Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: インバウンド

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「コロナ・ショック」の影響を受けにくい運輸業界や 機械業界のおすすめ銘柄は?「SGホールディングス」 や個別空調の技術に期待の「ダイキン工業」に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「コロナ・ショック」は、運輸や機械の関連銘柄の株価にどんな影響を与える⁉ アナリストなどのプロが徹底解説! 発売中のダイヤモンド・ザイ5月号は「【緊急大特集】どうなる日本株」を掲載! 新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界中の株式市場が大パニックに見舞われていることはご存じのとおり。そこで、ダイヤモンド・ザイでは、アナリストなどの相場のプロ68人に、今後の株価の推移や実体経済の動向、新型コロナウイルスによる打撃が大きい業種・小さい業種などについて解説してもらってる。先行きが見通せず、投資の方針を決めかねて途方に暮れている人には参考になるはずだ。今回は特集の中から、注目業種である「運輸」と「機械」への「コロナ・ショック」の影響度について掘り下げた記事を抜粋! 株価の反発に期待して仕込む銘柄を検討中の人は、ぜひチェックを!

「コロナ・ショック」がホテル業界や自動車業界の業績や 株価に与える影響は? オリエンタルランドのように、 一時的に打撃を受けても、反発に期待できる銘柄も! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「コロナ・ショック」は、「レジャー」や「自動車」関連銘柄にどんな影響を与える⁉ アナリストなどのプロが徹底解説! 発売中のダイヤモンド・ザイ5月号は「【緊急大特集】どうなる日本株」を掲載! 新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界中の株式市場が大パニックに見舞われていることはご存じのとおり。そこで、ダイヤモンド・ザイでは、アナリストなどの相場のプロ68人に、今後の株価の推移や実体経済の動向、新型コロナウイルスによる打撃が大きい業種・小さい業種などについて解説してもらってる。先行きが見通せず、投資の方針を決めかねて途方に暮れている人には参考になるはずだ。今回は特集の中から、注目業種である「レジャー」と「自動車」への「コロナ・ショック」の影響度について掘り下げた記事を抜粋! 株価の反発に期待して仕込む銘柄を検討中の人は、ぜひチェックを!

「コロナ・ショック」で最も打撃を受ける業種とは? 小売り、ホテルなど“インバウンド”の恩恵を受けてき た業種の中でも、最も影響を受けるのは「百貨店」! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「コロナ・ショック」で業績が悪化する業種と、好転する業種をアナリストが指摘! 今注目されている業種「小売」と「外食」の今後の展望も解説! 発売中のダイヤモンド・ザイ5月号は「【緊急大特集】どうなる日本株」を掲載! 新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界中の株式市場が大パニックに見舞われていることはご存じのとおり。そこで、ダイヤモンド・ザイでは、アナリストなどの相場のプロ68人に、今後の株価の推移や実体経済の動向、新型コロナウイルスによる打撃が大きい業種・小さい業種などについて解説してもらってる。先行きが見通せず、投資の方針を決めかねて途方に暮れている人には参考になるはずだ。今回は特集の中から、アナリストなどの相場のプロ68人に聞いた「業種別『コロナ・ショック』の影響度」をピックアップ!「コロナ・ショック」による打撃が大きい業種、それほど影響を受けない業種、逆に業績が好転しそうな業種をわかりやすく紹介している。さらに、注目業種の「小売」「外食」への影響度について掘り下げた記事も抜粋するので、投資の参考にしてほしい!

日経平均株価が急落中の今こそ絶好の“仕込み好機”! 直接的な新型コロナウイルス関連銘柄に加え、「テレ ワーク」「巣ごもり消費」などのテーマ株が狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 足元の日本の景気鈍化が鮮明です。2月17日に発表された2019年10~12月期の実質GDP速報値は、年率換算で6.3%減と、前回の消費税率引き上げ直後の2014年4~6月期の同7.4%減以来の大きさに達しました。そして、年明けの1~3月期以降も、中国で発生した新型コロナウイルス感染拡大が大きく経済の足を引っ張ることが懸念されてきています。インバウンド(訪日外国人客)も大幅に減少していることでしょう。特に今年は、中国政府が新型肺炎の拡大を理由に国内外の団体旅行を禁止したため、訪日中国人観光客が急減しています。このため、1~3月期の実質GDPもマイナス成長となる可能性が高まっています。

「東京オリンピック」関連銘柄の株価は、五輪終了後 に上がる可能性も! アナリストが予測した「建設」と 「インバウンド」の五輪関連12銘柄の投資判断を紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:オリンピック関連のテーマ株は、オリンピックが終わった後、どうなる⁉ 「建設・資材・不動産」と「インバウンド」に関連する銘柄を取り巻く状況と、代表的な関連株を12銘柄紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ2020年2月号の大特集は、「2020年 株&投資信託【全予測】」! 日本株全体の動きやドル・円の推移を予測するほか、2020年に注目のテーマや値上がり期待の高い株は何か、さらに、米国・中国の株式相場や投資信託の動きに至るまで、アナリストなどの投資のプロ100人にじっくり予測してもらっている。今回は、この特集から、2020年最大の国内イベントである「東京オリンピック」に関連したテーマ株を紹介! オリンピック関連で注目されている業種はいくつかあるが、ここでは「建設・資材・不動産関連」「インバウンド関連」銘柄の今後に関する予測と、注目株をピックアップしてみよう!

ビジョン(9416)、株主優待を変更して、100株保有時 の優待利回りが3.39%に! 1株⇒3株の株式分割後も 100株保有で年6000円分のサービス利用券を贈呈へ! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ビジョン(9416)が、株主優待を実質拡充することを、2019年8月9日に発表した。この株主優待の拡充は、2019年12月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。ビジョンの株主優待は、毎年6月末と12月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「12月末時点で100株以上を保有する株主に、保有株数に応じた枚数の『自社サービス利用券(3000円分)』を贈呈。6月末時点で200株以上を保有する株主に、一律で『自社サービス利用券(3000円分)』を3枚贈呈」というもの。今後、ビジョンは1株⇒3株の株式分割を予定しているが、分割後も株主優待の内容は据え置かれるため、実質的に拡充となる。(ビジョン、コード:9416、市場:東証1部)

“老後資金2000万円”が不足する問題は、株の「配当」 で解決できる!? 65歳で毎月7万円の株の「配当」収入 を得るための事前の準備と投資プランを詳しく解説! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:老後資金の不足を補う救世主になるか!?「配当収入」の魅力と必要な投資額の目安、配当狙いの投資をする際の注意点などを紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ8月号には、2冊の別冊付録が付いてくる! そのうちの一つ「おかねが毎月届く教科書」では、配当や分配金をもらう方法や、金融商品の選び方を解説。定期的に配当や分配金を受け取る仕組みを作れば、急激に老後資金が目減りするのを食い止められる可能性が出てくる。”老後資金2000万円問題”で、将来に不安を抱いている人なら必見だ! 今回はその中から、「資産を取り崩さずに配当をもらう仕組み」の作り方を抜粋!「65歳で月7万円の配当収入を得るためのプラン」など、具体的な運用資産づくりのイメージも図解しているので、参考にしてほしい。

2019年・夏の「おすすめのテーマ株」21銘柄を紹介! 「新インバウンド株」「IT&AI関連株」「逆風に強い 増収増益株」の“儲かる3大テーマ株”に注目しよう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年・夏に注目したい3つの「投資テーマ」の中から、アナリストなどの投資のプロが「買い」「強気」と評価した21銘柄をピックアップ! 話題性だけでなく、業績も好調なテーマ株で、中長期的な株価上昇を狙おう! 6月21日に発売されるダイヤモンド・ザイ8月号では、恒例の特集「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定! 人気の株500【激辛診断】」の2019年・夏版を掲載! 日本株で注目度の高い人気500銘柄を、アナリストなどの投資のプロが、さまざまな視点から厳しく判定し、「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価をつけている。今回はその中から、今マーケットで注目されている3つの投資テーマに関連する銘柄の中で、「買い」「強気」と評価された”おすすめ銘柄”を、7銘柄ずつ(計21銘柄)紹介しよう!(銘柄診断は、アナリストなど20名から構成された「ダイヤモンド・ザイ人気500銘柄分析チーム」が担当)

ビジョン(9416)、株主優待を変更! Wi-Fi利用券に 加えて、空港などの送迎サービスに使える3000円分の 利用券をもらえるようになり、優待利回りは3%超に! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ビジョン(9416)が、株主優待を一部変更することを、2018年12月17日に発表した。この株主優待の変更は、2018年12月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。ビジョンの株主優待は、毎年6月末と12月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「12月末時点で100株以上を保有する株主に、保有株式数に応じた枚数の、国内外で利用できる『グローバルWi-Fi利用券(3000円分)』を贈呈。6月末時点で200株以上を保有する株主に、『グローバルWi-Fi利用券(3000円分)』3枚を贈呈」というものだった。今後は、「12月末時点で100株以上を保有する株主に、保有株式数に応じた枚数の『グローバルWi-Fi利用券(3000円分)』および『Pro Drivers利用券』を贈呈。6月末時点で200株以上を保有する株主に、『グローバルWi-Fi利用券(3000円分)』と『Pro Drivers利用券』をそれぞれ3枚ずつ贈呈」に変更となる。(ビジョン、コード:9416、市場:東証1部)

5年で資産10倍にした投資家・藤川里絵さんが「株価 10倍株」を"街歩き"で発掘する方法を伝授! ザイ女性 編集部員と"原宿"を歩いて見つけた注目の2銘柄を紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:5年で資産を10倍にした個人投資家・藤川里絵さんと、ダイヤモンド・ザイの見習い編集部員アサヒが、街歩きしながらキラリと光る銘柄をリサーチ! 東京・原宿で藤川さんが見つけた気になる株とは? 発売中のダイヤモンド・ザイ2019年1月号の大特集は「今から狙う10倍株ベスト67」! 景気に関係なく伸びる強い株を、中長期で保有して大きな値上がり益を狙うのは株式投資の王道だ。 誌面では「小売りや外食など身近な株」「大きなテーマに乗った株」「ニッチ市場の高収益株」「時価総額が小さい株」「業績不振からの復活株」という条件別に、中長期で保有して株価10倍が狙える全67銘柄を掲載している。今回はその中から、5年で資産を10倍にした投資家・藤川里絵さんの10倍株の発掘法を抜粋! 身近なところで有望株を探すのが信条の藤川さんとともに、ダイヤモンド・ザイの見習い編集部員アサヒが東京・原宿の街歩きを敢行。藤川さんがどんな着眼点でトレンドをキャッチし、銘柄選びにつなげているのか、間近で目撃したアサヒの目線でお届け!

「株価10倍」が狙える、今から買いの“7大テーマ”を 公開! 7大テーマの注目株は、インバウンドの「THE グローバル社」、半導体の「RSテクノロジーズ」だ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「インバウンド」や「半導体」など、次世代ニーズを捉えた、長期成長が見込める「10倍株」の有力候補を2銘柄紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ2019年1月号の大特集は「今から狙う10倍株ベスト67」! 景気に関係なく伸びる強い株を、中長期で保有して大きな値上がり益を狙うのは株式投資の王道だ。 実際、直近10年では株価が10倍以上になった「10倍株」が160銘柄以上も誕生! 誌面では「小売りや外食など身近な株」「大きなテーマに乗った株」「ニッチ市場の高収益株」「時価総額が小さい株」「業績不振からの復活株」という条件別に、中長期で保有して株価10倍が狙える全67銘柄を掲載している。今回はその中から、「大きなテーマに乗った株」を2銘柄抜粋。最旬テーマの解説とともに、注目のテーマ株を2銘柄取り上げるので、投資先選びの参考にしてみてほしい。

「インバウンドテック」のIPO情報総まとめ! スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他のコンタクトセンター運営企業との比較や予想まで解説! - IPO株の銘柄分析&予想

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:インバウンドテックのIPO(新規上場株・新規公開株)に関する基本情報から分析、価格予想など、銘柄ごとの詳細データを公開! IPOに参加するかどうかは、事前に入念な銘柄分析や初値予想が必要。そのために必要な企業概要やら主幹事証券会社、公開規模、事業内容、売上高や利益と いった過去の業績、既存の大株主などの詳細なデータを公開。さらにはフィスコによる「市場の注目度」の分析や「業績コメント」「銘柄紹介」「投資のポイン ト」も掲載!

今年、株価が上がるテーマは「値上げできる商品力」 「株主還元の強化」「インバウンドの加速」の3つ! 最新決算で判明した“買い”の業種&テーマはコレ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年度に注目すべき業種の見極め方は? プロが株価上昇の要素として指摘している3つのポイントを紹介! 2018年3月期の決算発表が出そろったが、上場企業全体では、6期連続で増益、2期連続で最高益を更新して着地した。もっとも、株価にとって大事なのは実績よりも今後の見通し。そこで、発売中のダイヤモンド・ザイ7月号では「最新決算でわかった、今こそ

ラオックス、株主優待を再開で、利回り約2.9%に! 12月末時点で100株以上を保有の株主に、保有株数に 応じて1000~1万円相当のポイントを贈呈へ! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ラオックス(8202)が、2010年度に廃止した株主優待を再開すると、2017年11月30日に発表。再開されるラオックスの株主優待は、2017年12月末時点の株主名簿に記載された、100株以上を保有している株主が対象となる。ラオックスの株主優待の内容は「保有株数に応じ、ラオックス店舗での人気商品や、買い物優待券などと交換できるポイントを贈呈」となっている。(ラオックス、コード:8202、市場:東証2部)

東海岸とは全く違うシリコンバレー特有のカルチャーとは? [橘玲の世界投資見聞録] - 橘玲の世界投資見聞録

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:前回は社会学者スディール・ヴェンカテッシュの『社会学者がニューヨークの地下経済に潜入してみた』を紹介した。この本のいちばんの魅力は、外部の人間が知ることのできないニューヨークの“アッパーグラウンド”、すなわち若いセレブたちの生態が活写されていたことだ。生まれたときから一生お金に困らない彼らは、信託(トラスト)から「年金」を受け取る「トラストファリアン」と呼ばれ、「わたしにとって気持ちいいこと」を追求し、「わたしにふさわしい評判」を獲得しようと“彼らなり”に悪戦苦闘しているのだ。

外国人旅行者のインバウンド消費が変わった! ラオックスや三越伊勢丹HDに代わる セリアなど新しいインバウンド銘柄を5つ紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ここ数年間、日本株の人気テーマとなったのが訪日外国人による爆買いを表す「インバウンド消費」だ。しかし、ここに来てその代表銘柄とも言える企業の業績が大減益となった。しかし、インバウンドが終わったわけではない。その真相と新しいインバウンド銘柄を紹介しよう。

ビジョン(9416)、株主優待の内容を変更! 従来、優待は6月末時点の株主に贈呈されていたが 今後は12月末時点の株主にも新設、優待が年2回に - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ビジョンが株主優待の内容を変更すると発表した。株主優待の変更は2016年12月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。ビジョンの株主優待は、従来「6月末時点で200株以上保有する株主に、9000円相当の『グローバルWi-Fi』利用券(3000円×3枚)贈呈」というもの。今後もそれに変わりはないが、新たに12月末時点
の株主に対しても、保有株数に応じて「グローバルWi-Fi」利用券が贈呈される。(ビジョン、コード:9416、市場:東証マザーズ)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.