投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「Jリート」おすすめの2銘柄を紹介!【2019年・冬】 高値圏の今からでも投資できるJリートの“3つの条件” に合致する「投資法人みらい」と「ザイマックス」に注目 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:分配金利回り4%以上も当たり前! 利回りの高さが魅力の「Jリート」で、アナリストが注目しているのは「投資法人みらい(3476)」と「ザイマックス・リート投資法人(3488)」! 発売中のダイヤモンド・ザイ2020年1月号の大特集は、「何歳からでも始められる【高配当株】で、あんしん老後」! この特集では「配当利回りが高い日本株」や、利回りの高さに定評のある「Jリート」「米国株」などのジャンルにおいて、おすすめの銘柄を紹介している。今回は、その中から注目の「Jリート」を2銘柄紹介!

ハイマックス(4299)、株主優待を新設して配当+優待 利回りが3.6%超に! 毎年3月末に100株以上の株主に 保有株数に応じて2000~4000円のQUOカードを贈呈 - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ハイマックス(4299)が、「QUOカード」の株主優待を新設することを、2019年10月31日の15時に発表した。新設される株主優待は、毎年3月末時点の株主が対象となり、内容は「100株以上の株主に、保有株数に応じて2000~4000円分の『QUOカード』を贈呈」というもの。2020年3月末から実施される。(ハイマックス、コード:4299、市場:東証1部)

「外食」の株主優待を“使いやすさ”でランキング! ファミレス部門では「すかいらーくHD」、牛丼部門は 「すき家」の「ゼンショーHD」が店舗数でトップに! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「外食」の株主優待券をもらっても、使えなければ意味がない!そこで、ダイヤモンド・ザイ6月号では、「外食」の株主優待を調査して「店舗数が多くて使いやすい優待銘柄」ランキングを作成!「ファミレス」と「牛丼」のジャンル別で、もっとも使いやすい2銘柄を紹介する!発売中のダイヤモンド・ザイ6月号の別冊付録「全銘柄版 株主優待完全カタログ」では、株主優待を実施している全1495銘柄の情報を大公開! 巻頭では、「スーパーマーケット」「ドラッグストア」「外食」「通販」などのジャンル別に”株主優待でもらえる割引券などが利用できる店舗数が多い順”にランキングを作成し、使い勝手の良さが証明された上位の銘柄をピックアップしている。

株主優待で食費や日用品費を節約するなら「イオン」 「マツモトキヨシHD」がおすすめ! 利用可能店舗が 全国にあって誰にでも使い勝手が良いのがメリット! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「株主優待」で優待券がもらえても、使えなければ意味がない! 買い物券や割引券がもらえるスーパーやドラッグストアの株主優待銘柄の中で、利用可能店舗が多くて使い勝手がいい2銘柄を紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ6月号の別冊付録「全銘柄版 株主優待完全カタログ」では、株主優待を実施する全銘柄の情報を公開! また、「スーパーマーケット」「ドラッグストア」「外食」「通販」などのジャンルで”株主優待でもらえる割引券などが利用できる店舗数が多い順”にランキングを作成し、使い勝手の良さが証明された上位の銘柄をピックアップしている。今回はその中から、「スーパーマーケット」と「ドラッグストア」のジャンルで店舗数ランキング上位に入った銘柄をそれぞれ1銘柄ずつ紹介! いずれも店舗数が多いだけでなく、全国に店舗がある銘柄をチョイスしているので、ぜひチェックを!

マックハウス(7603)、株主優待の拡充で、配当+優待 利回りが17%超に! ただし、業績予想の下方修正と 減配(年30円⇒年10円)を発表して株価は大幅に下落! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マックハウス(7603)が株主優待の内容を一部変更すると、2019年1月11日に発表した。 この株主優待の変更は、2019年2月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。マックハウスの株主優待は、毎年2月末と8月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上保有する株主を対象として、保有株数に応じ、自社系列店舗で利用できる『株主優待券』を贈呈。また100株以上保有する株主に『株主優待割引券(20%割引券・5枚)』を贈呈」というものだった。今後は、新たに100株以上の株主を対象として「通販専用優待券(5000円分)」が追加で贈呈される。(マックハウス、コード:7603、市場:JASDAQスタンダード)

フジマック、「QUOカード」の株主優待を新設して、 配当+優待利回り3%超に! 100株以上でQUOカード 1000円分、1年以上の継続保有で2000円分に増額! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:フジマック(5965)が、株主優待を新設することを、2019年1月16日に発表した。フジマックの株主優待は、2019年3月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から対象となり、内容は「100株以上保有する株主を対象に、『QUOカード』1000円分を贈呈(継続保有期間1年以上の場合は2000円分を贈呈)」となっている。(フジマック、コード:5965、市場:東証2部)

東邦レマック、株主優待を変更! 300株以上の株主が もらえる「QUOカード」が3000円⇒5000円に増額! 従来の優待品の「自社ブランド靴」の贈呈は廃止へ - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:東邦レマック(7422)が、株主優待の内容を変更すると、2018年7月30日に発表した。今回の変更は、2019年6月20日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。東邦レマックの株主優待は、毎年6月20日と12月20日時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「12月期は、100株以上保有する株主に、保有株数に応じて『QUOカード』を贈呈。6月期は、300株以上保有する株主に『靴』1足を贈呈」というものだった。今後は、6月期に贈呈されていた「靴」が廃止され、代わりに「300株以上の株主を対象に、『QUOカード』2000円分を贈呈」となる。(東邦レマック、コード:7422、市場:JASDAQスタンダード)

優待名人・桐谷さんが実践する「株主優待のお得度が 上がる裏ワザ」を伝授! グループ企業で優待が同じ 銘柄の選び方、優待の新設・拡充情報の活用法を紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株主優待名人・桐谷さんが、株主優待投資でお得度がアップする裏ワザを伝授!発売中のダイヤモンド・ザイ6月号の特集「桐谷さんが教える、株主優待で始める『株』入門」では、株主優待名人・桐谷広人さんだからこそ語れる、株主優待投資の超具体的な実践テクニックや裏ワザ、小ネタを公開している。今回はその中の「お得度UPの裏ワザ集」に掲載している5つの裏ワザのうち、2つを抜粋して紹介しよう!

マックハウス(7603)、株主優待の基準日を年1回⇒ 年2回(2月、8月)に拡充! ただし、同時に2019年 2月期の配当を40円⇒30円に減配することも発表! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マックハウス(7603)が株主優待の内容を変更すると、2018年4月11日に発表した。 この株主優待の変更は、2018年8月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。マックハウスの株主優待は、毎年2月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上保有する株主を対象として、保有株数に応じ、自社系列店舗で利用できる『株主優待券』を贈呈」というものだった。今後は、株主優待の割当基準日を年1回から、毎年2月末と8月末の年2回に変更。株主優待券の配布基準は変わらないので、株主優待利回りは2倍に。なお、優待券に加えて100株以上の全株主に「株主優待20%割引券(5枚)」も追加で贈呈される。株主優待が拡充された一方で、同時に発表された配当予想は、年間40円から30円に変更されている。(マックハウス、コード:7603、市場:JASDAQスタンダード)

"株主優待品が同じ株"の中で利回り1位の銘柄を発表! グループ内で株主優待品が共通するイオングループと コロワイドグループで、最も利回りが高い銘柄とは? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株主優待品の内容が共通している株主優待株の中で、最も利回りが高い銘柄を紹介!ダイヤモンド・ザイでは、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを「ZAi NEWS CHANNEL!」で毎号2本紹介している。今回はその中から「株主優待品が同じ株」に関する記事をピックアップ!株主優待を実施している企業は多いが、グループ会社だと株主優待品の内容が共通している場合も。また、グループ会社同士ではなくても、カタログギフトなど、同じ株主優待品を採用している企業もある。株主優待品の内容が同じなら、できるだけ利回りが良い銘柄を選択したいところ。そこで、今回はおもな「株主優待品が同じ株」の利回りを検証!

東邦レマック(7422)、株主優待の一部を変更! 100株以上で保有株数に応じて、QUOカード1000~ 3000円分に加え、300株以上の保有で靴1足も贈呈! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:東邦レマック(7422)が、株主優待の内容を変更すると2018年3月16日に発表した。今回の変更は、2018年12月20日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される(※2018年6月20日時点の株主を対象に実施される株主優待は、変更前の制度が適用される)。東邦レマックの株主優待は、毎年6月20日と12月20日時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「1000株以上保有する株主に、靴1足を贈呈(※対象は12月20日時点の株主)。3000株以上保有する株主に、靴1足を贈呈(※対象は6月20日と12月20日時点の株主。継続保有していれば年2足靴がもらえる)」というものだった。今後は、2018年6月21日に単元株変更(1000株⇒100株)と株式併合(10株⇒1株)を実施することに伴い、株主優待の配布基準が「1000株以上」から「100株以上」に変更され、保有株式数に応じて靴のほかに「QUOカード」も贈呈されるようになる。(東邦レマック、コード:7422、市場:JASDAQスタンダード)

住宅ローンの融資実行までに突発的に金利が上昇しても、「一部の地銀」なら心配なし! - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:5月に米朝首脳会談が開催されるというニュースが飛び込んできましたが、住宅ローンの金利にはどんな影響を与えるのでしょうか。この2018年に家を買って住宅ローンを組む人にとって、ここ最近の朝鮮半島をめぐる地政学リスクはネックであるだけに、今後の展開と金融市場に与える影響と、住宅ローン金利の動向を占ってみましょう。

日経平均株価&マザーズ指数は下落トレンドに突入? イナゴ銘柄が暴落中の今は、安易な押し目買いを控え 底値で買える「セリングクライマックス」を狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:8月の株式市場は、多くの個人投資家にとって厳しい環境になっています。8月9日の日経平均株価は前日比257.30円安の1万9738.71円と大幅続落し、ついに、それまで狭いレンジでの値動きに留まっていたボックス相場から、下放れてしまいました。また東証マザーズ指数についても、短期・中期的な下落トレンドに入ったと見ていいでしょう。そうしたなかで新興市場ではイナゴタワーが倒壊し、イナゴ銘柄は底なし沼に落ちてしまっている状態です。

日本マクドナルドの株主優待の廃止懸念で株価急落!? 米国本社が保有株式の大量売却を発表した今、 日本マクドナルドの株主優待&株価はどうなる? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「日本マクドナルドホールディングス(2702)」が揺れている。2017年1月、突然米国本社が保有株式の大量売却を発表したためだ。「日本マクドナルドホールディングス」は、株主優待目当てで買う投資家が極端に多いことで知られており、今後海外ファンドなどに買収されて、優待が廃止されるのでは?という懸念も広がっている。そうなれば、株価の暴落もあり得るだろう。そこで、株式市場に精通するプロに、「日本マクドナルドホールディングス」の今後考えうる動きを分析してもらった。

MrMax(ミスターマックス)、株主優待を新設! 半年以上、1000株(最低投資金額:39万5000円)を 保有した株主に、2000円相当の自社PB商品を贈呈 - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:MrMax(ミスターマックス)が株主優待を新設すると2017年2月9日に発表。MrMaxの株主優待は、毎年2月末時点の株主優待名簿に記載または記録された株主が対象となる。新設されるMrMaxの株主優待の内容は、「1000株(10単元)以上を継続して半年以上保有する株主を対象に、プライベートブランドの商品詰め合わせ(2000円相当)を贈呈」となっている。(MrMax、コード:8203、市場:東証1部・福証)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.