投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


日経平均株価は2万4448円までの上昇を期待できる 状況に! 今は小型株に集中投資をするのを止め、 大型株にも資金を回す「ハイブリッド投資」が正解! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 日経平均株価は、非常に強い動きとなっています。この上方ブレイクの主因は、米中貿易協議の部分合意が市場の緊張を和らげたことによる中国関連株の上昇、アップルの新型「iPhone」効果による電子部品株の上昇、そして、半導体市況に対する底入れ期待の高まりを背景にした半導体関連株の上昇です。これら3つのテーマ性のある銘柄群の上昇が、日経平均株価を力強く押し上げました。

インターネットテレビ接続機器業界トップの「ロク」 を解説! ネットフリックスやAmazonプライム・ ビデオなど、幅広いコンテンツを楽しめるのが魅力! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ネットフリックやアマゾンプライムビデオなどの、ストリーミング・コンテンツを楽しむための接続機器を提供するロクについて、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! ロクは、インターネットテレビ接続機器市場のトップ企業で、39%の市場占有率を誇ります。アマゾンの他にも、グーグルやアップルなどの大手企業がひしめくインターネットテレビ接続機器市場でロクが人気を博している理由としては、1)ロクのプレーヤーがシンプルで使いやすいこと、2)どのコンテンツからも中立な立場を取ることで、もっとも幅広いコンテンツを提供できていること、3)値段が安いこと、の3つが挙げられます。

連休明け(5/7~10)の日経平均株価の予想レンジは 2万1800~2万2600円! 米FOMC、米雇用統計、 米国株式の決算など、GW中のイベントは要チェック! - 今週のマーケット解説&来週の注目銘柄

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:連休明け(5/7~10)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 今週(4月22日〜26日)の日経平均株価は、引き続きこう着感の強い相場展開が続きました。ゴールデンウィークが明けると、いよいよ令和元年相場となります。取引が再開する再来週(5月7日〜10日)の相場については、正直なところ相当読みづらいところです。中国製造業PMI、米連邦公開市場委員会(FOMC)、米雇用統計などのイベントやアップルの米決算など、10連休中に発生するイベントが大きく影響するからです。

成長に陰りの見えるGAFAの次は、ビジネス・ソフト ウェア株が来る!「オクタ」「ドーモ」など、今後の 成長が期待できるビジネス・ソフトウェア株を紹介! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが、米国株式市場の最新情報を解説! 現在の米国株式を取り巻く市場環境は、ドットコム・ブームの真っ只中だった1998年頃と酷似しています。景気拡大局面がしばらく続くとしても、成長のけん引役は自ずと主役交代してきています。具体的には、長い間ブームを引っ張ってきたGAFA(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル)の成長にはさすがに陰りが見えてきています。考えてみれば、GAFAはいずれも主に消費者を相手にした商売です。つまり、消費者向けインターネット・サービスは、もうかなり浸透し尽くしたと言えるのです。

ウォーレン・バフェットが率いるバークシャー・ ハサウェイの年次報告書を解説! 事業会社にシフト しつつあるバークシャー・ハサウェイの狙いとは? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト・広瀬隆雄氏が、米国市場を分析! 2月23日(土)、ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイ(ティッカーシンボル:BRK.B)が年次報告書を発表しました。それによると、2018年通年の売上高は前年同期比+3.3%の2,478億ドルでした。営業利益は248億ドル、GAAP(米国で一般に受け入れられている会計基準)による純利益は40億ドルでした。ウォーレン・バフェットは、「株主への手紙」の中で「これまでは簿価(Book value)をどう伸ばしたか、という基準で我々の働きぶりを評価して欲しいとお願いしてきたが、この尺度は、だんだんバークシャー・ハサウェイの経営の実態を把握する上で有効性を持たなくなってきているので、今後、それは止めて欲しい」と訴えています。

アップル減収 iPhone振るわず

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:2018年10~12月期決算で、米アップルは2年3カ月ぶりの減収。主力の「iPhone」が不振。19年1~3月期も減収予測で、日本メーカーへの影響も懸念。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース アップル
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6312026
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/01/30 07:57:00 投稿番号: 36187

米国で山場を迎える決算発表シーズンの要注目銘柄を チェック! アップルやフェイスブック、アマゾン、 テスラ、ゼネラル・エレクトリックなどが要注目! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト・広瀬隆雄さんが米国株式市場を解説! 今週、2018年第4四半期決算発表シーズンは、最大の山場を迎えます。その理由は、アップル(ティッカーシンボル:AAPL)、フェイスブック(ティッカーシンボル:FB)、マイクロソフト(ティッカーシンボル:MSFT)、テスラ(TSLA)、ゼネラル・エレクトリック(ティッカーシンボル:GE)、アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)といった重要な企業が続々と決算発表するからです。このうちアップルは、既に1月2日に利益警告しています。「アップル・ショック」と呼ばれるこの悪いニュースで、その翌日、アップル株が-10%下げたのみならず、アップルに部品を提供している半導体株などが軒並み売られました。

Appleショックで世界的な株安

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:アップルの「iPhone」の販売不振に伴うハイテク部品の需要減退懸念で、世界的な株安が、再び広がった。市場心理が悪化しており、日本株の下げが最もきついという。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース アップル
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6303249
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2018/11/13 20:39:15 投稿番号: 34694

底入れを模索する米国株式市場で、フェイスブック、 アマゾン、アップル、グーグルなどの決算が全滅! 「FAANG」を持っていれば儲かる時代は終わった!? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:10月の急落の後、米国株式市場は底入れを模索する展開となっています。先週は3連騰し市場参加者のムードがかなり明るくなったのですが、木曜日の引け後に発表されたアップル(ティッカーシンボル:AAPL)の決算が冴えなかったこと、金曜日の雇用統計が強かったのを見て10年債利回りが再び3.2%を超えてきたことなどから、後味の悪い1週間の終わり方をしました。現在の米国株式市場に元気が無いひとつの理由は、これまで頼もしい存在だったFAANG(フェイスブック、アマゾン、アップル、ネットフリックス、アルファベット)の株価がいずれも下降線を辿っていることによります。

日経平均株価は2万円の大台割れの可能性も! 今後は アップルやアマゾンのような「グロース株」が凋落し 低PER・低PBRの「バリュー株」人気が復活する!? - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵の藤井英敏さんが、最新の日本株の動向を分析! アマゾン株は節目の1兆ドルを突破した後は、下落基調が強まっています。フェイスブック(FB)、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス(NFLX)、グーグル運営会社のアルファベット(GOOG)など「FANG」銘柄が軒並み大幅に下落し、10月24日のナスダック総合株価指数の下落率は4.4%と、今年最大の下落となりました。このような状況を踏まえると、「FANG」に代表されるグロース企業の株価は、歴史的な天井を既に打った可能性があります。米国で発生している物色傾向の変化は、日本でも起こりつつあるように感じます。10月29日の日経ジャスダック平均株価と東証マザーズ指数は、ともに連日で年初来安値を更新しました。当面の日経平均株価に関しては、米中間選挙の結果が判明するまでは調整局面が続くでしょう。10月24日と25日とで空けた窓(2万1703.21円~2万1911.42円)埋めが上値メドです。一方、下値メドは年初来安値の2万0347.49円です。

フェイスブック(FB)やアマゾン(AMZN)など、 "米国株のIT関連銘柄"は、株価急落も業績は好調! 大統領選前後に買えば、再び最高値更新の期待も! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国のIT株は、2018年に入ってから「フェイスブック」と「アマゾン」に問題が発生して、二度の株価急落に襲われた。はたして、2018~2019年の米国IT株はどうなるのか、今後の展望を米国経済のプロが解説!世界経済と株価を牽引してきた米国IT株が、いわゆる「フェイスブック・ショック」など、2つのショックによって急落した。しかし、株価に過熱感がない今こそ、業績好調が続く、米国IT株に投資するチャンスだ! そこで、発売中のダイヤモンド・ザイ7月号では、特集「2つのショックを乗り越えた! 今こそ米国IT株の買い時だ!」で、主要なIT株をプロに診断してもらっている。今回はその中から、プロによる米国IT株の今後の展望を紹介。米国株に興味がある人は、参考にしてみてほしい。

日経平均は、このまま2万3000円超えは難しいものの 下値は堅調な状況。小型株が閑散としているので、 売買ロットを増やしながら大型株にシフトすべし! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国では、5月1日のアップルの決算を受け、IT関連株を取り巻く環境が大幅に改善しました。アップルは5月1日、1000億ドルの自社株買いを実施すると発表。さらに、ウォーレン・バフェット氏が5月4日、米CNBCテレビのインタビューで「1〜3月期に7500万株を買い増した」と明らかにししました。これら好材料を評価した買いが膨らみ、5月7日の米株式市場ではアップル株が買われ、2営業日続けて上場来高値を更新しました。そして、この値動きは、世界のIT関連にポジティブに作用しています。一方、外国為替市場では、5月2日のNY市場で約3カ月ぶりの110円台をつけて以降やや円高に振れているとはいえ、ドル高基調です。このような状況下、日経平均株価は2万2500円付近で堅調に推移しています。

アップルの好決算で、世界の投資資金が米国に還流! 過去最高値を更新したアップルのほか、アマゾンや フェイスブックなど「IT関連の大型株」が狙い目に! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週、アップル(ティッカーシンボル:AAPL)が、第2四半期(3月期)決算を発表しました。それによると、EPSが予想2.68ドルに対し2.73ドル、売上高が予想609.4億ドルに対し611.4億ドル、売上高成長率は前年同期比+15.6%でした。今回の決算発表に先立ち、「ひょっとしてiPhone Xの販売が不振なのでは?」という観測が流れていたのに反し、いざフタを開けてみると良い決算でした。この好決算のニュースに加えて、先週、「ウォーレン・バフェットのバークシャー・ハサウェイがアップル株を7500万株買い増した」というニュースが入ってきました。これらのニュースを受けて、アップルは先週金曜日、過去最高値を更新しました。

第1四半期決算発表が絶好調ゆえに、ウォール街は 「ハイ・ウォーターマーク」にピリピリ!? 実際は 割高ではない米国株だが、アップルの決算は要注目! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週のキャタピラーの決算発表の際、「ハイ・ウォーターマーク」という言葉が物議を醸しだしました。いま、アメリカの企業業績はすこぶる良いし、株式市場全体のバリュエーションも適正です。しかし、長期金利が上昇している折、市場参加者は「業績のピークが来るのではないか?」とピリピリしています。全体としては未だ心配には及びませんが、図体の大きいアップルがちゃんとした決算を出すことが出来るかどうかに注目です。

米国株式市場は第1四半期決算発表シーズンに突入! iQOSの売上鈍化のフィリップモリスや、決算控える アップルに悪材料出るも、全体的には好調な滑り出し - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国株式市場は4月13日(金)のJPモルガン・チェース(ティッカーシンボル:JPM)を皮切りとして、2018年第1四半期の決算発表シーズンに突入しています。これまでのところS&P500指数に採用されている企業のうち、17%が決算発表を終えています。決算発表した企業のうち80%がEPSで事前のコンセンサス予想を上回りました。また売上高では72%がコンセンサス予想を上回りました。つまり今期も米国企業の決算は好調な滑り出しなのです。懸念されたクレジットカート・ローンの焦げ付きの問題は今のところ心配なさそうです。スマートフォンの売れ行きに対する懸念、加熱式タバコの売上成長鈍化など個別では問題が散見されるものの全体としては心配には及びません。今週は重要な企業の決算が続々と出るのでそれらに注目です。

米国株の「時価総額ランキング」ベスト10を発表! アマゾンやフェイスブックなど、高値更新中の 米国株は大型株でも高成長が見込めて増収率も高い! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:高値更新中の「米国株」に投資するなら、「時価総額ランキング」を参考にして銘柄を探せ!発売中のダイヤモンド・ザイ1月号の特集「高配当&高成長の『買い』の米国株」では、今絶好調の米国株の注目銘柄を紹介。また、プロの米国市場分析や「時価総額ランキング」「増収率ランキング」「連続増配株の利回りランキング」も掲載している。今回はその中から「時価総額ランキング」をピックアップ! ダイヤモンド・ザイ1月号では20位まで掲載しているが、ここでは上位10銘柄を抜粋して紹介しよう!

Apple日本で太陽光発電展開へ

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:全世界のビジネス活動で使う電力をすべて再生可能エネルギーへと転換しようとするアップル。日本では都市型太陽光発電事業に取り組む企業と組み、ソーラーパネルを設置するという。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース アップル
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6254894
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2017/09/22 09:31:48 投稿番号: 26450

米国株「スタバ」の投資判断が「強気⇒弱気」に 転じた理由は?「ディズニー」「アップル」などの 人気の米国株3銘柄を現地アナリストが激辛診断! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:アップル、スターバックス、ウォルトディズニーといった、世界的に超有名&人気も高い大型株3銘柄を、プロが激辛診断!発売中のダイヤモンド・ザイ10月号では、米国株の特集「高値更新中の米国株はまだ買えるのか?」を掲載。米国市場の方向感や、これからのNYダウ、ナスダックの値動きの予想、注目銘柄などを紹介している。ここでは、特集の一部である「人気株18を激辛診断!」を抜粋。ダイヤモンド・ザイ10月号ではタイトルどおり18銘柄を診断しているが、今回はそのうちの3銘柄のみピックアップする。誰もが知る有名企業ばかりなので、ぜひチェックしてみてほしい。

クレジットカード業界の勢力図が「Apple Pay」の 登場で一変!?「VISA一強」から「アップル社」主導の 新時代の到来に伴い、おすすめカードにも変化の兆し - クレジットカードの達人!ゴールド&プラチナカード比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:クレジットカード業界の勢力図が「Apple Pay」によって大変動! 「Apple Pay」でクレジットカードが利用できるようになった背景と、「Apple Pay」に登録できるおすすめのクレジットカードを紹介! 前回は、アップル社が日本のガラパゴス規格と呼ばれてきた非接触ICカード技術「FeliCa(フェリカ)」をiPhoneに搭載し、「Suica」などを利用できるようにした経緯を「Suicaが世界を制覇する」(朝日新聞出版刊)の著者でもある岩田昭男さんが詳しく解説してくれた。後編となる今回は、「Apple Pay」でクレジットカードが利用できるようになった背景と、「Apple Pay」が日本のクレジットカード業界の勢力図に与えた大きな影響、さらに「Apple Pay」で使える、おすすめのクレジットカードも教えてもらった!

「Apple Pay+Suica」が世界標準になる日も近い!? アップル社も注目の日本発の電子マネー「Suica」は 世界の交通系ICカードのスタンダードになれるか? - クレジットカードの達人!ゴールド&プラチナカード比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「Apple Pay」の日本上陸から約8カ月――「Apple Pay」の最新情報と「Suica」導入の裏事情、さらには「Apple Pay」との協調で見えてきた「Suica」の将来の展望を紹介! 2016年10月に、日本でのサービスが開始された「Apple Pay(アップルペイ)」。利用者はじわじわと増加しており、利便性も増してきている。特に「Suica」を「Apple Pay」で利用する際、快適さを実感している人は多いようだ。そんな「Apple Pay」への「Suica」導入の背景を綴った書籍「Suicaが世界を制覇する」(朝日新聞出版刊)の著者でもある岩田昭男さんによると、「Apple Pay」への「Suica」導入は日本のICカード業界やクレジットカード業界が大きく変わっていく過渡期で、いずれ「Suica」は世界進出を果たす可能性も十分ありえるとのこと。はたして、「Suica」は世界の交通系ICカードのスタンダードになれるのか?

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.