投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


アドソル日進(3837)、10期連続の「増配」を発表して 年間配当額は10年で13倍に! 2020年3月期は前期比 で3円増配の「1株あたり31円」、配当利回り1.7%に! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:アドソル日進(3837)が10期連続となる増配を発表し、年間配当額は10年で13倍になり、配当利回りは1.70%に! アドソル日進(3837)は、2020年3月期の配当予想を前回予想比で「3円」の増配となる「1株あたり31円」と発表した。前期比では「4円」の増配予想となる。配当利回りは1.53%⇒1.70%にアップした。アドソル日進は2020年3月期で”10期連続増配”となる見込みで、今回の増配により、年間配当額は10年間で13倍以上になる。また、この間に株価は15倍にまで上昇している。アドソル日進は今回の増配と同時に業績予想の上方修正も発表しており、「配当性向35%以上」という利益還元方針に従って「増配」となった形だ。(アドソル日進、コード:3837、市場:東証1部)

丹青社(9743)、9期連続の「増配」を発表し、配当 利回りは5%超に! 年間配当額は連続増配が始まった 7年前の“21倍”に増えて「1株あたり44円」にアップ! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:丹青社(9743)が増配予想を発表して、配当利回り5.21%に! 丹青社(9743)は2021年1月期の配当(予想)を発表し、前期比「2円」の増配で「9期連続増配」の見通しとなった。配当利回りは4.97%⇒5.21%にアップ。丹青社の2021年1月期の配当予想は「1株あたり44円」で、2020年1月期の「1株あたり42円」より「2円」の増配となる見込み。丹青社は「収益の状況に応じた配当を行うことを基本」としており、年間配当額の背景には2021年1月期の増収増益予想がある。ただし、2021年1月期の業績予想には「新型コロナウイルス感染症拡大による影響」は織り込んでいないとのこと。(丹青社、コード:9743、市場:東証1部)

丹青社(9743)、8期連続となる「増配」を発表して、 配当利回り4.4%にアップ! 年間配当額は連続増配が 始まった2012年の20倍に増えて「1株あたり42円」に - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:丹青社(9743)が増配を発表し、配当利回りが4.41%に! 丹青社(9743)は、2020年1月期の配当予想を前回予想比で「2円」の増配となる「1株あたり42円」と発表した。前期比では「4円」の増配予想となる。配当利回りは4.20%⇒4.41%にアップした。丹青社は今回の増配の理由を、「2020年1月期の通期連結業績予想が利益面において前回予想を上回る見通しであるため」としている。丹青社は連続増配を続けており、2020年1月期の段階で8期連続増配を達成する見通しだ。また、年間配当額は8年前の「1株あたり2.05円」から「1株あたり42円」へと、約20倍にまで増加する見込み。(丹青社、コード:9743、市場:東証1部)

積水ハウス(1928)、"9期連続増配"予想を発表して、 利回り4%超に! 2021年1月期は前期比6円の増配で 「1株あたり86円」、配当額は9年前の4.3倍にアップ! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:積水ハウス(1928)が増配予想を発表して、配当利回り4.07%に! 積水ハウス(1928)は、2021年1月期の配当(予想)を発表し、前期比「6円」の増配で「9期連続増配」の見通しとなった。配当利回りは3.83%⇒4.07%にアップ。積水ハウスの2021年1月期の配当予想は「1株あたり86円」で、2020年1月期の「1株あたり81円」より「5円」の増配となる見込み。積水ハウスは「第5次中期経営計画」の中で、「中期的な平均配当性向を40%以上とし、継続的な配当成長を目指すとともに、機動的な自己株式取得の実施により株主価値向上を図ります。」と述べており、引き続き増配路線を維持していく構え。(積水ハウス、コード:1928、市場:東証1部、名証1部)

シュッピン(3179)、8期連続の「増配」を発表して、 配当は8年前の12倍超に! 2020年3月期は前期比2円 の増配で「1株あたり16円」になり、利回り1.98%に - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:シュッピン(3179)が8期連続となる増配を発表! シュッピン(3179)は2020年3月期の配当予想を前期比「横ばい」の「1株あたり14円」から「1株あたり16円」に修正し、前期比で「増配」となることを発表した。これにより、シュッピンの連続増配記録は8期となる見通し。配当利回りも上昇し、1.98%となる。シュッピンは上場以来、増配を続けており、1株あたり配当金は過去8年で12.8倍にまで成長。さらにシュッピンは「25~35%の配当性向を当面の基準とし、将来的には更なる積極的な利益還元を行う方針」を掲げている。シュッピンは少額で購入できる「10万円株」で、株主優待も魅力的。(シュッピン、コード:3179、市場:東証1部)

来期(2021年3月期)で「5期以上」連続増配の予想で、 “増配率”が高い上位5銘柄を公開! アナリストが注目 するのはチャーム・ケア・コーポレーション(6062)! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「5期以上」連続増配を来期(2021年3月期)に達成する銘柄の中で、“増配率”が高い銘柄のベスト5位を発表! その中でも、アナリストが特に注目するのは、老人ホームを展開するチャーム・ケア・コーポレーション(6062)! 発売中のダイヤモンド・ザイ4月号には、四半期ごとの恒例特集「最新決算&アナリスト予想でわかった来期も絶好調な株28」を掲載! この特集では、最新の四半期決算の結果をアナリストに分析してもらい、個人投資家に人気の20銘柄を「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価。加えて「好業績株」「テーマ株」といったジャンル別で注目の銘柄をピックアップするほか、アナリストの“来期予想”を基に「来期配当利回りが高くなりそうな株」や「来期以降も連続増配が続きそうな株」を紹介している。今回は、この特集から「来期以降も連続増配が続きそうな株」の記事を抜粋。誌面では、来期も連続増配しそうで、なおかつ4期前から見た「増配率(=どれだけ配当が増えたかを表す指標)」が高い銘柄をランキング形式で30位まで紹介している。さらに、アナリストが推奨する連続増配株も6銘柄公開!ここでは、ランキング上位5位までの結果と、アナリスト推奨の1銘柄をピックアップしてみよう!

ユニ・チャーム(8113)、「増配」予想を発表して、 “19期連続増配”の見通しに! 2020年12月期の配当は 前期比「4円」の増配で「1株あたり32円」の見込み! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ユニ・チャーム(8113)は、2020年12月期の配当(予想)を発表し、前期比「4円」の増配で「19期連続増配」の見通しとなった。ユニ・チャームの2020年12月期の配当予想は「1株あたり32円」で、2019年12月期の「1株あたり28円」より「4円」の増配となる見込み。ユニ・チャームの年間配当額は2003年3月期から2020年12月期までの19期で、「1株あたり2.2円」から「1株あたり32円」まで、約15倍に増額することになる。配当利回りは0.85%と低め。ユニ・チャームは配当政策として「配当の安定的かつ継続的な増額」を掲げている。(ユニ・チャーム、コード:8113、市場:東証1部)

JT(日本たばこ産業)、連続増配は「16期」でストップも 配当利回りは6.59%を維持! 2020年12月期の配当は 「1株あたり154円」の予想で、前期比“横ばい”予想に! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:JT(2914)が開示した2020年12月期の配当予想は前期比「横ばい」で、連続増配記録が“16期”でストップ! 2020年2月6日にJTが発表した2020年12月期の配当予想は前期と同額の「1株あたり154円」で、16期続いた連続増配記録はストップする見込み。連続増配を続けてきたJTは連結配当性向が高い水準にあるものの、経営計画2020によると「当期利益には不確実性が残るものの、1株当たり配当⾦は安定性を重視し154円を予定」したとのこと。配当利回りは6.59%。業績予想で営業利益や当期利益が前期比でマイナスとなることや、連続増配がストップしたことを嫌気してか、夜間取引(PTS取引)では株価が下落している。(JT、コード:2914、市場:東証1部)

AGC(5201)、増配予想の発表により「4期連続増配」、 配当利回り3.48%に! 2020年12月期の配当は前期比 「10円」の増配となる見通しで「1株あたり130円」に! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:AGC(5201)が、2020年12月期の配当予想を発表して、「4期連続増配」の見通しで配当利回り3.89%に! AGCの2020年12月期の配当は、2019年12月期の「1株あたり120円」より「10円」の増配となる「1株あたり130円」の予想に。これが予想通りに行われれば4期連続の増配となる。なお、AGCは配当政策で「現在の1株当たり年間配当額以上の継続を基本」としている。(AGC、コード:5201、市場:東証1部)

花王(4452)、増配を発表して「31期連続増配」予想! 2020年12月期の配当予想は前期比「10円」の増配で 「1株あたり140円」となり、配当利回り1.59%に! - 配当【増配・減配】最新ニュース!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:花王(4452)が、2020年12月期の配当予想を発表して、前期比「10円」の増配で「31期連続増配」の見通しになり、日本株最長の「連続増配記録」を更新へ! 花王の2020年12月期の配当予想は「1株あたり140円」で、2019年12月期の「1株あたり130円」より「10円」の増配になることが発表された。だったが、業績予想の上方修正に伴って「15円」の増配を発表。これにより、配当利回りは1.59%にアップすることになる。(花王、コード:4452、市場:東証1部)

株主優待株や増配株で稼ぐ“コツコツ”投資家4人が投資 成績や保有銘柄を告白! 投資するタイミングのほか、 優待株のメリットや高配当株に潜むリスクなどを解説 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株主優待や配当に注目して資産1億円以上を築いた“コツコツ”投資家に昨年の成績や保有銘柄を直撃! 優待株に投資するメリットや高配当株に投資するリスクなど、株初心者は必読! 発売中のダイヤモンド・ザイ3月号には、スペシャル企画「2020年の勝ち戦略を語る! 億り人の【新年座談会】」を掲載! 資産1億円を超えるスゴ腕の個人投資家たちに、2019年の投資成績を振り返ってもらったほか、2020年の投資戦略についても、じっくり語り合ってもらっている。今回はその一部を抜粋しよう!

減配リスクの低い「10年配当株」で、アナリスト推奨 の2銘柄を紹介! リーマンショックも乗り越えて20年 以上減配ナシのアサヒグループHDやアズビルに注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「減配」や「株価急落」のリスクが低い「10年配当株」で、注目すべきは「アサヒグループホールディングス(2502)」と「アズビル(6845)」! 発売中のダイヤモンド・ザイ2020年1月号の大特集は、「何歳からでも始められる【高配当株】で、あんしん老後」! 「老後に年金収入しかない状態は不安……」と感じるのなら、配当や分配金がもらえる金融商品を保有し、副収入(=じぶん年金)が得られる体制を整えたい。今回は、「じぶん年金」づくりに適した「10年配当株」の注目銘柄を紹介!

“連続増配”中で、業績も好調なおすすめ2銘柄を紹介! 14期連続増配の「ハマキョウレックス」と、13期連続増 配の「コシダカホールディングス」は株価上昇も期待! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「連続増配」株でアナリストが注目するのは、14期「連続増配」のハマキョウレックス(9037)や、13期「連続増配」のコシダカホールディングス(2157)! 発売中のダイヤモンド・ザイ2020年1月号の大特集は、「何歳からでも始められる【高配当株】で、あんしん老後」! 特集では高配当株などで年金を補う副収入(じぶん年金)を確保する方法や、おすすめの投資対象を紹介。ここでは、その中から注目の「連続増配」株をピックアップ!

配当利回り3%以上と高く、業績や財務も良好な大型株 &中小型株を紹介! 18期連続で増配している大型株の 「KDDI」、5期連続増配の中小型株「熊谷組」に注目 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:高配当でありながら、業績&財務も優良な大型株「KDDI(9433)」と中小型株「熊谷組(1861)」は、“じぶん年金”のポートフォリオに加えたい有力候補! 発売中のダイヤモンド・ザイ2020年1月号の大特集は、「何歳からでも始められる【高配当株】で、あんしん老後」! 「老後に年金収入しかない状態は不安……」と感じるのなら、配当や分配金がもらえる金融商品を保有し、副収入(=じぶん年金)が得られる体制を整えたい。この特集では、じぶん年金づくりに役立つ高利回りな金融商品を紹介している。今回はこの特集から、業績や財務の優良な高配当株を2銘柄紹介!

“じぶん年金”として、配当や分配金を毎月受け取れる 「日本株+米国株+Jリート」の組み合わせ方を紹介! 来年1月に権利確定する好業績な高配当株もチェック! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:配当や分配金が毎月受け取れる「じぶん年金」をつくるための具体的なポートフォリオや、2020年1月に権利確定する注目の高配当2銘柄を紹介! 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ2020年1月号の大特集「何歳からでも始められる【高配当株】で、あんしん老後」と、別冊付録「毎月配当カレンダー」から一部を抜粋。配当や分配金で、年金がもらえない月も収入を確保するコツや、プランの実例も紹介しているので、ぜひチェックを!

今回は、本誌の大特集と別冊付録の一部を抜粋。配当金・分配金で毎月収入を確保するコツや、1月に権利確定する注目の高配当株を紹介するので、「じぶん年金」作りを始めたい人は参考にしてほしい!

高配当で業績も財務も良好な“優良な高配当株”2銘柄を 紹介! 配当利回りが4.1%の「コマツ」、3.3%の「日本 空調サービス」は“増配”でさらなる利回り上昇も期待! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:配当利回りが高いだけでなく、業績や財務も良好な「優良な高配当株」としてアナリストが注目するのは、コマツ(6301)と日本空調サービス(4658)! 発売中のダイヤモンド・ザイ2020年1月号の大特集は、「何歳からでも始められる【高配当株】で、あんしん老後」! 年金や老後資金の不足を補うために役立つ 「配当利回りが高い株」や、業績が安定していて「連続で増配している株」、利回りの高さに定評のある「J-REIT」「米国株」などのおすすめ銘柄を紹介している。ここでは「日本株の高配当株」の銘柄選びのポイントや、おすすめの2銘柄を抜粋!

ダイヤモンド・ザイ2020年1月号は大特集「増配株・ 高配当株で“じぶん年金”を手に入れる」や「勝率9割を 狙う IPOの申し込み&売買ワザ」など注目記事が満載 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:発売中のダイヤモンド・ザイ2020年1月号の大特集は、「何歳からでも始められる【増配株&高配当株】で、あんしん老後」! 巻頭特集は「年金生活のリアル 金持ち老後と貧乏老後の差を徹底解剖」など、盛りだくさんの内容です! 第2特集「勝率9割を狙う!IPO(新規公開株)の仕組み化トレード術」など、今月もダイヤモンド・ザイでしか読むことのできない「お金」の情報が満載です!

老後資金は高配当株やJ-REITを活用する“じぶん年金” で補おう! 平均「月6万円」が不足する老後資金を補う には、配当や分配金がもらえる金融商品で運用しよう - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:老後の年金が不安なら、高配当株などで「じぶん年金」を確保しよう! 11月21日に発売されるダイヤモンド・ザイ2020年1月号の大特集は、「何歳からでも始められる【高配当株】で、あんしん老後」! 「老後に年金収入しかない状態は不安……」と感じるのなら、配当や分配金がもらえる金融商品を保有し、副収入(=じぶん年金)が得られる体制を整えたい。今回は「じぶん年金」のプランの立て方を抜粋! 金融商品の選び方や、現金化のタイミングなども紹介するので、参考にしてほしい!

米国株の中で“連続増配が10年以上”で、業績も好調な 「高配当株」2銘柄を紹介! 連続増配57年目の「コカ・コ ーラ」、連続増配13年目の「デーク・エナジー」に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国株の高配当株のうち、「安定した収益を出している大企業」で、「10年以上も連続増配中」の2大条件を満たす注目株は「コカ・コーラ(KO)」と「デューク・エナジー(DUK)」!発売中のダイヤモンド・ザイ11月号には、別冊付録「いま買いの『米国株』100」が付いてくる! この付録では、米国株の強みを紹介するほか、「大型優良株」「高配当株」「10倍株」などのジャンル別に、注目銘柄を合計100種類も取り上げているので、日本株だけでなく米国株にも投資したい人は必見だ。今回は別冊付録の中から、「高配当株」と位置付けられる米国株で、特に注目の2銘柄を抜粋! 株主還元に積極的な銘柄の多い米国株市場には、10年以上増配を続けている銘柄も多い。今回紹介する2銘柄も連続増配中で、なおかつ業績も安定しているので、長期で配当収入を狙っていきたい人は、ぜひチェックしてほしい。

2019年・秋の「おすすめのテーマ株」21銘柄を紹介! 「10年継続配当」「キャッシュレス関連」「上方修正 期待」の3大テーマでアナリストが注目する銘柄とは? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年・秋に注目したい3つの「投資テーマ」に該当し、アナリストが「買い」「強気」と評価した21銘柄をピックアップ! 定番の「高配当」「好業績」銘柄に加えて、今秋の一大イベント・消費税の増税に関連する銘柄も要チェック! 9月21日に発売されるダイヤモンド・ザイ11月号は、恒例の特集「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定! 人気の株500【激辛診断】」の2019年・秋版を掲載! 日本株で注目度の高い人気500銘柄を、アナリストなどの投資のプロが、さまざまな視点から厳しく判定し、「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価している。今回はその中から、今のマーケットで注目されている3つの投資テーマに関連する銘柄のうち、「買い」「強気」と評価された”おすすめ銘柄”を、7銘柄ずつ(計21銘柄)紹介! 投資の参考にしてみてほしい(銘柄診断は、アナリストなど20名から構成された「ダイヤモンド・ザイ人気500銘柄分析チーム」が担当)。

[←前のページ][→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.