年・夏の陣」特集の中から、アナリストが厳選した「高配当株」2銘柄を抜粋して紹介する!

ケーズホールディングス、株主優待を拡充して、配当 +優待利回り4%超に! ケーズデンキで使える優待券 がもらえるのが「年1回⇒年2回」になり、額面が2倍に - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ケーズホールディングス(8282)が株主優待を拡充することを、2019年8月20日に発表した。この株主優待の拡充は、2019年9月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。ケーズホールディングスの株主優待は、従来は3月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上を保有する株主に、保有株数に応じて、ケーズデンキグループ店舗での買い物に使える『株主優待券』を贈呈」というものだった。変更後も「株主優待券」がもらえる点に変わりはないが、株主優待の基準日が3月末の年1回から、3月末と9月末の年2回になる。(ケーズホールディングス、コード:8282、市場:東証1部)

エストラスト、QUOカードの株主優待を改悪も、配当 +優待利回りは3.77%の高利回りを維持! 優待でもら えるQUOカードの額面は2000円分⇒1000円分に半減 - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:エストラスト(3280)が、「QUOカード」の株主優待をする改悪することを、2019年8月19日に発表した。この株主優待の変更は、2020年2月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。エストラストの株主優待は、2月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を1年以上保有する株主に、『QUOカード』2000円分を贈呈」というものだった。変更後は、「100株以上を1年以上保有する株主に、『QUOカード』1000円分を贈呈」に変更される。(エストラスト、コード:3280、市場:東証1部)

モーニングスター、2019年9月末の株主優待を拡充! 仮想通貨「XRP」を贈呈する優待の実施とともに、中間 配当の増配も発表して、“11期連続増配”が現実的に! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:モーニングスター(4765)が、2019年9月末に株主優待を実施することを、2019年8月28日に発表した。モーニングスターは、従来は3月末時点の株主を対象に株主優待を実施しているが、今回発表されたのは、9月末時点の株主を対象とするもの。内容は「100株以上の株主に、仮想通貨『XRP』を30XRP(30単位)贈呈」となっている。なお、従来の株主優待の内容は「100株以上保有する株主に、保有株式数に応じた額面の自社サービスの無料購読クーポンや、グループ会社商品の無料引換券を贈呈」となっている。(モーニングスター、コード:4765、市場:JASDAQスタンダード)

日本フォームサービス、QUOカードの株主優待を廃止! 過去の決算虚偽があることが判明し、「特設注意市場 銘柄」に指定されているので、今後の取引には要注意 - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日本フォームサービス(7869)が「QUOカード」の株主優待を廃止すると、2019年8月28日に発表した。日本フォームサービスの株主優待は、9月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上の株主に『QUOカード』2000円分を贈呈」というものだった。しかし、2019年9月末の分から廃止される。(日本フォームサービス、コード:7869、市場:JASDAQスタンダード)

【9月の株主優待の内容と利回りを調査(2019年版)】 ヤマダ電機やANA、ラウンドワン、プリマハムなどの 人気銘柄に加えて高利回りのQUOカード優待も充実! - 株主優待「1月~12月のおすすめ銘柄」[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年9月のおすすめの株主優待の内容と最新情報を更新! 9月は、1年の中で2番目に株主優待銘柄数が多い月で、その数はなんと420銘柄以上! ヤマダ電機(9831)やANAホールディングス(9202)、プリマハム(2281)といった人気優待が多数揃っているほか、配当+株主優待利回りが4~5%を超える「QUOカード」の株主優待株も充実している。さらに、今回から優待を新設&拡充した銘柄も複数ある。この1年で株価が下落して、買いやすい水準になっている銘柄も少なくない。豊富な銘柄の中から、本当に欲しい株主優待を上手に獲得しよう!

“株価大化け”も狙える「5万円株」の中で、アナリストの イチオシ銘柄を紹介! 増収増益&増配を続ける「三菱 UFJリース」、株主還元に積極的な「いちご」に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:わずか「5万円」台で買えるのに、“株価大化け”が期待できる2銘柄を紹介! アナリストが業績&成長性を認めるイチオシの「5万円株」は、「いちご(2337)」と「三菱UFJリース(8593)」! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の大特集は「【最強日本株】2019年・夏の陣」! 米中貿易摩擦の影響などで、日本株は波乱相場が続くと予想されるが、こんなときこそ「絶好の買い時」と見ているプロも多い。そこで、この特集では「2019年後半に儲けるための投資戦略」を紹介するほか、「10万円株」「5万円株」「高配当株」「大型株」「新興株」「10倍株」などのジャンルで、今後注目すべき銘柄を取り上げている。今回はその中から、「5万円株」の注目株を2銘柄紹介!「5万円株」は初心者でも手軽に買えるほか、複数銘柄への分散投資もしやすいので、ぜひチェックを!

ウェルス・マネジメント(3772)、株主優待を2年ぶりに 再開! 高級ホテル「京都悠洛ホテル Mギャラリー」 などで使える「優待券」を300株以上の株主に贈呈へ - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ウェルス・マネジメント(3772)が、2017年9月末をもって廃止していた株主優待制度を再開することを、2019年8月27日に発表した。ウェルス・マネジメントの株主優待は、廃止前は3月末と9月末時点の株主に「UCギフトカード」が贈呈されていたが、再開後には内容がガラリと変更され、「9月末時点で300株以上の株主に、グループ会社の運営ホテルで利用可能な『株主優待券』5000円分を贈呈。1000株以上の株主に、『株主優待券』2万円分を贈呈」となる。(ウェルス・マネジメント、コード:3772、市場:東証2部)

2020年3月期に“業績の上方修正”が期待できる3銘柄 を紹介! 第1四半期決算で営業利益の「進捗率」が30% 超の「弁護士ドットコム」「カプコン」などに注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:第1四半期時点で、営業利益の「進捗率」が高く、今後“業績の上方修正”が期待できる「高進捗率株」の3銘柄を紹介!「高進捗率株」の中でも、アナリストが注目するのは「弁護士ドットコム(6027)」「ピー・シー・エー(9629)」「カプコン(9697)」の3銘柄! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号では、「最新決算でわかった好スタート株12銘柄」を掲載! 2019年7月には、2020年2月期決算の企業や、3月期決算の企業の多くが、第1四半期(4~6月期)の決算を発表した。この特集では、主要銘柄の第1四半期決算の結果を速報で伝えるほか、人気20銘柄に対し「強気」「中立」など、アナリストの投資判断も掲載。また、第1四半期決算の結果から、増収増益で営業利益率も上昇した「業績加速株」や、増収増益で業績の進捗率も高い「高進捗率株」をピックアップし、先行きが不透明な相場でも上昇が期待できる“好スタート株”として紹介している。特集では、注目すべき「業績加速株」を6銘柄、「高進捗率株」を6銘柄取り上げているが、ここでは「高進捗率株」を3銘柄抜粋して紹介する! 注目が集まる前に目をつけて、“先回り買い”をしたい人におすすめだ!

[←前のページ][→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.