Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: バランス型投資信託

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


iDeCo口座で積立投資できる「バランス型投資信託」の 低コストランキング! 信託報酬0.154%の「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」など3銘柄が同率1位に! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)で買える「バランス型」投資信託を、“信託報酬の安さ”で比較したランキングを紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ11月号は、特集「iDeCoで買う投資信託は“これ1本”でOK!」を掲載! 老後不安が取り沙汰されるなか、不安解消の一助となりそうなのがiDeCoだ。この特集では、iDeCoの金融機関や運用商品の選び方をわかりやすく解説。iDeCo向きの投資信託をランキング形式で紹介するほか、ファイナンシャルプランナーが「悩んだら“この1本”さえ買っておけばOK!」と太鼓判を押した、おすすめの投資信託も取り上げているので、とにかく早く始めたい人なら必見だ。今回は特集の中から、「バランス型」と呼ばれる投資信託のランキングを一部抜粋。「バランス型」の投資信託の魅力は、投資対象が幅広くて分散効果が高いため、まさに“1本買うだけでOK”な点だ。「バランス型」の投資信託でiDeCoを始めたい人は、ぜひチェックを!

「つみたてNISA」で「ETF」を買うメリットは? 「ネット証券」VS「対面証券」VS「銀行」で比較した 取扱商品の違いと金融機関の選び方も詳しく解説! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」の金融機関の選び方を解説! 「つみたてNISA」をこれから始めようという場合に、どの金融機関で口座を開けばいいのか悩む人も多いと思います。そこで今回は、金融機関による取扱商品の違いを見たうえで、投資初心者、投資経験者ごとに、どこを選べばいいかを解説しましょう。さらに、現在3本のみ対象となっているETFを、「つみたてNISA」で買う意味があるのかについても、詳しく説明します。

「つみたてNISA」でのポートフォリオの組み方と リスク管理の考え方を投資初心者にもやさしく解説! バランス型投信など分散投資できる商品の選び方は? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」でのポートフォリオの組み方とリスク管理の考え方を解説! 投資をする際には、一点集中投資より分散投資のほうがリスクを抑えられると言われます。では、「つみたてNISA(積立型の少額投資非課税制度)」を利用する際には、どの商品を選んで、どのような割合で保有し、どのようにリスクを管理すればいいのでしょうか。今回は、「つみたてNISA」を利用する際におさえておきたい、ポートフォリオ(金融商品の組み合わせ方や資産配分)の考え方と気を付けたいポイントについて説明します。

つみたてNISAでおすすめの「バランス型投信」を 紹介! 分散投資が目的のバランス型投信を選ぶなら 国内外の株式と債券に投資する「4指数」で十分! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」でおすすめの「バランス型投資信託」と「アクティブ型投資信託」を紹介!「つみたてNISA」(積立型の少額投資非課税制度)を利用すると、最長20年間にわたって運用益が非課税で資産を形成できます。商品は途中で変更も可能ですが、「積立」という特性上、頻繁に変えることは望ましくありません。となると、最初の商品選びが重要です。では、具体的にはどんな商品を選ぶとよいのでしょうか。今回は、「つみたてNISA」の対象商品になっている「バランス型投資信託」と「アクティブ型投資信託」について見ていきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.