投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


【マネックス証券「つみたてNISA」のメリットは?】 「つみたてNISA」対象の投資信託が114本もあり、 初心者も安心の資産設計アドバイスツールが使える! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マネックス証券の「つみたてNISA(積立NISA)」のおすすめポイントを紹介! マネックス証券の「つみたてNISA」なら、商品ラインナップが110本以上と豊富!原則100円から投資信託を購入できるので、投資資金が潤沢ではない人も始めやすい。また、マネックス証券の資産設計アドバイスツール<MONEX VISION β>でも「つみたてNISA」のポートフォリオを管理・分析でき、さらに理想的なポートフォリオを実現するためのおすすめ商品のアドバイスももらえて便利!

「つみたてNISA」を始めるときの注意点を解説! 従来の「NISA」から「つみたてNISA」に切り替える ときや実際の運用時に押さえておきたいポイントは? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」に関する、意外と知らない、あるいは誤解しやすい活用の注意点を紹介!「つみたてNISA」を始めるにあたって、従来の「NISA」から切り替える場合や、運用に際して、押さえておくべきポイントがいくつかあります。特に従来の「NISA」を活用している人は、「つみたてNISA」に切り替えた方は、「NISA」の資産がどんな扱いになるのか心配だったり、再び「NISA」を活用できるのかどうかが気になったりしているかもしれません。そこで今回は、「つみたてNISA」に関する様々な注意点を解説していきます!

【SBI証券「つみたてNISA」口座のメリットは?】 「つみたてNISA」対象の投資信託の取扱数が126本と 金融機関で最も充実しているのがSBI証券の魅力! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:SBI証券のつみたてNISA(積立NISA)のおすすめポイントを紹介! SBI証券のつみたてNISAなら、商品ラインナップが金融機関のなかで最多、魅力ある商品が豊富! そのほか、毎月積立だけでなく、毎週積立や毎日積立もできて、きめ細かく“時間分散投資”が可能なのも魅力。ここでは、SBI証券のつみたてNISAで取り扱っている投資信託を一覧で紹介しよう!

「つみたてNISA」で老後資金を賢く作る方法とは? 長期で資産を増やすための商品選び&運用のコツと、 自営業・会社員それぞれにおすすめの活用法を紹介! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」を活用して老後資金を賢く作る方法を紹介! 「つみたてNISA」には、20年という長い非課税投資期間があり、老後資金作りに役立てられる制度です。では、どのように活用すれば、賢く積み立てることができるのでしょうか?「つみたてNISA」を始めるのにおすすめな自営業者や会社員、50代半ば以降の人向けに、商品選びと運用のコツを紹介します。

つみたてNISA(積立NISA)のアクティブ型投信を 騰落率ランキングですべて紹介! 信託報酬の安さや 取り扱いのある金融機関に注目して商品を選ぼう! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:つみたてNISA(積立NISA:積立型の少額投資非課税制度)」で取り扱われるアクティブ型投資信託15本を紹介!「つみたてNISA」の対象となる商品は、金融庁が定めた一定の条件を満たした「投資信託」と「ETF」のみ。2017年12月18日時点では、「インデックス型投資信託」が117本、「アクティブ型投資信託」15本、「ETF(上場株式投資信託)」3本がその対象商品に選ばれている。ここでは、「株式型(国内・世界・米国・欧州)」と「バランス型」の投資信託にわけ、すべての商品を「過去5年の騰落率の大きい順」にランキングして紹介! それぞれの商品の信託報酬や運用内容、取り扱いのある金融機関をチェックして、購入する商品を厳選使用!

つみたてNISA(積立NISA)のインデックス型投信の 中で、信託報酬の安い商品を厳選して紹介! 騰落率や 取り扱いのある金融機関にも注目して商品を選ぼう! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA(積立NISA:積立型の少額投資非課税制度)」で取り扱われるインデックス型投資信託117本を一覧で紹介!(2017年12月18
日時点)「つみたてNISA」の対象となる商品は、金融庁が定めた一定の条件を満たした「投資信託」と「ETF」のみになる。2017年12月18日時点では、「インデックス型投資信託」が117本、「アクティブ型投資信託」15本、「ETF(上場株式投資信託)」3本がその対象商品に選ばれている。ここでは、「つみたてNISA」の対象商品となっている「インデックス型投資信託」117本を取り扱う金融機関や過去の騰落率を一覧で紹介していこう!

つみたてNISA(積立NISA)対象商品を一覧で紹介! インデックス型投資信託とアクティブ型投資信託、 ETFの取り扱い金融機関や信託報酬、騰落率に注目! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA(積立NISA)」で取り扱われる対象商品135本を一覧で紹介!(2017年12月18日時点)「つみたてNISA」の対象となる商品は、金融庁が定めた一定の条件を満たした「投資信託」と「ETF」のみになる。2017年12月18日時点では、「インデックス型投資信託」が117本、「アクティブ型投資信託」15本、「ETF(上場株式投資信託)」3本がその対象商品に選ばれている。ここでは、「つみたてNISA」の対象商品を、過去の騰落率や商品の特徴も交えながら、一覧で紹介していこう!

【つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較】 「取扱商品の本数」を比較して選ぶ! 投資信託&ETFが多い「つみたてNISA」の金融機関 - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA(積立NISA)」の取扱商品数が多い、おすすめの金融機関を紹介! 「つみたてNISA」の対象商品は、金融庁が示した一定の要件を満たす「投資信託」と「ETF(上場株式投資信託)」のみ。これらの商品の取扱本数は、金融機関によってまちまち。「つみたてNISA」口座を開設した金融機関で、自分が買いたいと思っていた商品を取り扱っていないこともあるので、注意が必要だ。「つみたてNISA」は最初の金融機関の選びが重要になるため、「取扱商品数」の多い金融機関にも着目しながら、慎重に「つみたてNISA」口座を開く金融機関を選ぼう!

「つみたてNISA」口座開設の手順をやさしく解説! 投資未経験者や従来のNISAから移行する人など、 人によって異なる口座開設までの流れとポイントは? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」口座の金融機関での開設までの手順をわかりやすく解説!「つみたてNISA」を利用して投資信託・ETFの積立を行うには、「つみたてNISA」の取り扱い金融機関で専用口座を開設する必要があります。口座開設は決して難しい手続きではありませんが、投資初心者はその前の「総合口座開設」の段階で戸惑うことがあるかもしれません。また、すでに従来の「NISA」を利用している人は、移行手続きで注意すべきポイントがあります。

「つみたてNISA」の金融機関の選び方を解説! 手数料、取扱商品の数、引き落とし方法で比較した 投資初心者と経験者で異なる選び方のポイントとは? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」の金融機関の選び方を投資初心者、経験者に分けて解説!2018年1月の開始が目前に迫って来た「つみたてNISA(積立型の少額投資非課税制度)」。利用するには、「つみたてNISA」を扱っている金融機関で専用口座を開設する必要があります。開設できるのは一人一口座のみ。では、どのような基準で「つみたてNISA」の口座を開く金融機関を選べばよいのでしょうか? 今回は、上手な口座選びのポイントについてお話しします。

「つみたてNISA」と従来の「NISA」、迷ったときは どちらを選ぶべき? 併用できない2つのNISAの違い と適切な「つみたてNISA」への移行のタイミングは? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA(積立NISA)」と従来の「NISA」は、基本的に併用はできません。となると、気になるのはどっちの制度を選んだほうがよいのか、ということでしょう。今回は、「つみたてNISA(積立NISA)」と従来の「NISA」の違いを改めて見ていくとともに、それぞれの制度に向いているのはどんな人か、また従来の「NISA」から「つみたてNISA」に移行する場合の注意点や手続きについてお話したいと思います。

つみたてNISAに向いている人、向いていない人は? 「iDeCo」より「つみたてNISA」を活用すべき人と、 「つみたてNISA」を絶対に使ってはいけない人とは? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA(積立NISA)」を利用したほうがいい人、「つみたてNISA」より従来のNISAやiDeCoを利用したほうがいい人を解説!「つみたてNISA」は、年間40万円までの積立投資による運用益がすべて非課税になる、新しいタイプのNISA(少額投資非課税制度)です。いよいよ「つみたてNISA」がスタートする2018年1月が近づいてきて、「つみたてNISA」を利用すべきかどうか、悩んでいる人は少なくないでしょう。ただ、「つみたてNISA」にまったく向いていないという人はあまりいません。では、どんな人であれば、より「つみたてNISA」のメリットを享受できるのでしょうか?

「つみたてNISA」のメリット、デメリットを解説! 対象商品が厳選されて投資初心者も始めやすい一方、 年間の投資限度額が少ないなどデメリットに要注意! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」のメリット、デメリットをわかりやすく解説! 2018年1月からスタートする「つみたてNISA」は、積立投資専用の新しいタイプの「NISA」です。「NISA」という名前が付いていることからわかるように、従来の「NISA」同様、投資によって得られた運用益はすべて非課税になるというのがメリットです。しかし、「つみたてNISA」には投資初心者が始めやすい仕組みになっているなど、独自のメリットがたくさんあります。一方で、「つみたてNISA」にはデメリットや注意すべき点もあります。積立投資を始めた後で「こんなはずではなかった」とならないように、口座開設の前にメリットとデメリットをきちんと理解しておきましょう。

つみたてNISAが投資初心者に向いている理由とは? 従来の「NISA」や「iDeCo」と比較してわかった 「つみたてNISA」を上手に活用する方法を紹介! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」のポイントを、現行の「NISA」や「ジュニアNISA」、個人型確定拠出年金の「iDeCo」などとの違いに注目しながら、投資初心者の方にもわかりやすく解説! 2018年1月から、現行の「NISA(少額投資非課税制度)」に加えて、新たに「つみたてNISA(積立NISA)」がスタートします。「つみたてNISA」には、従来の「NISA」にはないメリットや魅力があります。そこで今回は、現行の「NISA」や「ジュニアNISA」、個人型確定拠出年金の「iDeCo」などとの違いに注目しながら、「つみたてNISA」のポイントを投資初心者の方にもわかりやすくお話したいと思います。

つみたてNISA(積立NISA)を始めるなら、おすすめの 証券会社はココだ!手数料や投資信託の取扱数などで 比較した「つみたてNISA」のおすすめ証券会社とは? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年1月からスタートする「つみたてNISA(積立NISA)」、おすすめの金融機関は? つみたてNISA(ニーサ)とは、積立型の「少額投資非課税制度」のことで、通常は約20%の税金がかかる「株式や投資信託などの譲渡益(運用益)や配当」が、毎年40万円を上限に、最長20年間はつみたてNISA口座で購入する株式投資信託やETFの運用利益が非課税になるお得な制度だ。つみたてNISA口座は一度開設すると1年間は金融機関を変更することができないため、どの金融機関(証券会社や銀行)でつみたてNISA口座を開設するかは、重要なポイントになる。

住宅ローン申し込みで、入力項目は全部埋めるべき? 借り換え手続きでよくある「4つの疑問」とは - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの借り換え手続きは面倒なことがいっぱいです。手続きには、「現在の契約の把握」「住宅ローン選び」「必要な資料の収集」「申し込み・契約手続き」といった4つの山場があり、悩んだり、迷うことも多いでしょう。そこで、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんが、住宅ローン借り換え手続き中に、困っている人、悩んでいる人の相談に乗ってくれました。

[←前のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.