Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: マイクロソフト

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


来週(10/21〜25)の日経平均株価の予想レンジは、 2万2000~2万3000円! 当面は2万2500円付近で 値固めをしつつ、さらなる「上値追い」の可能性も! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(10/21〜25)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 米中通商問題については、まだ第1段階であり、中国側は詳細を詰めるためのさらなる協議を今月末にも持ちたい意向を示すなど、問題が解決した訳ではありませんが、これまでの過度な警戒感は和らいでいます。そんな中、来週(10月21日〜25日)の日経平均株価は、年初来高値を更新したことにより、いったんは達成感が意識され、2万2500円での値固めの動きとなりそうです。

米国の決算発表シーズンの中でも「コカコーラ」と 「スターバックス」が絶好調! 特に新興国を中心に 売上増を見せる「コカコーラ」の株価上昇に期待! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国市場ではじまった2019年第2四半期の決算発表シーズンについて、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 2019年第2四半期の決算発表が相次いでいます。これまでに、S&P500に採用されている大型株の44%が決算発表を終え、そのうち77%の企業でEPSが事前のコンセンサス予想を上回りました。過去5年の平均は72%ですから、これは良い成績です。一方、売上高を見ると、61%の企業が事前のコンセンサス予想を上回りました。過去5年の平均は60%ですので、こちらも平均以上です。さらに売上高は、平均するとコンセンサス予想より1.2%高い数字でした。これは過去5年間の平均である0.8%よりも良い数字です。ただし、今回の決算発表シーズンで残念な面もあります。それは第3四半期の会社側ガイダンス(利益予想)です。

来週(7/16~19)の日経平均株価の予想レンジは、 2万1550~2万1950円! マイクロソフトやIBM、 ネットフリックスなど、人気米国株の決算にも注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(7/6~19)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 今週(7/8~12)の日経平均株価も、相変わらず値動きの少ない相場展開が続きました。先週末に発表された米雇用統計が予想を上回ったことから、早期利下げ期待が後退して米国株が下落となる中、週明けの日本株市場も売りが先行しました。しかし、日経平均株価は、一時2万1500円を若干割り込む局面も見られましたが、その後は週を通じて2万1500円での底堅さが意識されました。

「RPA」関連銘柄の中でも注目すべき7銘柄を紹介! “クラウド”と“サブスクリプション”で、急速に普及が 進む「RPA」は、株価に影響する重要な投資テーマ! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:注目を集まる投資テーマ「RPA」とその関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説! RPAとは、Robotic Process Automationの略で、ルールエンジン(組織のビジネスルールの運用を自動化するソフトウエア)やAI(人工知能)などのソフトウエアを利用して、デスクワークなどのホワイトカラー業務を自動化・効率化する仕組みのことです。具体的には、経理業務や人事業務、データ分析、顧客対応などの業務がRPAによる自動化に向いていると考えられています。データ入力のような定型業務を膨大に行っている現場では、それらを自動で行えるRPAは、人件費削減や生産性向上にとって欠かせないものとなるでしょう。人手不足や働き方改革が騒がれる中、RPAを導入する企業は今後ますます増えてくると考えられます

日本MS 今年8月は週休3日

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:日本マイクロソフトは22日、今年8月の1カ月間は金曜日をすべて休業し、「週休3日」にすると発表した。有給休暇とは別の「特別有給休暇」とし、全オフィスを閉める。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース マイクロソフト
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6321199
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2019/04/22 16:26:36 投稿番号: 37785

運用報告書(2018年9月末日)

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:2018年9月末時点の資産運用の状況を公開します。 運用状況 2018年9月は日経平均株価が+5.49%、ドル/円為替も2.40%の円安となり、投資家にとっては好ましい相場環境でした。一方で運用資産は好調な環境の割に増加せず、基準価格は+1.16%に留まりました。なお、9月に988,000円の増資を行いました。 運用概況 時期運用資産(円)基準価額(円)前月比年初来口数(口)低リスク資産比率 2018年9月末15,336,06719,050+1.16%+2.29%8,050,53325.1% 2018年8月末14,161,10518,832+1.32%+1.12%7,519,82017.8% 相場環境 時期日経平均株価日経平均株価月間騰落率 米ドル/円米ドル/円月間騰落率 S&P500S&P500月間騰落率 2018年9月末24,120.045.49%113.682.40%2,913.980.44% 2018年8月末22,865.151.38%111.02-0.75%2,901.133.01% 売買銘柄 株式個別銘柄部門 主力株の(株)システム情報および(株)エフオンは、プレスリリースをきっかけとして株価が急騰しました。その結果、指しっぱなしだった指値注文が約定し、部分売却となりました。 市場コード銘柄売買区分備考 東証JQS3677(株)システム情報部分売却上方修正のプレスリリースを契機とした株価急騰に、指しっぱなしの売り注文が刺さったため 東証JQS2435(株)シダー売却前期決算の営業CFは良いものの、1Q利益の進捗が悪く成長も見込めないと考えたため 東証1部9514(株)エフオン部分売却木質バイオマス発電事業の建設用地の取得についてのプレスリリースをきっかけとした株価急騰で、指値注文が約定 投資信託部門 2018年9月は売買を行いませんでした。 株式ポートフォリオ 上位銘柄 マイクロソフト(MSFT.us)やシステム情報(3677.jp)といったIT銘柄、ユニマット リタイアメント・コミュニティ(9707.jp)や、チャーム・ケア・コーポレーション(6062.jp)といった老人ホーム銘柄、および、アルトナー(2163.jp)やディップ(2379.jp)といった人材関連銘柄を主力株としています。 今後の売買予定 現状維持を原則とします。ただし相場が大きく急騰すれば利益確定し、急落すれば押し目買いを入れる逆張りの姿勢で臨みます。機械銘柄・製造業銘柄に押し目買いを入れたい所ではありますが、米中貿易摩擦や今後の世界景気の見通しがやや不透明ですので、積極的な購入は控えるつもりです。 その他 増資額について 9月に988,000円の増資を行いました。1,000,000円の増資をしたかったのですが、SBI証券への入金額の上限が1,000,000円であり、12,000円をSBI銀行経由で引っ越しに関する家賃(日割り計算)支払いに充てたために増資額が988,000円となりました。

運用報告書(2018年10月末日)

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:2018年10月末時点の資産運用の状況を公開します。割高となっていた米国の株価が調整し、2018年10月は世界的な株安局面となりました。これに伴い、運用資産は-7.20%と大きく下落しました。

米国で山場を迎える決算発表シーズンの要注目銘柄を チェック! アップルやフェイスブック、アマゾン、 テスラ、ゼネラル・エレクトリックなどが要注目! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト・広瀬隆雄さんが米国株式市場を解説! 今週、2018年第4四半期決算発表シーズンは、最大の山場を迎えます。その理由は、アップル(ティッカーシンボル:AAPL)、フェイスブック(ティッカーシンボル:FB)、マイクロソフト(ティッカーシンボル:MSFT)、テスラ(TSLA)、ゼネラル・エレクトリック(ティッカーシンボル:GE)、アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)といった重要な企業が続々と決算発表するからです。このうちアップルは、既に1月2日に利益警告しています。「アップル・ショック」と呼ばれるこの悪いニュースで、その翌日、アップル株が-10%下げたのみならず、アップルに部品を提供している半導体株などが軒並み売られました。

運用報告書(2018年10月末日)

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:2018年10月末時点の資産運用の状況を公開します。割高となっていた米国の株価が調整し、2018年10月は世界的な株安局面となりました。これに伴い、運用資産は-7.20%と大きく下落しました。

米・ナスダック市場に上場する米国株の中で、プロが 「買い」と太鼓判を押す「マイクロソフト(MSFT)」 「インテューイティブ・サージカル(ISRG)」を紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:NASDAQ(ナスダック)上場の高成長株「マイクロソフト(MSFT)」と「インテューイティブ・サージカル(ISRG)」を、米国株のプロが「買い」と診断する理由とは?発売中のダイヤモンド・ザイ11月号の別冊付録「人気の米国株100銘柄 激辛診断」では、絶好の買い場到来の米国株を大特集!「米国株に今こそ投資すべき理由」から「米国株の買い方ガイド」、人気100銘柄の「ランキング」や「激辛診断」まで詳しく紹介している。今回はその中から、ナスダック上場の「人気高成長株35 激辛診断」の一部を抜粋。タイトルどおり、誌面では人気成長株35銘柄の診断結果を公表しているが、ここでは「マイクロソフト」と「インテューイティブ・サージカル」の診断結果を紹介。米国株投資を検討している人は参考に!米国・NASDAQ(ナスダック)上場の高成長株「マイクロソフト(MSFT)」と「インテューイティブ・サージカル(ISRG)」を、米国株のプロが「買い」と診断する理由とは?

運用報告書(2018年9月末日)

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:2018年9月末時点の資産運用の状況を公開します。 運用状況 2018年9月は日経平均株価が+5.49%、ドル/円為替も2.40%の円安となり、投資家にとっては好ましい相場環境でした。一方で運用資産は好調な環境の割に増加せず、基準価格は+1.16%に留まりました。なお、9月に988,000円の増資を行いました。 運用概況 時期運用資産(円)基準価額(円)前月比年初来口数(口)低リスク資産比率 2018年9月末15,336,06719,050+1.16%+2.29%8,050,53325.1% 2018年8月末14,161,10518,832+1.32%+1.12%7,519,82017.8% 相場環境 時期日経平均株価日経平均株価月間騰落率 米ドル/円米ドル/円月間騰落率 S&P500S&P500月間騰落率 2018年9月末24,120.045.49%113.682.40%2,913.980.44% 2018年8月末22,865.151.38%111.02-0.75%2,901.133.01% 売買銘柄 株式個別銘柄部門 主力株の(株)システム情報および(株)エフオンは、プレスリリースをきっかけとして株価が急騰しました。その結果、指しっぱなしだった指値注文が約定し、部分売却となりました。 市場コード銘柄売買区分備考 東証JQS3677(株)システム情報部分売却上方修正のプレスリリースを契機とした株価急騰に、指しっぱなしの売り注文が刺さったため 東証JQS2435(株)シダー売却前期決算の営業CFは良いものの、1Q利益の進捗が悪く成長も見込めないと考えたため 東証1部9514(株)エフオン部分売却木質バイオマス発電事業の建設用地の取得についてのプレスリリースをきっかけとした株価急騰で、指値注文が約定 投資信託部門 2018年9月は売買を行いませんでした。 株式ポートフォリオ 上位銘柄 マイクロソフト(MSFT.us)やシステム情報(3677.jp)といったIT銘柄、ユニマット リタイアメント・コミュニティ(9707.jp)や、チャーム・ケア・コーポレーション(6062.jp)といった老人ホーム銘柄、および、アルトナー(2163.jp)やディップ(2379.jp)といった人材関連銘柄を主力株としています。 今後の売買予定 現状維持を原則とします。ただし相場が大きく急騰すれば利益確定し、急落すれば押し目買いを入れる逆張りの姿勢で臨みます。機械銘柄・製造業銘柄に押し目買いを入れたい所ではありますが、米中貿易摩擦や今後の世界景気の見通しがやや不透明ですので、積極的な購入は控えるつもりです。 その他 増資額について 9月に988,000円の増資を行いました。1,000,000円の増資をしたかったのですが、SBI証券への入金額の上限が1,000,000円であり、12,000円をSBI銀行経由で引っ越しに関する家賃(日割り計算)支払いに充てたために増資額が988,000円となりました。

米国株の「時価総額ランキング」ベスト10を発表! アマゾンやフェイスブックなど、高値更新中の 米国株は大型株でも高成長が見込めて増収率も高い! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:高値更新中の「米国株」に投資するなら、「時価総額ランキング」を参考にして銘柄を探せ!発売中のダイヤモンド・ザイ1月号の特集「高配当&高成長の『買い』の米国株」では、今絶好調の米国株の注目銘柄を紹介。また、プロの米国市場分析や「時価総額ランキング」「増収率ランキング」「連続増配株の利回りランキング」も掲載している。今回はその中から「時価総額ランキング」をピックアップ! ダイヤモンド・ザイ1月号では20位まで掲載しているが、ここでは上位10銘柄を抜粋して紹介しよう!

マイクロソフト(msft.us) FY18 Q1の急伸サービス

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:2017年10月26日に、米国のマイクロソフト(msft.us)がQ1を発表しました。売上高245億ドル(12%増)で事業規模の拡大が目を引きます。中でも特に、「Service and other」と呼ばれるカテゴリの売上の急拡大が目立ちます。マイクロソフトが拡大させているサービスについて調べました。

アマゾン、アルファベット(グーグル)、インテル、 マイクロソフトが、こぞって好決算を発表して高騰! 米国の株高は、これら好業績なハイテク株のおかげ! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週10月27日(金)、ナスダック総合株価指数が+2.2%急伸しました。これは去年の大統領選挙投票日前日の11月7日以来の上げ幅です。上げの中心は大型ハイテク株でした。ナスダックが急伸した理由は、木曜日に発表されたアマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)、アルファベット(ティッカーシンボル:GOOG)、マイクロソフト(ティッカーシンボル:MSFT)、インテル(ティッカーシンボル:INTC)の決算が、どれも予想を上回ったことによります。今回の決算発表シーズンでは、これまでにS&P500指数採用銘柄のうち55%が決算発表を終えています。そのうち、普段より多い76%の企業が、事前予想より高いEPSを発表しました。

マイクロソフト(msft.us) 2017Q2 office365等クラウド伸びる

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:マイクロソフト(msft.us)が2017年Q2を発表しました。昨年同3ヶ月比で増収増益を確保しています。目立つのは製品(product)の売上が減り、代わりにサービス等(service and other)が増えています。クラウドサービスであるoffice365が牽引している様子が分かります。

タグ: ブログ更新 kapok MSFT.us office 365 クラウド マイクロソフト 外国株 米国株
参考URL: http://kapok.mydns.jp/business/msft-us-2017q2/
投稿者: blogcheck.py 投稿日時: 2017/01/27 14:01:58 投稿番号: 17047


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.