投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


来週(4/6~10)の日経平均株価の予想レンジは、 1万6800~1万8200円! 二番底が警戒される中、 「マスク」「医療設備」「テレワーク」などの物色が継続! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(4/6~10)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(4月6日〜10日)の日経平均株価についても、方向感の掴みづらい相場展開が続きそうです。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、特に東京都の感染者数が増えていることから、非常事態宣言の発動や、それに続くロックダウンが警戒されています。日経平均株価は、今週の値下がりによって再び下落への警戒感が高まってきていることもあり、二番底を探る動きが意識されるでしょう。一方で、3月半ばに見られたパニック的な乱高下については、その原因のひとつとなっていたAIアルゴリズムによる機械的な売買は一巡したようです。

「人工呼吸器」の関連銘柄を紹介! 新型コロナウイル スの治療に欠かせず、世界中で不足している「人工呼吸 器」の増産は、今や政府も後押しする「国策」の事業に! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「人工呼吸器」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、重症化してしまった患者に必要となる「人工呼吸器」の不足が懸念されています。このような状況を改善するため、トランプ大統領は3月27日、非常時において大統領権限で企業に指示を可能にする「国防生産法」に基づき、自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)に対して「人工呼吸器」の生産を命じました。また、GMのように正式な命令が出たわけではないようですが、米フォード・モーターも4月下旬から人工呼吸器の生産を始めると発表しています。

来週(3/30〜4/3)の日経平均株価の予想レンジは、 1万7500~2万500円! “ロックダウン”が実行されて 東京が封鎖されれば、株価は二番底を目指す展開も! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(3/30〜4/3)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(3月30日〜4月3日)の株式相場については、慎重な見方が大勢のようです。3月27日が3月決算企業の権利付き最終日なので、配当落ち分を先物でカバーする“配当再投資”による需給が、27日から週明けの30日辺りで終了します。期末にともなうGPIFの買いが一部で見られそうですが、今週のような強い押し上げ要因にはなりづらいでしょう。さらに、この週末に感染者が爆発的に増えるようだと、週明けの波乱展開が警戒されます。

「ゲーム」関連のおすすめ株を7銘柄紹介! 新型コロ ナの感染が拡大する中、データ使用量が75%も増加し た「ゲーム」の関連銘柄は、売上アップ間違いなし! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「ゲーム」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。東京都は3月23日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて新たな対応方針を公表しました。さらに3月24日には、2020年東京五輪についても延期が決定しました。米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズのCEOであるハンス・ベストバーグ(Hans Vestberg)氏は、一部経済番組の中で、「データ使用量が4カテゴリーで2ケタ増加した」と語ったそうです。具体的には、週比較で、ストリーミング需要が12%増、Webトラフィックが20%増、仮想プライベートネットワーク(VPN)は30%増、そしてゲームが75%増だったことを明らかにしています。

コロナショックの影響で新規上場後に株価が急落した 「直近IPO銘柄」が狙い目! 暴落相場のせいで適切 に評価されてない銘柄を、中長期的スタンスで狙おう - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「直近IPO銘柄」について、アナリストの村瀬智一さんが解説。いま世界は、新型コロナウイルスの混乱の中、米国のトランプ大統領は3月13日、国家非常事態を宣言しました。そして米連邦準備制度理事会(FRB)は15日に臨時会合を開き、政策金利を一気に1.0%引き下げて事実上の「ゼロ金利政策」に踏み切ることを決定。日本においても3月16日、日銀が金融政策決定会合を前倒しで開催し、ETF買い入れの年間目標額を現行の6兆円から「当面12兆円」に拡大する追加の金融緩和を決めるなど、各国中央銀行の協調姿勢が見られています。

「オンライン教育」関連銘柄が、“新型コロナウイルス 対策”や“英語教育改革”により要注目のテーマ株に! 「チエル」「すららネット」などの注目銘柄も紹介! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「オンライン教育」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は、2月25日に開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、医療体制の整備などを柱とする基本方針をまとめました。感染拡大のスピードを抑制し、可能な限り重症者の発生と死亡数を減らすことを目標と位置付け、企業や団体などに対して、発熱などの風邪症状が見られる職員の休暇取得の勧奨、時差出勤やテレワークについて、強力に推進するよう呼び掛けています。こうした流れから、今後、多くの地域で学校が休校になることが考えられることから、株式市場では「オンライン教育」への関心が高まりやすいと思われます。

「テレワーク」の関連銘柄を紹介! 東京オリンピック 期間の混雑緩和策、新型コロナウイルスの感染予防策 として注目される「テレワーク」関連のおすすめ5銘柄 - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「テレワーク」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。政府は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会時の交通混雑緩和を目的に、自宅など職場以外で働く「テレワーク」の普及拡大を目指しています。その具体的な施策として、1月29日に「テレワーク・デイズ2020」の実施方針を発表しました。最近になって、新型コロナウイルスによる肺炎感染への警戒感が高まっていることから、この「テレワーク」への関心が高まってきています。新型コロナウイルスの感染拡大が不安視される中、企業では通勤ラッシュや人混みでの感染を防ぐため、「テレワーク」導入に向けた企業の取組みが増えてくるでしょう。

新型コロナウイルス関連株は、今や「国策銘柄」! 中長期的には米国経済も堅調なので、感染拡大による 日本市場の下落局面は“絶好の買い場”と考えよう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 市場では、「新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響で一時的に経済に混乱が起きても、それは短期的な影響であり、中長期的にみると米国経済は堅調な状況が維持される。なぜならば、中国政府が金融・財政政策の両面で自国経済を下支えすることが十分見込めるため、米国の景気・経済は良好さが維持される可能性が高い。その結果、米国の主力企業の業績の改善基調は崩れることはない」という感じの見方が継続しています。

新型コロナウイルス関連として「医療廃棄物処理」の 関連株を5銘柄紹介! 「東陽テクニカ」「出光興産」 など、まだ注目度の低い“隠れた関連企業”を発掘! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「医療廃棄物処理」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。中国の新型コロナウイルスの感染拡大が警戒される中、日経平均株価は1月27日に今年最大の下落幅を記録しました。さらに、28日には一時2万3100円台まで下落するなど、不安定な相場展開が続いています。新型コロナウイルスの鎮静化が見えづらい状況で、引き続きリスクオフムードが高まっています。そんな相場環境の中、物色の流れとしては、先週に引き続いて「マスク」関連銘柄が急騰しているほか、「治験」「臨床検査」「医薬品」「バイオ」など、注目される対象が拡大しています。今後も新型コロナウイルスの感染拡大が続く場合、関連銘柄に関する連想がさらに広がりが見せることになりそうです。

日経平均は、新型コロナウイルスの影響で2万2057円 まで下落する!? ただし中長期的には“強気”なので、 今は無理せず「買い向かうタイミング」を見極めよう - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 東京株式市場は「新型コロナウイルス万歳相場」になっています。日経平均株価が調整色を強めている一方で、前回、当コラムで取り上げたような、マスク、防護服、ウイルス除去製品などの「新型コロナウイルス関連株」は“火柱高”となっているからです。ですが、この手の銘柄群は、「テーマ性」や「値動きのよさ」、「好需給」だけが買い材料です。そして、現在は、バリュエーションを無視して呆れるような株価を形成中なので、腕に覚えのある方だけ参加しましょう。

中国の「新型コロナウイルス」で注目される9銘柄を 紹介! 新型肺炎の関連銘柄として「マスク」「赤外 線サーモグラフィー」を手掛ける企業は要チェック! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 日米株式市場とも、相変わらず強い動きを続けています。ただし、日経平均株価に関しては、2万4100円ラウンドでの上値の重さが目立ち、過去最高値を更新し続ける米国に比べると相対的に弱い動きではあります。そんな状況下、足元の株式市場では、「新型肺炎関連」が人気化しています。これは、中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎です。このため、市場では、医療関係者向けの防護服やマスクのみならず、「赤外線サーモグラフィー」などを扱う企業の株価が“火柱高”になっています。

来週(1/20~24)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3800~2万4200円! 決算発表で株価が急落した 銘柄は、冷静に「押し目買い」のスタンスで狙おう! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(1/20~24)の日経平均株価の予想レンジを発表! 来週(1月20日〜24日)は、国内でも決算発表が増えてきますので、米国同様、決算を手掛かりとした物色が中心になりそうです。商いが低水準の中で決算に対して過剰に反応しやすくなっているので、イレギュラー的に下げてくる銘柄へは、冷静に押し目を拾うスタンスになりそうです。た、ゲーム株の決算が1月後半にかけて相次ぐので、ゲーム株の動向にも注目したいところです慎重な決算が続く局面においては、テーマ株にシフトしやすいと思われます。具体的なテーマとしては、TSMCの設備投資計画にから再び「5G」への関心が高まりやすい状況の中、ハイテク企業のほか、「ローカル5G」など今後本格化するサービスの関連銘柄へ物色に向かいやすいでしょう。

2020年の日経平均株価の予想レンジは、2万~2万 6000円! 市場全体の上昇機運が高まる中、「5G」 「国土強靭化」「東証再編」などのテーマ株に期待! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来年2020年の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 2020年の日本市場は、引き続き米中貿易問題の進展を見極めながらの相場展開が続きそうです。一方、国内では東京オリンピック・パラリンピックという一大イベントが開催されます。お祭りムードになりますが、過去の株価動向から、五輪閉幕後には景気減速からの下落が警戒されています。また、キャッシュレス還元終了後の消費増税の景気への影響も改めて警戒されてきます

「リニア中央新幹線」の関連銘柄を紹介! いよいよ 工事が始まる総事業費5兆円超の「国策テーマ」では、 全区間の86%を占める“トンネル工事”関連銘柄に注目 - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「リニア中央新幹線」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。米中貿易交渉を巡る不透明感から全体としては買いづらい状況ながらも、テーマ株の物色が盛んになってきました。足元では、以前に取り上げた「教育ICT」関連や「マイナンバー」関連といった“国策銘柄”が連日賑わいを見せています。そこで今回は、国家プロジェクトである「リニア中央新幹線」の関連銘柄に注目してみました。2019年10月17日、国土交通省が東京(品川)~名古屋間のリニア中央新幹線の工事実施計画を認可したことで、いよいよ総事業費5兆円を超える大プロジェクトが動き始めました。

2019年・秋の「おすすめのテーマ株」21銘柄を紹介! 「10年継続配当」「キャッシュレス関連」「上方修正 期待」の3大テーマでアナリストが注目する銘柄とは? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年・秋に注目したい3つの「投資テーマ」に該当し、アナリストが「買い」「強気」と評価した21銘柄をピックアップ! 定番の「高配当」「好業績」銘柄に加えて、今秋の一大イベント・消費税の増税に関連する銘柄も要チェック! 9月21日に発売されるダイヤモンド・ザイ11月号は、恒例の特集「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定! 人気の株500【激辛診断】」の2019年・秋版を掲載! 日本株で注目度の高い人気500銘柄を、アナリストなどの投資のプロが、さまざまな視点から厳しく判定し、「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価している。今回はその中から、今のマーケットで注目されている3つの投資テーマに関連する銘柄のうち、「買い」「強気」と評価された”おすすめ銘柄”を、7銘柄ずつ(計21銘柄)紹介! 投資の参考にしてみてほしい(銘柄診断は、アナリストなど20名から構成された「ダイヤモンド・ザイ人気500銘柄分析チーム」が担当)。

“老後資金2000万円”が不足する問題は、株の「配当」 で解決できる!? 65歳で毎月7万円の株の「配当」収入 を得るための事前の準備と投資プランを詳しく解説! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:老後資金の不足を補う救世主になるか!?「配当収入」の魅力と必要な投資額の目安、配当狙いの投資をする際の注意点などを紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ8月号には、2冊の別冊付録が付いてくる! そのうちの一つ「おかねが毎月届く教科書」では、配当や分配金をもらう方法や、金融商品の選び方を解説。定期的に配当や分配金を受け取る仕組みを作れば、急激に老後資金が目減りするのを食い止められる可能性が出てくる。”老後資金2000万円問題”で、将来に不安を抱いている人なら必見だ! 今回はその中から、「資産を取り崩さずに配当をもらう仕組み」の作り方を抜粋!「65歳で月7万円の配当収入を得るためのプラン」など、具体的な運用資産づくりのイメージも図解しているので、参考にしてほしい。

2019年・夏の「おすすめのテーマ株」21銘柄を紹介! 「新インバウンド株」「IT&AI関連株」「逆風に強い 増収増益株」の“儲かる3大テーマ株”に注目しよう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年・夏に注目したい3つの「投資テーマ」の中から、アナリストなどの投資のプロが「買い」「強気」と評価した21銘柄をピックアップ! 話題性だけでなく、業績も好調なテーマ株で、中長期的な株価上昇を狙おう! 6月21日に発売されるダイヤモンド・ザイ8月号では、恒例の特集「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定! 人気の株500【激辛診断】」の2019年・夏版を掲載! 日本株で注目度の高い人気500銘柄を、アナリストなどの投資のプロが、さまざまな視点から厳しく判定し、「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価をつけている。今回はその中から、今マーケットで注目されている3つの投資テーマに関連する銘柄の中で、「買い」「強気」と評価された”おすすめ銘柄”を、7銘柄ずつ(計21銘柄)紹介しよう!(銘柄診断は、アナリストなど20名から構成された「ダイヤモンド・ザイ人気500銘柄分析チーム」が担当)

日経平均株価は、米中貿易戦争激化と消費増税により 上がり難い相場に! 今の状況で狙うべきは「RPA」 「5G」などのテーマ性を持つ非製造業の好業績銘柄 - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日本株式市場の状況をアナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 企業業績の低迷を背景に、日経平均株価などの株価指数の上値はバリュエーション面から重そうです。日経新聞社の集計では、上場企業の2020年3月期の純利益は、前期比1.4%減と、2019年3月期に続いて2期連続での最終減益となる見通しです。日本国内においては、少子高齢化にともなう労働生産人口の減少、人材不足が問題になっています。このため、小売りなど非製造業では、業務効率化、省力化投資が求められています。その結果、ロボティクス、協働ロボット、人口知能(AI)、IoT、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)、「5G」、ドローン、自動運転など、業務効率化・省力化を実現するためのテーマ性を有する非製造業の銘柄群が今後の物色の柱になるでしょう。

「新元号」と「ESG投資」で盛り上がる銘柄を発掘! 平成の次に来る「新時代」に株価の上昇が期待できる 2つの注目の投資テーマ&具体的なおすすめ銘柄を紹介 - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:投資アナリストの村瀬智一さんが、今注目のテーマと具体的な銘柄を紹介! 今回は2つのテーマを取り上げたいと思います。まず、ひとつめは「新元号」です。新年度相場に入り、物色対象もテーマ性に広がりが出てくると考えられますが、まず新元号発表によって「新元号」関連といったテーマが再燃することになるでしょう。そして、今回注目したいもうひとつのテーマは「ESG投資」です。「ESG」とは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)を意味する英語の頭文字を合わせたものです。ESG投資は、環境問題、人権問題、企業統治などの課題に積極的に取り組んでいる企業に投資を行うことをいいます。企業の長期的な成長のためには、ESGが示す3つの観点が必要だという考え方が世界的に広まってきています。

「Society 5.0」関連の銘柄を狙え! 6月末に大阪で 開催される「G20サミット首脳会議」で注目を集めそ うな投資テーマ「Society 5.0×大阪」関連銘柄とは? - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:投資アナリストの村瀬智一さんが、要注目の投資テーマとオススメ銘柄を紹介! 2019年G20サミット首脳会議が、6月28日(金)、29日(土)の2日間で開催されます。こうした国際会議は、「日本や世界各国がこれからどういう方向に力を入れていくのか」といった情報が出てくるので、投資テーマを発掘する絶好の機会です。今回は、安倍総理のメッセージにも登場した「Society 5.0(ソサエティ5.0)」に着目ました。「Society 5.0」とは、現在の情報が溢れて必要な情報を見つけることが困難な状況下において、IoTやAIなどの最新テクノロジーを活用した便利な社会をつくることです。こうした社会を作るためには、IoTやAIのほか、ドローン、自動走行車、ロボットといったテクノロジーを活用することになるでしょう。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.