Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: テレワーク

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「サイバーセキュリティ」関連銘柄に注目! 外出自粛 で“テレワーク”が普及して、サイバー攻撃対策や機密 情報の保護など「セキュリティ」の重要度がアップ! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「サイバーセキュリティ」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済対策として現金10万円を一律給付するの「特別定額給付金(仮称)」が4月20日に閣議決定されましたが、早くも給付金を狙った詐欺メールなどが出回り始めています。また、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する一環として、日本でもテレワークの導入が一気に進展しましたが、サイバー攻撃への対策や機密情報・個人情報の保護といったセキュリティ関係の対策を適切に施している企業は、実のところ多くないというのが実態でしょう。今回は、こうした「給付金や外出自粛要請に関わる詐欺の増加」と「テレワークの普及によるサイバー攻撃の増加」を背景に、今後、改めて需要が表面化してくると見られる「サイバーセキュリティ」関連の銘柄に注目してみました

“外出自粛”で株価上昇が期待できる「家ナカサービス」 の注目株を紹介! ネット教育関連のチエル(3933)、 電子マンガのビーグリー(3981)は増収増益で業績好調 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:“外出自粛”で注目度が上がりそうな「家ナカサービス」関連株を2銘柄紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ5月号は「【緊急大特集】どうなる日本株」を掲載! 新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界中の株式市場が大パニックに見舞われていることはご存じのとおり。そこで、ダイヤモンド・ザイでは、アナリストなどの相場のプロ68人に、今後の株価の推移や実体経済の動向、新型コロナウイルスによる打撃が大きい業種・小さい業種などについて解説してもらってる。先行きが見通せず、投資の方針を決めかねて途方に暮れている人には参考になるはずだ。今回は特集の中から、新型コロナウイルスが猛威を振るう今だからこそ、アナリストなどの相場のプロが値上がりに期待する「家ナカサービス」の注目株を紹介! 銘柄選びの参考にしてほしい。

「オンライン教育」関連銘柄が、“新型コロナウイルス 対策”や“英語教育改革”により要注目のテーマ株に! 「チエル」「すららネット」などの注目銘柄も紹介! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「オンライン教育」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は、2月25日に開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、医療体制の整備などを柱とする基本方針をまとめました。感染拡大のスピードを抑制し、可能な限り重症者の発生と死亡数を減らすことを目標と位置付け、企業や団体などに対して、発熱などの風邪症状が見られる職員の休暇取得の勧奨、時差出勤やテレワークについて、強力に推進するよう呼び掛けています。こうした流れから、今後、多くの地域で学校が休校になることが考えられることから、株式市場では「オンライン教育」への関心が高まりやすいと思われます。

日経平均株価やNYダウが暴落する中、買うべき銘柄 はこれだ! 「テレワーク」や「治療薬」「金」など 「新型肺炎の逆風が追い風になる銘柄」をチェック! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 本日2月25日前場の日経平均株価は、前週末比700.13円安の2万2686.61円と大きく下落しました。新型コロナウイルスの感染者がアジアのみならず欧州でも急増したことから、世界的なサプライチェーンの混乱が起きる可能性が高まったことが売り材料です。このような状況を受け、2月24日のNYダウ(ダウ工業株価平均指数)は3日続落し、前週末比1031.61ドル安の2万7960.80ドルでした。下げ幅は、2018年2月8日の1033ドル安以来、過去3番目の大きさでした。また、ナスダック総合株価指数も、同355.310ポイント安の9221.280ポイントと3日続落しました。また、2月21日に発表された2月の米国の総合購買担当者景気指数(PMI)の速報値は、前月比で3.7ポイント低下し49.6でした。

来週(2/25~28)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3000~2万4000円! 引き続き「テレワーク」や 「アニメ」関連銘柄、「高配当株」を要チェック! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(2/25〜28)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(2月25日〜28日)の日経平均株価は、2万3000〜2万4000円レベルでの「レンジ相場」が続きそうです。引き続き新型コロナウイルス感染拡大の封じ込めの進展が注目されます。また、2月22日〜23日に開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、新型肺炎を巡る成長リスクが議論さるので、財政支援など各国の姿勢が注目されそうです。

“巣ごもり消費”関連銘柄の「ビーグリー(3981)」や 「ネクソン(3659)」に注目! 新型肺炎の影響でゲー ムやマンガなど、自宅で楽しめるサービスが人気に! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「巣ごもり消費」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。いったんは新型コロナウイルスへの警戒感が和らぐ局面も見られた株式市場でしたが、足元では再び下落しています。今後、感染者数がピークアウトしたタイミングで、ヘッジファンドなどが押し目買いの好機と見て買いポジションを積み上げてくる可能性はあるものの、一方で、新型コロナウイリスの企業業績への影響が顕在化してきたことが警戒されます。そうした状況の中で、新型コロナウイルスの感染拡大によって需要が見込まれる新たな関連銘柄に物色が広がっています。

日経平均株価が急落中の今こそ絶好の“仕込み好機”! 直接的な新型コロナウイルス関連銘柄に加え、「テレ ワーク」「巣ごもり消費」などのテーマ株が狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 足元の日本の景気鈍化が鮮明です。2月17日に発表された2019年10~12月期の実質GDP速報値は、年率換算で6.3%減と、前回の消費税率引き上げ直後の2014年4~6月期の同7.4%減以来の大きさに達しました。そして、年明けの1~3月期以降も、中国で発生した新型コロナウイルス感染拡大が大きく経済の足を引っ張ることが懸念されてきています。インバウンド(訪日外国人客)も大幅に減少していることでしょう。特に今年は、中国政府が新型肺炎の拡大を理由に国内外の団体旅行を禁止したため、訪日中国人観光客が急減しています。このため、1~3月期の実質GDPもマイナス成長となる可能性が高まっています。

「テレワーク」の関連銘柄を紹介! 東京オリンピック 期間の混雑緩和策、新型コロナウイルスの感染予防策 として注目される「テレワーク」関連のおすすめ5銘柄 - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「テレワーク」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。政府は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会時の交通混雑緩和を目的に、自宅など職場以外で働く「テレワーク」の普及拡大を目指しています。その具体的な施策として、1月29日に「テレワーク・デイズ2020」の実施方針を発表しました。最近になって、新型コロナウイルスによる肺炎感染への警戒感が高まっていることから、この「テレワーク」への関心が高まってきています。新型コロナウイルスの感染拡大が不安視される中、企業では通勤ラッシュや人混みでの感染を防ぐため、「テレワーク」導入に向けた企業の取組みが増えてくるでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.