Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: つみたてNISA

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


スマホで投資信託を買いやすい証券会社9社のサービス 比較! 初心者におすすめのLINE証券、tsumiki証券、 スマホ専用サイトをオープンしたSBI証券などに注目 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:スマホで投資信託を買うときに、おすすめの証券会社とは? 主要な証券会社&新規参入組の“スマホの投資信託サービス”を徹底比較! ダイヤモンド・ザイ5月号は、特集「いつでもできる手のひら投資【スマホで投資信託】」を掲載! 最近、多くの証券会社が、スマホで投資信託を買いやすい環境を整備している。スマホでの投資信託の取引は、株やFX(外国為替証拠金取引)に後れを取っていただけに、投資信託メインで資産運用をしている投資家にとっては朗報だろう。しかし、そのサービス内容は証券会社ごとに異なっており、当然使い勝手の良し悪しにも差がある。そこで、特集「いつでもできる手のひら投資【スマホで投資信託】」では、主要な証券会社&新規参入組9社のスマホの投資信託サービスを比較。どんな人にどんな証券会社が適しているかを紹介するほか、スマホで投資信託を買う手順も解説しているので、相場の急落が続いて基準価額の安い投資信託の増えている今こそ、投資を始めようと考えている初心者も必見だ! 今回はこの特集から、証券会社9社のスマホの投資信託サービスを比較した一覧表を抜粋! 証券会社選びの参考にしてほしい。

「つみたてNISA」でおすすめの「バランス型」投信2銘柄 を紹介!1本で幅広く分散投資ができる「バランス型」 投資信託の特徴と選び方、プロ推薦の銘柄はこれ! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」で投資すべき投資信託は?「バランス型」投資信託の特徴と選び方をお金のプロがわかりやすく解説。「リバランス」を自動でしてくれる人気の「バランス型」ファンド。運用益にかかる税金がゼロになるお得な制度「つみたてNISA」で資産を増やそう!

“じぶん年金”を運用するためのベストな金融機関は? 「一般NISA」「つみたてNISA」「iDeCo」の投信の充実度 や手数料などを比較して「おすすめ金融機関」を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:“じぶん年金”を有利に運用できる、おすすめの金融機関は?「一般NISA」「つみたてNISA」「iDeCo」の3つの口座の金融商品の充実度、手数料を比較して、おすすめの金融機関を解説! 発売中のダイヤモンド・ザイ4月号には、特集「つみたてNISAとiDeCoだけ!【じぶん年金】計画」を掲載! この特集では、「45歳から2000万円を作る」パターンと、「60歳から手持ちの1000万円の資金を長持ちさせる」パターンを想定し、節税効果がある「つみたてNISA」と「iDeCo(個人型確定拠出年金)」を活用して、無理なく“じぶん年金”を準備する方法を紹介している。今回は特集の中から、ネット証券など、金融機関9社の「一般NISA」「つみたてNISA」「iDeCo」の商品充実度・コスト・サービスを比較した一覧表を抜粋! これから「NISA」や「iDeCo」を始める人は参考にしてほしい。

「新NISA」と「つみたてNISA」の3つの変更点を解説! 2024年以降の「制度の5年延長」「一般NISAが2階建て に」「ジュニアNISA廃止」など、NISAの変更点を紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2024年に制度が始まる「新NISA」や、期間延長の「つみたてNISA」など、「NISA」制度の変更点を3つのポイントに絞って解説! 発売中のダイヤモンド・ザイ4月号には、特集「つみたてNISAとiDeCoだけ!【じぶん年金】計画」を掲載! この特集では、「45歳から2000万円を作る」パターンと、「60歳から手持ちの1000万円の資金を長持ちさせる」パターンを想定し、節税効果がある「つみたてNISA」と「iDeCo(個人型確定拠出年金)」を活用して、無理なく“じぶん年金”を準備する方法を紹介している。今回は、特集の中のコラム「『NISA』&『iDeCo』の制度変更をわかりやすく解説!」を抜粋。2019年の年末に発表された「令和2年度税制改正大綱」によると、「一般NISA」や「つみたてNISA」「iDeCo」は、一部制度が変更となる見通しだ。コラムでは、変更のポイントをわかりやすく解説しており、「NISA」などを活用して投資している人、これから投資したい人なら必見。ここでは、「一般NISA」と「つみたてNISA」の変更点を紹介していこう!

60歳で「老後資金2000万円」が貯まっていないときは どうする?「つみたてNISA」でリスクを抑えて“じぶん 年金”を運用し、老後資金を長持ちさせる方法を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:60歳になったのに、老後資金が2000万円に届いていない! そんなときは、定年後もなるべく長く働きつつ、手元の資金を「つみたてNISA」で運用しよう! 発売中のダイヤモンド・ザイ4月号には、特集「つみたてNISAとiDeCoだけ!【じぶん年金】計画」を掲載! この特集では、「45歳から2000万円を作る」パターンと、「60歳から手持ちの1000万円の資金を長持ちさせる」パターンを想定し、節税効果がある「つみたてNISA」と「iDeCo(個人型確定拠出年金)」を活用して、無理なく“じぶん年金”を準備する方法を紹介している。今回は、特集の中から「60歳から手持ちの1000万円の資金を長持ちさせる」パターンで、最初に心掛けるべき“3つの基本方針”抜粋! 1000万円を全額投じて、短期で資金を増やそうとするのはリスキーだが、ここで紹介する基本方針を参考にすれば、無理なく堅実に資金を長持ちさせられる。「定年を控えているが、老後資金が心もとない」という人は、参考にしてほしい!

老後資金2000万円を45歳からの20年で用意する方法 を伝授!「つみたてNISA」で3万3333円、「iDeCo」で 2万3000円を積み立てる“じぶん年金”の具体例を紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「老後資金2000万円」を45歳からの20年間で準備するには、毎月いくら積み立てればいいのか?「つみたてNISA」と「iDeCo」を活用して“じぶん年金”を作る運用シミュレーションを公開! 発売中のダイヤモンド・ザイ4月号には、特集「つみたてNISAとiDeCoだけ!【じぶん年金】計画」を掲載! この特集では、「45歳から夫婦で2000万円を作る」パターンと、「60歳から、手持ちの1000万円の資金を長持ちさせる」パターンを想定し、節税効果がある「つみたてNISA」と「iDeCo(個人型確定拠出年金)」を活用して、無理なく“じぶん年金”を準備する方法を紹介している。今回は、特集の中から「45歳から夫婦で2000万円を作る」パターンの運用シミュレーションを抜粋! つみたてNISAとiDeCoだけで20年かけて資金を準備する場合、毎月どれだけの金額を拠出すればいいか、目安の金額を紹介しているので、“じぶん年金”に興味を持っている人は参考にしてほしい!

「令和2年度税制改正大綱」のポイントをFPがわかり やすく解説!「新NISA」導入や「つみたてNISA」の 延長、「iDeCo」加入年齢の変更が検討されることに - 節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「令和2年度税制改正大綱」の重要ポイントを、ファイナンシャル・プランナーの風呂内亜矢さんがわかりやすく解説! 税制改正大綱とは、翌年度以降の税制の改正点や新たな税制について取りまとめたもの。今後の私たちの生活に大きく関わってくる可能性があるので、最新の情報をチェックしておこう!

2024年に始まる「新NISA」は、従来の「NISA」や 「つみたてNISA」とどう違う?「新NISA」の“2階建 て”の仕組みや非課税期間、投資額など変更点を解説! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2024年からNISA(少額投資非課税制度)が変わる!「 新NISA」の特徴と現在の「一般NISA」との違い、「つみたてNISA」「ジュニアNISA」はどうなるのかをお金のプロが解説します。

「つみたてNISA」でおすすめの「海外株式型」投信3銘柄 を紹介!高い成長が見込める「海外株式型」でプロが 推奨するインデックス型とアクティブ型の銘柄は? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」で投資できる「投資信託」の中から、今日は「海外株式型」を取り上げます。「海外株式型」の投資信託の特徴は?「為替ヘッジあり」「為替ヘッジなし」はどちらがいいの?おすすめの投資信託はどれ?「つみたてNISA」の投資先の選び方をお金のプロが伝授!

「つみたてNISA」で人気の投資信託ランキング! 【2019年12月】SBI証券「つみたてNISA」口座での 積立金額&積立件数が多い投資信託ランキング公開! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA(積立NISA)」で、みんなが積み立てている投資信託をランキングで発表! 投資初心者が「つみたてNISA」で積み立て投資するなら、「みんなは、どの投資信託またはETFを積み立てているか?」ということも参考にするのがおすすめ。そこで今回は、SBI証券が発表している「つみたてNISA」の「月間積立設定金額」と「月間積立設定件数」のそれぞれのランキングを発表! それぞれの商品を比較して、「つみたてNISA」で投資する際の参考にしよう!

「つみたてNISA」でおすすめの「国内株式型」投信4銘柄 を紹介! 低リスクで信託報酬が安い「国内株式型」で、 プロが推薦するインデックスとアクティブの銘柄は? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」で投資できる「投資信託」の中から、今日は「国内株式型」を取り上げます。「国内株式型」の投資信託の特徴は?リスクは?初心者向きってホント? 「つみたてNISA」に興味のある人必見の投資先の選び方をお金のプロが伝授!

60歳から資産運用するなら「つみたてNISA」が最適! 「つみたてNISA」の魅力やおすすめ投信をFPが紹介! [60歳ザイ編集部員・定年退職までのロードマップ11] - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:60代以降の資産運用は「つみたてNISA」が最適! 60代でも税金の優遇を受けながら資産運用をして、“後期高齢者時代のリスク”に備えよう! 2020年3月に定年退職となるダイヤモンド・ザイ編集部の「ハラダ部員(60歳)」が、老後のお金の不安を解消すべく奔走する様子を赤裸々に公開しているこの連載。第11回のテーマは「60歳からの【つみたてNISA】ってどうよ?」。「つみたてNISA」での運用に適したシニア向けの投資信託も紹介!

60歳から資産運用するなら「つみたてNISA」が最適! 「つみたてNISA」の魅力やおすすめ投信をFPが紹介! [60歳ザイ編集部員・定年退職までのロードマップ11] - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:60代以降の資産運用は「つみたてNISA」が最適! 60代でも税金の優遇を受けながら資産運用をして、“後期高齢者時代のリスク”に備えよう! 2020年3月に定年退職となるダイヤモンド・ザイ編集部の「ハラダ部員(60歳)」が、老後のお金の不安を解消すべく奔走する様子を赤裸々に公開しているこの連載。第11回のテーマは「60歳からの【つみたてNISA】ってどうよ?」。「つみたてNISA」での運用に適したシニア向けの投資信託も紹介!

「つみたてNISA」でおすすめの「国内株式型」投信4銘柄 を紹介! 低リスクで信託報酬が安い「国内株式型」で、 プロが推薦するインデックスとアクティブの銘柄は? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」で投資できる「投資信託」の中から、今日は「国内株式型」を取り上げます。「国内株式型」の投資信託の特徴は?リスクは?初心者向きってホント? 「つみたてNISA」に興味のある人必見の投資先の選び方をお金のプロが伝授!

「つみたてNISA」で積立投資できる「投資信託」とは そもそも何か? 今さら聞けない「投資信託の仕組み、 分類、選び方」などの基本をFPがわかりやすく解説! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」で投資できる「投資信託」ってそもそも何? 投資信託の仕組みや分類、選び方をファイナンシャル・プランナーの頼藤太希さんに聞きました。

「NISA」から「つみたてNISA」に変更する方法や、 2015年から保有する金融商品の「ロールオーバー(非課 税期間延長)」のために必要な手続きや申込期限を解説 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「NISA」の「ロールオーバー」は、早めの手続きが必要! 来年、「NISA」から「つみたてNISA」に変更する方法を紹介! また、2015年に「NISA」口座で投資して非課税期間が終了する金融商品を「ロールオーバー(非課税期間延長)」する申込期限、手続き方法も解説! この記事では、ロールオーバーしたほうがいい人の例を紹介するほか、NISAから「つみたてNISA」に切り替える場合の注意点、手続きの流れなども取り上げるので、NISAを活用している人は参考に!

「つみたてNISA」の積立金額はいくらにするべきか? 非課税になる投資金額の上限、非課税枠を1円も無駄に しない方法、自分に合った積立金額の見極め方を解説 - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」の積立金額はいくらにするべきか? 「つみたてNISA」で非課税になる毎年の積立金額の上限などの「つみたてNISA」の基本と、無理のない範囲でできるだけ多く積み立てた方がいい理由を、ファイナンシャル・プランナーの頼藤太希さんに聞きました。

「つみたてNISA」ならお金を増やす“投資の3つの 鉄則”を誰でも無理なく実践できる!資産運用を始める 前に知っておきたい「投資の基本」をまとめて解説! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」なら、投資の3つの鉄則「積み立て・分散・長期」が、誰でも自然とできてしまう! これから資産運用を始める人が知っておきたい「投資の基本」をお金のプロ・頼藤太希さんがわかりやすく解説!

投資信託を選ぶときには「投資対象別のリスク・リタ ーン」に要注意!「iDeCo」で運用できる投資信託の 分類と、長期の「積立投資」で得られる効果を確認! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)」で運用できる3タイプの投資信託を紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ9月号には、別冊付録「老後資金をゼロから1000万円つくる方法」がついてくる! 金融庁が「老後に2000万円必要」との報告書を発表して話題になったが、それをきっかけに、改めて「老後資金」を準備する重要性を実感した人は多いはず。その手段として検討したいのが、節税効果が高い「iDeCo」の活用と、「iDeCo」による節税で浮いたお金を「つみたてNISA」で運用するというやり方だ。ダイヤモンド・ザイ9月号の別冊付録では、「iDeCo」と「つみたてNISA」を併用する方法を提案するほか、それぞれの特徴やメリットなどについて、わかりやすく解説している。今回はこの中から、「iDeCo」で運用できる商品を解説した記事を抜粋! これから「iDeCo」をスタートしたい人は、ぜひチェックを!

iDeCoを始める前に知っておきたい4つのメリットを 紹介! 入金時・運用時・出金時に優遇される「3段階の 節税効果」に加え、金融機関や商品を選べるのも魅力 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)」の4つのメリットを紹介!発売中のダイヤモンド・ザイ9月号には、別冊付録「老後資金をゼロから1000万円つくる方法」がついてくる! 先日、金融庁が「老後に2000万円必要」との報告書を発表して話題になったが、それをきっかけに、改めて「老後資金」を準備する重要性を実感した人は多いはず。その手段として検討したいのが、節税効果が高い「iDeCo」の活用と、「iDeCo」による節税で浮いたお金を「つみたてNISA」で運用するというやり方だ。ダイヤモンド・ザイ9月号の別冊付録では、「iDeCo」と「つみたてNISA」を併用する方法を提案するほか、それぞれの特徴やメリットなどについて、わかりやすく解説している。今回は、「iDeCo」の目的や、4つのメリットを解説した記事を抜粋! これから「iDeCo」を始めたい人は、ぜひチェックを!

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.