投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「サイバーセキュリティ」関連銘柄に注目! 外出自粛 で“テレワーク”が普及して、サイバー攻撃対策や機密 情報の保護など「セキュリティ」の重要度がアップ! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「サイバーセキュリティ」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済対策として現金10万円を一律給付するの「特別定額給付金(仮称)」が4月20日に閣議決定されましたが、早くも給付金を狙った詐欺メールなどが出回り始めています。また、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する一環として、日本でもテレワークの導入が一気に進展しましたが、サイバー攻撃への対策や機密情報・個人情報の保護といったセキュリティ関係の対策を適切に施している企業は、実のところ多くないというのが実態でしょう。今回は、こうした「給付金や外出自粛要請に関わる詐欺の増加」と「テレワークの普及によるサイバー攻撃の増加」を背景に、今後、改めて需要が表面化してくると見られる「サイバーセキュリティ」関連の銘柄に注目してみました

「宅配ロッカー」の関連銘柄を紹介! 新型コロナウ イルスの感染拡大に伴うネット通販の利用者急増と、 人との接触を避けられる安心感で注目のテーマ株に! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「宅配ロッカー(宅配ボックス)」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、生活必需品などをはじめとした日用品やゲーム、書籍などの「巣ごもり消費」などで、世界中でネット通販の需要が急増しています。日本でも、米国ほど外出自粛規制が厳しくないものの、ネット通販が急増したことで、宅配便の配達員の負担が増加していることは間違いないでしょう。そんな状況を踏まえ、今回は「外出自粛の長期化可能性」「ネット通販需要の拡大」「感染への警戒感の高まり」という3つの観点から、「宅配ボックス(宅配ロッカー)」の関連銘柄に注目したいと思います。以前から、ネット通販の広がりにより配送業の現場における人員の不足が常態化し、業務の効率化が急務となっていたことから、その対策の一つである「宅配ボックス」は注目を集めていました。

「食品容器」関連銘柄の業績が“非常事態宣言”発令で アップする!? 「外出自粛」で利用が急増するテイクア ウトやデリバリーに欠かせない「食品容器」に注目! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「食品容器」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。4月8日午前0時から5月6日までの期間、東京や大阪などの7都府県を対象として「緊急事態宣言」が発令されました。これに関連して東京都の小池知事は、一足先に緊急事態宣言の発令時における都の対処方針案を明らかにしました。厳しい状況に置かれた飲食店が取れる対策のひとつとして一段と広がりを見せているのが、弁当や持ち帰り用惣菜の販売、つまり「テイクアウト」や「デリバリー」です。今回は少しだけ発想を飛ばして、テイクアウトやデリバリーの際に必須となる弁当容器やフードパックといった使い捨ての「食品容器」関連の銘柄に焦点を当てたいと思います。

「人工呼吸器」の関連銘柄を紹介! 新型コロナウイル スの治療に欠かせず、世界中で不足している「人工呼吸 器」の増産は、今や政府も後押しする「国策」の事業に! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「人工呼吸器」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、重症化してしまった患者に必要となる「人工呼吸器」の不足が懸念されています。このような状況を改善するため、トランプ大統領は3月27日、非常時において大統領権限で企業に指示を可能にする「国防生産法」に基づき、自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)に対して「人工呼吸器」の生産を命じました。また、GMのように正式な命令が出たわけではないようですが、米フォード・モーターも4月下旬から人工呼吸器の生産を始めると発表しています。

「ゲーム」関連のおすすめ株を7銘柄紹介! 新型コロ ナの感染が拡大する中、データ使用量が75%も増加し た「ゲーム」の関連銘柄は、売上アップ間違いなし! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「ゲーム」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。東京都は3月23日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて新たな対応方針を公表しました。さらに3月24日には、2020年東京五輪についても延期が決定しました。米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズのCEOであるハンス・ベストバーグ(Hans Vestberg)氏は、一部経済番組の中で、「データ使用量が4カテゴリーで2ケタ増加した」と語ったそうです。具体的には、週比較で、ストリーミング需要が12%増、Webトラフィックが20%増、仮想プライベートネットワーク(VPN)は30%増、そしてゲームが75%増だったことを明らかにしています。

「インフラファンド」7銘柄の中で、専門家おすすめの 銘柄は?「東証インフラファンド指数」のETFが開発 されれば、機関投資家の資金流入で値上がり期待も! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「東証インフラファンド指数」が2020年4月に算出開始で、注目されるおすすめの「インフラファンド」を紹介! いま注目すべき「インフラファンド」や、逆に専門家が「弱気」と見ている「インフラファンド」も公開! ダイヤモンド・ザイでは、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを「ZAi NEWS CHANNEL!」で毎号紹介している。今回は発売中のダイヤモンド・ザイ5月号から、「4月に設定される『インフラファンド指数』」に関する記事をピックアップ! 「インフラファンド」とは、Jリートに似た仕組みで、株と同様に市場で売買できる金融商品。おもな投資先は「太陽光発電施設」で、投資家は発電で得た売電収入から分配金を受け取れる。そんな「インフラファンド」が、2020年4月から指数化されることに。今後、そこからETF(上場投資信託)が開発されれば、「インフラファンド」市場の拡大や、値上がりが期待できる。しかし、すべての「インフラファンド」が「買い」なわけではなく、なかには専門家が今後の投資判断を「弱気」とする銘柄も。そこで、ここでは、上場している「インフラファンド」各社の投資判断を紹介しよう!

コロナショックの影響で新規上場後に株価が急落した 「直近IPO銘柄」が狙い目! 暴落相場のせいで適切 に評価されてない銘柄を、中長期的スタンスで狙おう - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「直近IPO銘柄」について、アナリストの村瀬智一さんが解説。いま世界は、新型コロナウイルスの混乱の中、米国のトランプ大統領は3月13日、国家非常事態を宣言しました。そして米連邦準備制度理事会(FRB)は15日に臨時会合を開き、政策金利を一気に1.0%引き下げて事実上の「ゼロ金利政策」に踏み切ることを決定。日本においても3月16日、日銀が金融政策決定会合を前倒しで開催し、ETF買い入れの年間目標額を現行の6兆円から「当面12兆円」に拡大する追加の金融緩和を決めるなど、各国中央銀行の協調姿勢が見られています。

株価急落で利回りが上昇している「高配当株」に注目! 新型コロナや円高などの外部要因に影響されづらく、 「予想配当利回りが5%以上」のおすすめ銘柄を紹介! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「高配当株」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が報告され、経済活動が停滞する中、各国の株式市場はパニック的な状況に陥っています。ただ、株価水準としては、日経平均株価が2018年12月以来、1年3ヶ月ぶりに1万9000円を割り込んだことで、いったんはボトム形成が意識されるところです。明確な“底打ち”と判断するのは時期尚早ですが、米国では3月9日、トランプ米大統領が、労働者や中小企業に対する新型コロナウイルスの悪影響緩和を目的として大規模な経済対策を行うことを発表。日本でも安倍首相が、4月に緊急経済対策を取りまとめる検討に入ったと報じられました。こういった状況を踏まえつつ、個人投資家としては、3月期決算企業の年度末が接近していることにも注目したいところです。

「インフルエンサー・マーケティング」の関連銘柄に 注目! 新型コロナウイルスのピークアウト後、企業の マーケティング活動が一気に活発化して需要拡大に! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「インフルエンサーマーケティング」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済の鈍化懸念が高まる中、2月28日、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が緊急の声明を発表し、「景気を下支えするために適切に行動する」と追加の利下げの可能性を示唆。そして3月3日に0.5%の緊急利下げを実施しました。一方で、中国国内での感染拡大はピークを超え、震源地である湖北省以外では感染の封じ込めが成功しつつあるとの見方も出てきました。もし本当に中国でピークアウトが見えてきたのであれば、中国政府による大規模な経済対策が見込まれることもあり、経済的に中国への依存度が高い日本にとってプラスの影響は大きいでしょう。

「増配株投資」は“コストパフォーマンス”が高い投資法 なのか? 投資に必要な「手間」や「時間」を、「配当金」 で回収できるかどうかをシミュレーションして検証! - 「夢の配当金生活」実現メソッド

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:増配株投資は、必要な手間や時間に見合った「成果」が得られるのか?「増配株投資」にかかる手間や時間を、受け取る「配当金」で回収できるのかどうかをシミュレーションして検証!

【2020年版】毎月分配型の投資信託の「本当の利回り」 ランキング公開! ベスト5のうち4銘柄は「リート型」 で、特に「海外リート」に投資する銘柄の成績が好調 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「毎月分配型」投資信託の“本当の利回り”ランキングの最新版を公開! 上位には2019年後半に上昇傾向にあった「海外リート」に投資する銘柄が多数ランクイン! 発売中のダイヤモンド・ザイ4月号には、恒例特集「毎月分配型投信100本の【本当の利回り】」を掲載! 半年に一度掲載しているこの特集では、毎月分配型の投資信託の「本当の利回り」ランキング上位30本を紹介するほか、人気の毎月分配型の投資信託100本について、利回りだけでなく「健全度」や「今後の分配余力」などの面から細かく分析。さらに、毎月分配型の投資信託に投資するうえでの“ダメ行動”なども取り上げているので、毎月分配型の投資信託を保有している人や、これから投資したい人なら必見だ! 今回は、2019年12月末のデータを基にした、「本当の利回り」が高い毎月分配型投資信託のランキングを1~5位まで抜粋。投資先選びの参考にしてほしい!

「オンライン教育」関連銘柄が、“新型コロナウイルス 対策”や“英語教育改革”により要注目のテーマ株に! 「チエル」「すららネット」などの注目銘柄も紹介! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「オンライン教育」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は、2月25日に開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、医療体制の整備などを柱とする基本方針をまとめました。感染拡大のスピードを抑制し、可能な限り重症者の発生と死亡数を減らすことを目標と位置付け、企業や団体などに対して、発熱などの風邪症状が見られる職員の休暇取得の勧奨、時差出勤やテレワークについて、強力に推進するよう呼び掛けています。こうした流れから、今後、多くの地域で学校が休校になることが考えられることから、株式市場では「オンライン教育」への関心が高まりやすいと思われます。

“巣ごもり消費”関連銘柄の「ビーグリー(3981)」や 「ネクソン(3659)」に注目! 新型肺炎の影響でゲー ムやマンガなど、自宅で楽しめるサービスが人気に! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「巣ごもり消費」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。いったんは新型コロナウイルスへの警戒感が和らぐ局面も見られた株式市場でしたが、足元では再び下落しています。今後、感染者数がピークアウトしたタイミングで、ヘッジファンドなどが押し目買いの好機と見て買いポジションを積み上げてくる可能性はあるものの、一方で、新型コロナウイリスの企業業績への影響が顕在化してきたことが警戒されます。そうした状況の中で、新型コロナウイルスの感染拡大によって需要が見込まれる新たな関連銘柄に物色が広がっています。

「テレワーク」の関連銘柄を紹介! 東京オリンピック 期間の混雑緩和策、新型コロナウイルスの感染予防策 として注目される「テレワーク」関連のおすすめ5銘柄 - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「テレワーク」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。政府は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会時の交通混雑緩和を目的に、自宅など職場以外で働く「テレワーク」の普及拡大を目指しています。その具体的な施策として、1月29日に「テレワーク・デイズ2020」の実施方針を発表しました。最近になって、新型コロナウイルスによる肺炎感染への警戒感が高まっていることから、この「テレワーク」への関心が高まってきています。新型コロナウイルスの感染拡大が不安視される中、企業では通勤ラッシュや人混みでの感染を防ぐため、「テレワーク」導入に向けた企業の取組みが増えてくるでしょう。

“新型コロナウイルス”収束後に株式市場で注目される のは「高配当株」だ! 「ソフトバンク」「あおぞら 銀行」など、高配当&好業績のおすすめ銘柄を紹介! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「高配当銘柄」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。新型コロナウイルスの感染拡大のグローバル経済への影響を見極める段階は変わらずとはいえども、金融市場が冷静に戻り、国の経済全体の動きを示す統計などマクロ面に再び焦点が向かうような状況にも備えておく必要があるでしょう。市場が正常化してくるにつれ、決算発表が一巡した後には次のイベントに関心が集まりやすいと考えられます。その際は3月末を意識した「高配当銘柄」への関心が改めて高まってくるでしょう。

新型コロナウイルス関連として「医療廃棄物処理」の 関連株を5銘柄紹介! 「東陽テクニカ」「出光興産」 など、まだ注目度の低い“隠れた関連企業”を発掘! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「医療廃棄物処理」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。中国の新型コロナウイルスの感染拡大が警戒される中、日経平均株価は1月27日に今年最大の下落幅を記録しました。さらに、28日には一時2万3100円台まで下落するなど、不安定な相場展開が続いています。新型コロナウイルスの鎮静化が見えづらい状況で、引き続きリスクオフムードが高まっています。そんな相場環境の中、物色の流れとしては、先週に引き続いて「マスク」関連銘柄が急騰しているほか、「治験」「臨床検査」「医薬品」「バイオ」など、注目される対象が拡大しています。今後も新型コロナウイルスの感染拡大が続く場合、関連銘柄に関する連想がさらに広がりが見せることになりそうです。

「新型コロナウイルス」の感染拡大で注目されるのは 「臨床検査」関連株!「シメックス」や「みらかホー ルディングス」「ビー・エム・エル」など5銘柄を紹介 - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「新型コロナウイルス」で注目を集める「臨床検査」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。中国の武漢市で相次いでいる「新型コロナウイルス」による肺炎の問題で、株式市場では、川本産業(3604)、ダイワボウホールディングス(3107)、シキボウ(3109)などの「マスク」関連銘柄が賑わったほか、「産業用マスク」関連銘柄の興研(7963)、重松製作所(7980)、「防護服」関連銘柄のアゼアス(3161)や、「クリーンルーム」関連の日本エアーテック(6291)、「サーモグラフィー」関連銘柄の日本アビオニクス(6946)などが物色されています。今後も感染拡大への警戒が続く場合、次第に他に銘柄への波及が意識されてくるでしょう。そこで今回は、新型コロナウイルスの関連銘柄の一角として「臨床検査」に注目してみました。

「M&A」関連株から、株価上昇が期待できる5銘柄を 厳選! 中小企業の「後継者不足」が問題化する中、 「事業継承手段としてのM&A」は確実に増加する! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「事業承継手段としてのM&A」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。与信管理を支援する東京商工リサーチが1月14日に発表した「全国企業倒産状況」によると、2019年(1~12月)の全国企業倒産(負債総額1000万円以上)の件数は、前年比1.79%増の8383件でした。さらに細かく見ると、「人手不足」に関連する倒産件数が、2013年に調査を開始以来、過去最高を記録しています。このうち、全体の6割を占めているのが「後継者不足」です。こうした「後継者不足」の増加を一因として、最近では中堅・中小企業における事業継承手段としてのM&Aが増加しています。

“ゴーン被告逃亡”により注目される「保安検査機器」 の関連銘柄を紹介! 東京オリンピックを控え、空港 やイベント会場での手荷物検査は今後さらに普及する - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「保安検査機器」や「手荷物検査装置」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。2019年末に大きな話題となったのが、「元日産自動車会長のカルロス・ゴーン被告が密かに日本を出国して、中東のレバノンに到着した」というニュースです。その後の報道では、関空のプライベートジェット機用の保安検査装置は大型の荷物に対応できていなかったこと、などが伝えられています。こうした保安検査の甘さが、今回のゴーン被告の出国を成功させた一因だったことから、赤羽国土交通大臣は1月7日、プライベートジェット機に持ち込む大型荷物の保安検査を義務化したことを明らかにしました。

「高配当株」と「増配株」では、どちらに投資すべきか? 「増配」は業績やビジネスモデルの“裏付け”があるが、 「高配当」は株価や配当額に左右される不安定なもの! - 「夢の配当金生活」実現メソッド

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株初心者に人気の「高配当株」に投資するリスクやデメリットを解説しながら、注目を集めにくい「増配株」に投資するメリットを紹介!「夢の配当金生活」を目指す個人投資家・立川一さんは「高配当株」ではなくて「増配株」に投資したほうがリスクが低く、将来受け取れる配当も増える可能性が高いとして「増配株投資」を実践している。なぜ「高配当株」よりも「増配株」に注目しているのか?「高配当株」と「増配株」のメリット・デメリットを詳しく解説する!

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.