Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: コロナウイルス

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


米国の新型コロナ関連株では“ワクチン製造下請け”の 「エマージェント・バイオソリューションズ」に注目! ワクチン開発競争の勝者に関係なく売上増の可能性大 - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 米国では、いま新型コロナウイルスで外出禁止令が出ています。しかし。近くそれが解除されることを期待し、投資家は「解除後の世界がどうなるか?」に関して思いを馳せています。ずれにせよ皆の意見の一致を見ているポイントは、「国民が安心して普通の暮らしに戻るためには、新型コロナウイルスに効くワクチンや治療薬が開発される必要がある」ということです。特に投資家から期待されている企業の最右翼は、モデルナ(ティッカーシンボル:MRNA)です。きちんとおカネを貰える可能性の高い「手堅いストーリー」もあります。それは、ワクチン製造の下請け会社の株を買う方法です。具体的には、エマージェント・バイオソリューションズ(ティッカーシンボル:EBS)に注目しました。

柿安本店(2294)、「株主優待利用券」の有効期限を 延長! 新型コロナの影響で臨時休業していることなど を受けて、配布済みの優待利用券の期限を6カ月延長へ - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:柿安本店(2294)が、2019年2月末の株主に贈呈している「株主優待利用券」の有効期限を延長することを、2020年4月14日に発表した。柿安本店の株主優待は、毎年2月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上保有する株主に、保有株数に応じて『株主優待利用券(500円券)』や『柿安グルメフリーチョイス引換券』を贈呈」というもの。今回の発表によると、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、自社の一部店舗で臨時休業や営業時間の短縮を行っていることから、配布済みの「株主優待利用券」の有効期限を延長するという。従来の有効期限は「2020年8月末」だったが、「2021年2月末」まで延長になる。(柿安本店、コード:2294、市場:東証1部)

来週(4/27~5/1)の日経平均株価の予想レンジは、 1万9000~1万9800円! GWを控えて底堅い値動き となる見通しだが、連休前に「意外高」となる可能性も - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(4/27〜5/1)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週は4月29日が祝日で休場となるほか、実質的に、ゴールデンウイークに突入します。東京都が企業に対して、4月25日から5月9日までの12日間を連続休暇にするよう促していることもあり、商いは膨らみづらいと考えられます。多くの投資家は積極的にポジションを取ることを避けると思われるので、結果的に売りを仕掛けてくる流れにもなりづらく、底堅い値動きになるでしょう。ただし、ゴールデンウイーク中に、新型コロナウイルスの感染拡大がピークアウトするとの思惑から、先回り的な買いが集まり、相場が予想以上に高くなる「意外高」となる可能性も意識しておきましょう。

英国風パブ「HUB」を運営するハブ(3030)、2020年 2月末限定で、株主優待を拡充! 新型コロナウイルス の影響で減配となった分、飲食券の贈呈枚数を2倍に - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:英国風パブ「HUB」を運営するハブ(3030)が、2020年2月末の株主を対象とした株主優待を拡充することを、2020年4月24日に発表した。ハブは2020年2月末から株主優待を新規で導入したばかりで、内容は「100株以上を保有する株主に、保有株数に応じて1000~5000円分の『飲食券』を贈呈」というもの。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大によって業績に甚大な影響を受け、2020年2月期の配当を減配せざるを得なかったことから、2020年2月末の株主限定で、株主優待が拡充されることに。この拡充によって、贈呈される「飲食券」の枚数が従来の2倍になる。(ハブ、コード:3030、市場:東証1部)

「サイバーセキュリティ」関連銘柄に注目! 外出自粛 で“テレワーク”が普及して、サイバー攻撃対策や機密 情報の保護など「セキュリティ」の重要度がアップ! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「サイバーセキュリティ」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済対策として現金10万円を一律給付するの「特別定額給付金(仮称)」が4月20日に閣議決定されましたが、早くも給付金を狙った詐欺メールなどが出回り始めています。また、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する一環として、日本でもテレワークの導入が一気に進展しましたが、サイバー攻撃への対策や機密情報・個人情報の保護といったセキュリティ関係の対策を適切に施している企業は、実のところ多くないというのが実態でしょう。今回は、こうした「給付金や外出自粛要請に関わる詐欺の増加」と「テレワークの普及によるサイバー攻撃の増加」を背景に、今後、改めて需要が表面化してくると見られる「サイバーセキュリティ」関連の銘柄に注目してみました

日経平均株価は、当面1万8576円〜1万9922円の間 のレンジ相場で続くと予想! 原油先物は“マイナス”ま で暴落したが、限月交代で落ち着きを取り戻す見通し - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 原油先物市場が大混乱となっています。4月20日のWTI期近の5月物は、前週末比55.90ドル安の1バレルが「−37.63ドル」でした。原油先物価格がマイナスとなるのは史上初めてのことです。ところで、ここにきて、全米で経済活動の再開を目指して検討する動きが加速しつつあります。一方、中国の国家衛生当局によれば、新型コロナウイルスによる中国本土の新たな死者は4月20日は確認されず、これで6日続けて確認されていないということです。この発表を素直に信じていいかは微妙ですが、これが本当なら極めてポジティブな状況と言えるでしょう。

新型コロナ治療薬が話題の「ギリアド・サイエンシズ」 を解説! その他「モデルナ」「リジェネロン」など、経済 復活のカギとなるバイオ関連のリーダー企業を狙え! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 先週の米国株式は、週間ベースでダウ工業株価平均指数(NYダウ)が+2.2%、S&P500指数が+3.0%、ナスダック総合指数が+6.1%でした。先週、一部高額所得者を除くほぼ全家庭に、米国政府から最低13万円、扶養家族が沢山いる家庭については30万円を超える支援金が届きました。これで家賃、クルマのローンの支払い、クレカ債務の支払いなどでホッと一息つくことができました。先週の米国の株式市場がしっかりした展開になった背景には、「良い薬がありそうだ!」という期待が広がったことがあります。

「ダンダダン酒場」のNATTY SWANKY(7674)、 株主優待の「飲食券」の期限を延長! 新型コロナウイル スを考慮して、冷凍餃子などのテイクアウトも可能に - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:居酒屋の「ダンダダン酒場」などを展開するNATTY SWANKY(7674)が、2019年6月末の株主に贈呈した「株主優待飲食券」の有効期限を延長するほか、利用可能時間と引き換え対象商品も見直すことを、2020年4月6日に発表した。NATTY SWANKYの株主優待は、毎年6月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を保有する株主に、同社が運営する『肉汁餃子製作所ダンダダン酒場』の餃子1皿と引き換えできる『株主優待飲食券』(500円分)を6枚贈呈」というもの。今回の発表によると、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、「株主優待飲食券」の有効期限を1カ月延長するという。当初の有効期限は「2020年6月末」だったが、「2020年7月末」まで延長される。また、引き換えできるメニューや、利用時間についても見直される。(NATTY SWANKY、コード:7674、市場:東証マザーズ)

来週(4/20~24)の日経平均株価の予想レンジは、 1万9500~2万1500円! 米国の「経済活動再開」の 流れや、アマゾンなどのハイテク株の株価上昇に期待 - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(4/20〜24)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 最近の日経平均株価は、値動きの少ない“こう着感”が強い相場展開ながら少しずつに水準を切り上げてきており、来週(4月20日〜24日)の日経平均株価も、その流れが継続する見通しです。米国ではトランプ米大統領が、経済活動再開に向けた連邦政府のガイドラインの概要を発表しました。感染拡大による景気悪化への警戒から、出口戦略へ向けた流れにシフトしてきたと言えます。

メガチップス(6875)、権利確定済みの2020年3月の 株主優待を中止! 新型コロナウイルスの影響で、カタ ログギフトの優待は中止も、配当は前期と同じ17円に - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:メガチップス(6875)が、2020年3月末の株主優待を実施しないことを、2020年4月17日の16時に発表した。メガチップスの株主優待は、毎年3月末の株主に実施されており、内容は「100株以上保有する株主に、保有株数に応じて『百貨店カタログギフト』を贈呈(※500株以上の株主は、カタログギフトの代わりにゲームソフトも選択可)」というものだった。今回の発表によると、新型コロナウイルスの感染拡大により、世界経済の急減速が避けられない状況となったことから、2020年3月末の株主優待を中止し、株主への利益配分として「配当重視」の方針を選択するとのことだ。なお、2020年3月期の配当予想は未定とされていたが、前期と同額の17円とすることも同時に発表された。(メガチップス、コード:6875、市場:東証1部)

セガサミーホールディングス、株主優待券の有効期限 を6カ月延長!「UFOキャッチャー利用券」や「シーガイ ア施設利用券」などの期限を2020年6月末⇒12月末に - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:セガサミーホールディングス(6460)が、2019年3月末の株主優待で配布済みの各種優待券の有効期限を延長することを、2020年4月15日に発表した。セガサミーホールディングスの株主優待は、毎年3月末と9月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上保有する株主に、保有株数に応じて『UFOキャッチャーもしくはセガキャッチャーオンライン利用券』や、関連ホテルの宿泊券などを贈呈」というもの。今回、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、2019年3月末の株主に発行されている2020年6月末が期限の各種優待券を、2020年12月末まで利用できるようにすることを発表した。(セガサミーホールディングス、コード:6460、市場:東証1部)

居酒屋大手の大庄(9979)、「優待飲食券」の有効期限を 延長! 新型コロナウイルスの影響を考慮し、2019年 8月実施分の「優待飲食券」の有効期限を6カ月延長へ! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「庄や」などをチェーン展開する居酒屋大手の大庄(9979)が、2019年8月末の株主に贈呈した「優待飲食券」の有効期限を延長することを、2020年4月15日に発表した。大庄の株主優待は、毎年8月末と2月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上を保有する株主に、保有株数に応じて、自社グループ店舗での飲食代に利用できる『優待飲食券』か、産地直送の特産品を年2回贈呈」というもの。今回の発表によると、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、2019年8月末の株主に贈呈した「優待飲食券」の有効期限を6カ月延長するとのことだ。当初の有効期限は「2020年5月末」だったが、「2020年11月末」まで延長される。(大庄、コード:9979、市場:東証1部)

あみやき亭(2753)、株主優待券の有効期限を延長! 新型コロナウイルスの影響を考慮して、2019年6月発 送分の「優待券」の有効期限を2020年6月末⇒9月末に - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:あみやき亭(2753)が、2019年3月末の株主を対象に贈呈した「株主ご優待券」の有効期限を延長することを、2020年4月15日に発表した。あみやき亭の株主優待は、毎年3月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上を保有する株主に、保有株数と継続保有期間に応じて、自社店舗での飲食代に利用できる『株主ご優待券』を贈呈(300株以上を保有する場合、『株主ご優待券』をお米に交換することも可能)」というもの。今回の発表によると、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、「株主ご優待券」の利用機会を確保するため、2019年3月末の株主に贈呈した分の有効期限を3カ月延長するとのことだ。当初の有効期限は「2020年6月末」だったが、「2020年9月末」まで延長される。(あみやき亭、コード:2753、市場:東証1部)

グルメ杵屋(9850)、株主優待の食事券の期限延長と、 株主総会後の「懇親試食会&お土産の配布」を中止! 「食事券」の期限は1カ月~最大7カ月延長することに - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:うどんや蕎麦のチェーン店などを展開するグルメ杵屋(9850)が、2018年3月末と2018年9月末の株主を対象に贈呈した「株主優待食事券」の有効期限を延長すること、さらに、例年は株主総会後に行われている「懇親試食会」を、2020年6月に開催予定の株主総会後には実施しないことを、2020年4月14日に発表した。グルメ杵屋の株主優待は、毎年3月末と9月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上を保有する株主に、保有株数と継続保有期間に応じて、自社グループの飲食店で利用できる『株主優待食事券』を年2回贈呈(近くに店舗がない場合は、『株主優待食事券』をアサヒウェルネスフーズの半生うどん・そば、おせち料理や、水間鉄道の『1日フリー乗車証』と交換することも可能)」というもの。今回の発表によると、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、2018年3月末と2018年9月末時点の株主に贈呈した「株主優待食事券」の有効期限を、どちらも2020年の12月末まで延長するとのことだ。(グルメ杵屋、コード:9850、市場:東証1部)

ワタミ(7522)、新型コロナウイルス感染拡大の影響 による臨時休業への対応で「優待券」の期限を延長! 株価急落で100株保有時の株主優待利回りは6.3%に! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「和民」などの外食事業や宅食事業などを手掛けるワタミ(7522)が、2019年9月末の株主を対象に贈呈した「優待券」の有効期限を延長することを、2020年4月13日に発表した。ワタミの株主優待は、毎年3月末と9月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上を保有する株主に、保有株数に応じて、自社グループの飲食店や宅食サービスで利用できる『優待券』を年2回贈呈」というもの。今回の発表によると、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、2019年9月末時点の株主に贈呈した「優待券」の有効期限を2カ月延長するとのことだ。当初の有効期限は「2020年5月末」だったが、「2020年7月末」まで延長される。(ワタミ、コード:7522、市場:東証1部)

居酒屋運営のチムニー(3178)、新型コロナウイルスの 影響による臨時休業への対応で食事券の期限を延長! 「はなの舞」など首都圏の店舗の営業自粛で株価は低迷 - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:居酒屋の「はなの舞」などをチェーン展開するチムニー(3178)が、2019年9月末の株主を対象に贈呈した「食事優待券」と「食事券」の有効期限を延長することを、2020年4月13日に発表した。チムニーの株主優待は、毎年3月末と9月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上を保有する株主に、『食事優待券(利用制限あり)』10枚を年2回贈呈。500株以上を保有する株主に、『食事券(利用制限なし)』30枚を年2回贈呈(または自社オリジナル商品セットとの交換も可能)」というもの。今回の発表によると、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う同社の店舗の臨時休業に伴って、「食事優待券」や「食事券」の有効期限を2カ月延長するとのことだ。当初の有効期限は「2020年6月末」だったが、「2020年8月末」まで延長される。(チムニー、コード:3178、市場:東証1部)

大戸屋ホールディングス、お弁当券の特別株主優待を 実施! 新型コロナウイルスを考慮し、通常の「食事券」 に加え、テイクアウト可能な「お弁当券」の優待を追加 - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:大戸屋ホールディングス(2705)が、2020年3月末の株主を対象に、「お弁当券(兼お食事券)」の特別株主優待を実施することを、2020年4月13日に発表した。大戸屋ホールディングスの特別株主優待の内容は、「100株以上を保有する株主に、『お弁当券(兼お食事券)』2500円分(500円分×5枚)を贈呈。500株以上を保有する株主に、『お弁当券(兼お食事券)』2万5000円分(500円分×50枚)を贈呈」というもの。この特別株主優待は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けての取り組みで、今回限りの限定措置となる。なお、通常の株主優待は毎年3月末の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上を保有する株主に、保有株数と継続保有期間に応じて『食事券』か『精米』を贈呈」となっている。(大戸屋ホールディングス、コード:2705、市場:JASDAQスタンダード)

中日本興業、株主優待の「映画優待券」「カフェ優待券」 の有効期限を延長! 新型コロナウイルスの影響を考慮 し、映画館などで使える優待券の期限を3~5カ月延長 - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:映画興行会社で、カフェの運営も手掛けている中日本興業(9643)が、2019年9月末の株主優待で配布済みの「映画優待券」「カフェ優待券」の有効期限を延長することを、2020年4月6日に発表した。中日本興業の株主優待は、毎年3月末と9月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上保有する株主に、保有株数に応じて、自社が運営する『ミッドランドスクエア シネマ』『ミッドランドシネマ 名古屋空港』で利用できる『映画優待券』と、自社の運営するカフェで利用できる『カフェ優待券』を年2回贈呈」というもの。今回、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、2019年9月末の株主に発行されている2020年2月末・3月末・4月末が期限の「映画優待券」と「カフェ優待券」を、2020年7月末まで利用できるようにすることを発表した。(中日本興業、コード:9643、市場:名証2部)

鳥貴族(3193)、新型コロナウイルス感染拡大の影響に よる臨時休業への対応で「食事券」の期限を2カ月延長! 5月まで全店臨時休業を続ける影響などで株価は急落中 - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2020年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:鳥貴族(3193)が、2019年7月末の株主を対象に贈呈した「食事券」の有効期限を延長することを、2020年4月9日に発表した。鳥貴族の株主優待は、毎年7月末と1月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上を保有する株主に、保有株数に応じて『食事券』を年2回贈呈」というもの。今回の発表によると、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う同社の店舗の臨時休業に伴って、「食事券」の有効期限を2カ月延長するとのことだ。当初の有効期限は「2020年4月末」だったが、「2020年6月末」まで延長される。(鳥貴族、コード:3193、市場:東証1部)

来週(4/13~17)の日経平均株価の予想レンジは、 1万8500~2万500円! 個人投資家の「押し目買い」 意欲が高まる中、低迷していた「直近IPO銘柄」に注目 - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(4/13~17)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週の株式市場ですが、出来高が大きく膨らむ展開は期待しづらく、先物に絡んだインデックス売買の影響を受けやすい状況が続きそうです。ただ、薄商いの中では、日銀のETF買い入れのインパクトが大きくなりますので、底堅さが意識されやすいでしょう。また、3月以降、多くの企業がIPOを取りやめました。その影響で行き場の失った資金のシフト先として、「直近IPO銘柄」を見直す流れが強まりやすいでしょう。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.