Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: ダイヤモンド

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「株価が急落しにくい株主優待株ランキング」ベスト3 を発表! 買物割引券がもらえるニトリHD、18期連続 増配のKDDI、食事券が人気の日本マクドナルドに注目 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ダイヤモンド・ザイが独自にスコア化して割り出した、急落に強い「株主優待株」ランキングの上位3銘柄は、ニトリホールディングス(9843)、KDDI(9433)、日本マクドナルドホールディングス(2702)! 発売中のダイヤモンド・ザイ6月号は、特集「底値が堅い! 株主優待株69」を掲載!「コロナ・ショック」でほとんどの銘柄の株価が急落しているが、以前より安値で買える株主優待株が増えて、投資の機会を伺っている投資家も多いかもしれない。しかし、相場の先行きにはまだまだ不透明感があるため、これから投資をするなら、「コロナ・ショック」でも下落幅が小さかった“急落に強い株”を選ぶべきだろう。そこで、この特集では、急落後に株主優待株を買うにあたって注意すべきポイントや、ダイヤモンド・ザイが独自にスコア化して選出した、今こそ注目の株主優待株を紹介! さらに、あの株主優待名人・桐谷さんが、今回のコロナ相場をどのように過ごしていたかも取り上げているので、株主優待株に興味がある人なら必見だ! 今回はその中から、急落に強い株主優待株のランキングを一部抜粋! 株主優待の内容が魅力的なのはもちろん、「コロナ・ショック」時でも株価下落は限定的で、業績や財務が健全な上位3銘柄を紹介するので、銘柄選びの参考にしてほしい!

株価急落時に買うべき「株主優待株」の“3つのポイント” を解説! 配当+優待利回りや優待人気の高さのほか、 「自己資本比率30%以上」など財務&業績も要チェック - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:急落相場に強い「株主優待株」を選ぶ3つのポイントを解説! 発売中のダイヤモンド・ザイ6月号は、特集「底値が堅い! 株主優待株69」を掲載!「コロナ・ショック」でほとんどの銘柄の株価が急落しているが、以前より安値で買える株主優待株が増えて、投資の機会を伺っている投資家も多いかもしれない。しかし、相場の先行きにはまだまだ不透明感があるため、これから投資をするなら、「コロナ・ショック」でも下落幅が小さかった“急落に強い株”を選ぶべきだろう。そこで、この特集では、急落後に株主優待株を買うにあたって注意すべきポイントや、ダイヤモンド・ザイが独自にスコア化して選出した、今こそ注目の株主優待株を紹介! さらに、あの株主優待名人・桐谷さんが、今回のコロナ相場をどのように過ごしていたかも取り上げているので、株主優待株に興味がある人なら必見だ! 今回はその中から、急落後に株主優待株を買うときの3つのポイントを抜粋! 再び相場が急落するようなことがあっても慌てずに済むよう、地力が強い株主優待株に投資しよう!

サラリーマンが知っておきたい「給与明細」の見方を わかりやすく解説! 給与明細は「支給」の項目だけで なく、差し引かれる「控除」の内訳にも注目しよう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:給与の「額面」と「手取り」に差がある理由とは?「給与明細」の見方をチェックしよう! 発売中のダイヤモンド・ザイ6月号には、別冊付録「1年目のおかねの教科書~人生の節目にやるべき4つのこと~」が付いてくる! この別冊付録では、「新社会人になったとき」「結婚したとき」「出産したとき」「定年退職したとき」という人生の4つの節目において、知らないと損するお金の情報をわかりやすくまとめているので、これから人生の節目を迎える人、忘れている手続きがないか不安な人などは必見だ! 今回は、その中の「新社会人になったとき」の記事から一部を抜粋。会社員や公務員なら必ず知っておきたい「給与明細」の見方を解説する。新社会人の人も、社会人になってだいぶ経つ人も、「給与明細」の見方がイマイチわかっていないなら、ぜひチェックを!(※監修は、お金のソムリエ協会・会長の坂下仁さん)

“コロナ・ショック”でも株価の下落率が小さく、回復力 も強かった「安定配当株」とは? 守りに強く、配当利 回りも高い情報通信セクターの「日本電信電話」に注目 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:“コロナ・ショック”でも株価の下落率が小さかった「安定配当株」とは? 業種別に値動きを比較して検証! 発売中のダイヤモンド・ザイ6月号の大特集は、「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」! 日本株市場は「コロナ・ショック」の影響から、まだまだ先行きが読みづらい状況が続いているが、一時期のような暴落相場からは、いったん脱した気配がある。バーゲンセール状態の今こそ、株を買いたいと考える人も多そうだが、この情勢で油断は禁物。銘柄選びには、普段以上に慎重になるべきだろう。そこで、ダイヤモンド・ザイ6月号の大特集「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」では、「コロナ・ショック」でも株価が底堅く、再び下落局面が到来しても、粘り強さを発揮しそうな「高配当株」をランキング形式で紹介! さらに、業種別で注目の「高配当株」や、大型安定株の配当利回りランキングなども掲載しているので、銘柄選びの参考になるはずだ。今回は特集の中から、業種別に見た「コロナ・ショック」時の株価の“下落率”と、その後の“回復力”を示す一覧表を抜粋! 相場が急落している中で「高配当株」を狙うときは、減配したり、赤字転落から無配になったりするリスクをはらんだ銘柄は、極力避けたい。業種別の値動きの推移を見れば、安定感のある業種やテーマが見えてくるので、ぜひチェックを!

「連続増配株」の株価は“コロナ・ショック”でどう動いた のか? 30年連続増配の花王、21年連続増配の小林製 薬など、歴史的暴落でも強かった連続増配株を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:花王(4452)や小林製薬(4967)など、「連続増配株」5銘柄の「コロナ・ショック」時の株価の“下落率”や“回復力”を調査! 発売中のダイヤモンド・ザイ6月号の大特集は、「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」! 日本株市場は「コロナ・ショック」の影響から、まだまだ先行きが読みづらい状況が続いているが、一時期のような暴落相場からは、いったん脱した気配がある。バーゲンセール状態の今こそ、株を買いたいと考える人も多そうだが、この情勢で油断は禁物。銘柄選びには、普段以上に慎重になるべきだろう。そこで、ダイヤモンド・ザイ6月号の大特集「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」では、「コロナ・ショック」でも株価が底堅く、再び下落局面が到来しても、粘り強さを発揮しそうな「高配当株」をランキング形式で紹介! さらに、業種別で注目の「高配当株」や、大型安定株の配当利回りランキングなども掲載している。今回は特集の中から、投資家からの注目度が高い「連続増配株」の株価の“下落率”や“回復力”にスポットを当てたコラムを抜粋! 銘柄選びの参考にしてほしい。

株価下落に強い「高配当株」の3銘柄を紹介! 外出自 粛でも影響を受けにくいセブン&アイHD、リーマン・ ショック後も増収だったセンコーグループなどに注目 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:アナリストが注目する「高配当株」は、セブン&アイ・ホールディングス(3382)とセンコーグループホールディングス(9069)、ライト工業(1926)の3銘柄! 発売中のダイヤモンド・ザイ6月号の大特集は、「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」! 日本株市場は「コロナ・ショック」の影響から、まだまだ先行きが読みづらい状況が続いているが、一時期のような暴落相場からは、いったん脱した気配がある。バーゲンセール状態の今こそ、株を買いたいと考える人も多そうだが、この情勢で油断は禁物。銘柄選びには、普段以上に慎重になるべきだろう。そこで、ダイヤモンド・ザイ6月号の大特集「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」では、「コロナ・ショック」でも株価が底堅く、再び下落局面が到来しても、粘り強さを発揮しそうな「高配当株」をランキング形式で紹介! さらに、業種別で注目の「高配当株」や、大型安定株の配当利回りランキングなども掲載しているので、銘柄選びに役立つはずだ。今回は特集の中から、底値が堅い「高配当株」ランキングに入った銘柄のうち、アナリストなどの相場のプロが「特に有望」と太鼓判を押す銘柄を抜粋してお届け! ダイヤモンド・ザイ6月号の誌面では15銘柄紹介しているが、ここではそのうちの3銘柄を取り上げる!

ダイヤモンド・ザイ6月号は急落に強い【高配当株】を 大特集! コロナ・ショックから反発必至の株主優待株、 人気投資信託の急落防御力など、今必見の記事を満載 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:4月21日発売のダイヤモンド・ザイ6月号は、「【大特集】全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」! 「底値が堅く今がチャンスの株主優待株」など、この時期に読みたい特集が満載です! 株式市場は「コロナ・ショック」の影響から、先行きが読みづらい状況が続いています。巻頭特集は「大暴落を見抜いた人に聞いた! ここからの投資戦略!」。ひふみ投信の藤野英人さんらが今度の投資戦略を詳しく解説! 大特集「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」では、「コロナ・ショック」でも株価が底堅く、再び下落局面になっても、粘り強さを発揮しそうな「高配当株」を厳選! ダイヤモンド・ザイが独自にスコア化して割り出しました! そのほか、特集「底値が堅く今がチャンスの株主優待株」では、株主優待名人・桐谷広人さんが「コロナ・ショック」後の1カ月間に買った67銘柄を独占公開! さらに「人気投資信託TOP50の急落防御力」など、ダイヤモンド・ザイでしか読めない注目記事が盛りだくさんです!

急落相場でも底値が堅い「高配当株ランキング」ベスト5 を発表! リーマン・ショック直後でも増益達成のKDDI など、収益力や財務基盤が盤石な5銘柄がそろい踏み! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:配当利回りが高いだけでなく、相場の急落局面にも強い「底値が堅い【高配当株】ランキング」ベスト5を紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ6月号の大特集は、「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」! 日本株市場は「コロナ・ショック」の影響から、まだまだ先行きが読みづらい状況が続いているが、一時期のような暴落相場からは、いったん脱した気配がある。バーゲンセール状態の今こそ、株を買いたいと考える人も多そうだが、この情勢で油断は禁物。銘柄選びには、普段以上に慎重になるべきだろう。そこで、ダイヤモンド・ザイ6月号の大特集「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」では、「コロナ・ショック」でも株価が底堅く、再び下落局面が到来しても、粘り強さを発揮しそうな「高配当株」を紹介。ひと口に「高配当株」といっても、今は株価が暴落したせいで「高配当株」が急増し、玉石混交の状態になっている。特集では、買っていい「高配当株」と、避けるべき「高配当株」も解説しているので、銘柄選びのヒントになるはずだ。今回は特集の中から、ダイヤモンド・ザイが独自にスコア化して割り出した、「底値が堅い【高配当株】ベスト70」の上位5位までを抜粋! 業績に安定感があり、ある程度安心して保有できる銘柄ばかりなので、ぜひチェックを!

「高配当株」を選ぶときに知っておきたい“新常識”を 解説! コロナ・ショックで急増している「高配当株」 に投資するなら「利回り+α」がある銘柄を選ぼう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「コロナ・ショック」で急増している「高配当株」の中でも、“買っていい銘柄”の見極め方をアナリストが解説! 4月21日に発売されるダイヤモンド・ザイ6月号の大特集は、「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」! 日本株市場は「コロナ・ショック」の影響から、まだまだ先行きが読みづらい状況が続いているが、一時期のような暴落相場からは、いったん脱した気配がある。バーゲンセール状態の今こそ、株を買いたいと考える人も多そうだが、この情勢で油断は禁物。銘柄選びには、普段以上に慎重になるべきだろう。そこで、ダイヤモンド・ザイ6月号の大特集「全3717社を分析して見つけた! 急落に強い【高配当株】113」では、「コロナ・ショック」でも株価が底堅く、今後再び下落局面が到来しても、粘り強さを発揮しそうな「高配当株」を113銘柄紹介。ひと口に「高配当株」といっても、今は株価が暴落したせいで「高配当株」が急増し、玉石混交の状態になっている。特集では、買っていい「高配当株」と、避けるべき「高配当株」も解説しているので、投資先選びのヒントになるはずだ。今回は特集の中から、急落に強い「高配当株」の選び方を、Q&A方式で紹介した記事を抜粋。アナリストなどの相場のプロが、初心者にもわかりやすく解説しているので、ぜひチェックしてほしい!

小学校の「プログラミング教育」の具体的な内容や、 導入された背景、狙いをマンガでわかりやすく解説! 子どもたちが学ぶ“プログラミング的な思考法”とは? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:小学校で2020年4月に始まった「プログラミング教育」では何を学ぶ? なぜ今「プログラミング教育」が重視されるのかを専門家が解説! 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ5月号に掲載中のノンフィクションマンガ連載「どこから来てどこへ行くのか日本国(作画:西アズナブル)」を紹介! この連載では、お金に関連した多様なテーマを取り上げているが、ダイヤモンド・ザイ5月号に掲載中のテーマは「『プログラミング教育』が始まる背景と狙いとは?」。2020年4月から小学校で「プログラミング教育」が導入される。かといって、子どもたちがコンピューターを動かすためのプログラムを実際に書いたり、専用の言語を勉強したりするわけではない。学習するのは“プログラミング的な思考方法”だという。マンガで詳しく見ていこう!

新型コロナウイルスの治療薬やワクチンの開発などで 注目の「米国株」を紹介! 医薬品大手のギリアド・サイ エンシズ、巣ごもり消費のドミノ・ピザなどに注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「新型コロナウイルス」の治療薬やワクチンの開発で注目を集める「医薬品」関連株のほか、「テレワーク」や「巣ごもり消費」関連の米国株を紹介! ダイヤモンド・ザイ5月号は、特集「今こそ“買い”の【米国株】100」を掲載! この特集では、これから大幅上昇しそうな期待の米国株を紹介。また、米国株の主要指数である「S&P500」と「ナスダック指数」の今後の動きについても、米国株のプロ5人に予測してもらっている。米国では、新型コロナウイルスの感染拡大で株式市場が混乱し、乱高下を繰り返す展開が続いている。しかし、なかにはこの状況で株価を伸ばしている銘柄も。ダイヤモンド・ザイ5月号では、そんな今注目の銘柄を「新型コロナウイルスの治療薬」関連、「テレワーク」関連、「巣ごもり消費」関連の3ジャンルで、合計5銘柄取り上げている(銘柄選定は、マンハッタン・グローバル・フィナンシャルの森崇さん)。ここでは、5銘柄すべてを抜粋するので、米国株投資に興味がある人は、ぜひチェックを!

米国株でおすすめの銘柄は「ジョンソン&ジョンソン (JNJ)」や「クロロックス(CLX)」!“業績安定+25年 以上の連続増配”でアナリストも注目の2銘柄を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国株に詳しいアナリストなどのプロが推奨する「10年増配株」は、クロロックス(CLX)とジョンソン&ジョンソン(JNJ)! ダイヤモンド・ザイ5月号は、特集「今こそ“買い”の【米国株】100」を掲載! この特集では、これから大幅上昇しそうな期待の米国株を紹介。また、米国株の主要指数である「S&P500」と「ナスダック指数」の今後の動きについても、米国株のプロ5人に予測してもらっている。新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、米国株を巡る状況は刻一刻と変化している。株を買うにも躊躇してしまうような波乱相場が続いているが、株価が安くなっている今こそ、優良な「連続増配株」の仕込み時だ。ダイヤモンド・ザイでは、これまで25年以上にわたって増配を続け、なおかつ今後も増配記録を伸ばし続けそうな銘柄を「10年増配株」と命名。今回はそんな「10年増配株」のうち、米国株に詳しいアナリストなどが推奨する2銘柄を紹介! 銘柄選びの参考にしてほしい。

米国株の中で、25年以上も「連続増配」を続けていて、 今後も増配を続けそうな5銘柄!「コロナ・ショック」 で株価が下落している今こそ「連続増配株」に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今こそ「連続増配株」の仕込み時!「米国株」で25年以上も連続増配を続け、さらに増配記録を伸ばしそうな「10年増配株」を5銘柄紹介! ダイヤモンド・ザイ5月号は、特集「今こそ“買い”の【米国株】100」を掲載! この特集では、これから大幅上昇しそうな期待の米国株を紹介。また、米国株の主要指数である「S&P500」と「ナスダック指数」の今後の動きについても、米国株のプロ5人に予測してもらっている。新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、米国株を巡る状況は刻一刻と変化している。株を買うにも躊躇してしまうような波乱相場が続いているが、株価が安くなっている今こそ、優良な「連続増配株」の仕込み時だ。ダイヤモンド・ザイでは、これまで25年以上にわたって増配を続け、なおかつ今後も増配記録を伸ばし続けそうな銘柄を「10年増配株」と命名。業績などから得点をつけ、ランキング形式で40銘柄発表している。ここでは、その中から上位5銘柄を抜粋するので、投資の参考にしてほしい!(※データ提供:マージェントジャパン)

新型コロナウイルスの感染拡大にも負けない成長力を 秘める2銘柄! サブスク型ITビジネスの「パシフィック ネット」と無人レジを展開する「サインポスト」に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「コロナ・ショック」を物ともしない、波乱相場でもノーダメージでの成長が期待できるタフな2銘柄を紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ5月号は「【緊急大特集】どうなる日本株」を掲載! 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の株式市場が大パニックに陥っている。そこで、ダイヤモンド・ザイでは、今後の株価の推移や実体経済の動向、新型コロナウイルスによる打撃が大きい業種・小さい業種などについて相場のプロ68人に聞いている。今回は特集の中から、アナリストなどの相場のプロが値上がりに期待する、「『コロナ・ショック』でもノーダメージな銘柄」を紹介! 誌面では8銘柄取り上げているが、ここでは2銘柄を抜粋する。

新型コロナウイルス関連銘柄として注目される「検査 キット」や「空間除菌」の技術を持った2銘柄を紹介! 栄研化学や日機装が中長期保有におすすめの理由は? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:新型コロナウイルスの克服に欠かせない「検査キット」や「空間除菌」などの技術を持つ注目の2銘柄を紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ5月号は「【緊急大特集】どうなる日本株」を掲載! 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の株式市場が大パニックに陥っている。そこで、ダイヤモンド・ザイでは、今後の株価の推移や実体経済の動向、新型コロナウイルスによる打撃が大きい業種・小さい業種などについて相場のプロ68人に聞いている。今回は特集の中から、アナリストなどの相場のプロが値上がりに期待する、「新型コロナウイルス克服銘柄」を紹介! 誌面では、「医薬品」や「検査キット」「空間除菌」などの技術を持つ8銘柄を取り上げているが、ここでは2銘柄を抜粋してみよう。

「自転車保険」の選び方&おすすめ商品をタイプ別に 解説! 東京都でも加入が義務化される「自転車保険」 の保険料や補償内容、賠償金額などを調査して比較! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「自転車保険」のおすすめ商品を紹介! ダイヤモンド・ザイでは、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを「ZAi NEWS CHANNEL!」で毎号紹介している。今回は発売中のダイヤモンド・ザイ5月号から、4月から東京都でも加入が義務化される「自転車保険」に関する記事をピックアップ! 自転車で事故を起こして相手にケガを負わせると、多額の賠償金を課されることがある。そんなリスクを回避するために加入の義務化が進んでいるのが「自転車保険」だ。この4月からは、ついに東京都でも義務化の運びに。しかし、人によっては「自転車保険」が不要なケースもある。知らずに「自転車保険」に入ると、補償がダブって保険料のムダ払いにつながるので要注意だ。ここでは、「自転車保険」が不要なケースを紹介するほか、おすすめの保険をタイプ別に10商品紹介するので、自分や家族が自転車に乗っているなら、参考にしてほしい!

「LINE証券」と「tsumiki証券」は株初心者におすすめ! 投資信託を厳選して取扱本数を絞り、スマホの簡単操 作で資産運用を始められるので、投資初心者に最適! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:スマホで投資信託を買うなら「LINE証券」と「tsumiki証券」をチェックしよう! ダイヤモンド・ザイ5月号は、特集「いつでもできる手のひら投資【スマホで投資信託】」を掲載! 最近、多くの証券会社が、スマホで投資信託を買いやすい環境を整備している。スマホでの投資信託の取引は、株やFX(外国為替証拠金取引)に後れを取っていただけに、投資信託メインで資産運用をしている投資家にとっては朗報だろう。しかし、そのサービス内容は証券会社ごとに異なっており、当然使い勝手の良し悪しにも差がある。そこで、特集「いつでもできる手のひら投資【スマホで投資信託】」では、主要な証券会社&新規参入組9社の「スマホの投資信託サービス」を比較。どんな人にどんな証券会社が適しているかを紹介するほか、スマホで投資信託を買う手順も解説しているので、相場の急落が続いて基準価額の安い投資信託の増えている今こそ、投資を始めようと考えている初心者も必見だ! 今回はこの特集から、証券業界に新規参入したばかりの「LINE証券」と「tsumiki証券」について取り上げた記事をピックアップ。両社とも最初からスマホで取引することを想定した証券会社で、初心者でも投資しやすい仕組みづくりに注力している。ぜひ、証券会社選びの参考にしてほしい!

“外出自粛”で株価上昇が期待できる「家ナカサービス」 の注目株を紹介! ネット教育関連のチエル(3933)、 電子マンガのビーグリー(3981)は増収増益で業績好調 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:“外出自粛”で注目度が上がりそうな「家ナカサービス」関連株を2銘柄紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ5月号は「【緊急大特集】どうなる日本株」を掲載! 新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界中の株式市場が大パニックに見舞われていることはご存じのとおり。そこで、ダイヤモンド・ザイでは、アナリストなどの相場のプロ68人に、今後の株価の推移や実体経済の動向、新型コロナウイルスによる打撃が大きい業種・小さい業種などについて解説してもらってる。先行きが見通せず、投資の方針を決めかねて途方に暮れている人には参考になるはずだ。今回は特集の中から、新型コロナウイルスが猛威を振るう今だからこそ、アナリストなどの相場のプロが値上がりに期待する「家ナカサービス」の注目株を紹介! 銘柄選びの参考にしてほしい。

スマホで投資信託を買いやすい証券会社9社のサービス 比較! 初心者におすすめのLINE証券、tsumiki証券、 スマホ専用サイトをオープンしたSBI証券などに注目 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:スマホで投資信託を買うときに、おすすめの証券会社とは? 主要な証券会社&新規参入組の“スマホの投資信託サービス”を徹底比較! ダイヤモンド・ザイ5月号は、特集「いつでもできる手のひら投資【スマホで投資信託】」を掲載! 最近、多くの証券会社が、スマホで投資信託を買いやすい環境を整備している。スマホでの投資信託の取引は、株やFX(外国為替証拠金取引)に後れを取っていただけに、投資信託メインで資産運用をしている投資家にとっては朗報だろう。しかし、そのサービス内容は証券会社ごとに異なっており、当然使い勝手の良し悪しにも差がある。そこで、特集「いつでもできる手のひら投資【スマホで投資信託】」では、主要な証券会社&新規参入組9社のスマホの投資信託サービスを比較。どんな人にどんな証券会社が適しているかを紹介するほか、スマホで投資信託を買う手順も解説しているので、相場の急落が続いて基準価額の安い投資信託の増えている今こそ、投資を始めようと考えている初心者も必見だ! 今回はこの特集から、証券会社9社のスマホの投資信託サービスを比較した一覧表を抜粋! 証券会社選びの参考にしてほしい。

「インフラファンド」7銘柄の中で、専門家おすすめの 銘柄は?「東証インフラファンド指数」のETFが開発 されれば、機関投資家の資金流入で値上がり期待も! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「東証インフラファンド指数」が2020年4月に算出開始で、注目されるおすすめの「インフラファンド」を紹介! いま注目すべき「インフラファンド」や、逆に専門家が「弱気」と見ている「インフラファンド」も公開! ダイヤモンド・ザイでは、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを「ZAi NEWS CHANNEL!」で毎号紹介している。今回は発売中のダイヤモンド・ザイ5月号から、「4月に設定される『インフラファンド指数』」に関する記事をピックアップ! 「インフラファンド」とは、Jリートに似た仕組みで、株と同様に市場で売買できる金融商品。おもな投資先は「太陽光発電施設」で、投資家は発電で得た売電収入から分配金を受け取れる。そんな「インフラファンド」が、2020年4月から指数化されることに。今後、そこからETF(上場投資信託)が開発されれば、「インフラファンド」市場の拡大や、値上がりが期待できる。しかし、すべての「インフラファンド」が「買い」なわけではなく、なかには専門家が今後の投資判断を「弱気」とする銘柄も。そこで、ここでは、上場している「インフラファンド」各社の投資判断を紹介しよう!

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.