Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: マーケット

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


来週(4/27~5/1)の日経平均株価の予想レンジは、 1万9000~1万9800円! GWを控えて底堅い値動き となる見通しだが、連休前に「意外高」となる可能性も - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(4/27〜5/1)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週は4月29日が祝日で休場となるほか、実質的に、ゴールデンウイークに突入します。東京都が企業に対して、4月25日から5月9日までの12日間を連続休暇にするよう促していることもあり、商いは膨らみづらいと考えられます。多くの投資家は積極的にポジションを取ることを避けると思われるので、結果的に売りを仕掛けてくる流れにもなりづらく、底堅い値動きになるでしょう。ただし、ゴールデンウイーク中に、新型コロナウイルスの感染拡大がピークアウトするとの思惑から、先回り的な買いが集まり、相場が予想以上に高くなる「意外高」となる可能性も意識しておきましょう。

来週(4/20~24)の日経平均株価の予想レンジは、 1万9500~2万1500円! 米国の「経済活動再開」の 流れや、アマゾンなどのハイテク株の株価上昇に期待 - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(4/20〜24)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 最近の日経平均株価は、値動きの少ない“こう着感”が強い相場展開ながら少しずつに水準を切り上げてきており、来週(4月20日〜24日)の日経平均株価も、その流れが継続する見通しです。米国ではトランプ米大統領が、経済活動再開に向けた連邦政府のガイドラインの概要を発表しました。感染拡大による景気悪化への警戒から、出口戦略へ向けた流れにシフトしてきたと言えます。

来週(4/13~17)の日経平均株価の予想レンジは、 1万8500~2万500円! 個人投資家の「押し目買い」 意欲が高まる中、低迷していた「直近IPO銘柄」に注目 - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(4/13~17)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週の株式市場ですが、出来高が大きく膨らむ展開は期待しづらく、先物に絡んだインデックス売買の影響を受けやすい状況が続きそうです。ただ、薄商いの中では、日銀のETF買い入れのインパクトが大きくなりますので、底堅さが意識されやすいでしょう。また、3月以降、多くの企業がIPOを取りやめました。その影響で行き場の失った資金のシフト先として、「直近IPO銘柄」を見直す流れが強まりやすいでしょう。

来週(4/6~10)の日経平均株価の予想レンジは、 1万6800~1万8200円! 二番底が警戒される中、 「マスク」「医療設備」「テレワーク」などの物色が継続! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(4/6~10)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(4月6日〜10日)の日経平均株価についても、方向感の掴みづらい相場展開が続きそうです。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、特に東京都の感染者数が増えていることから、非常事態宣言の発動や、それに続くロックダウンが警戒されています。日経平均株価は、今週の値下がりによって再び下落への警戒感が高まってきていることもあり、二番底を探る動きが意識されるでしょう。一方で、3月半ばに見られたパニック的な乱高下については、その原因のひとつとなっていたAIアルゴリズムによる機械的な売買は一巡したようです。

米国株が二番底リスクを警戒する中、狙い目は「新型 コロナ治療薬・ワクチン」の関連銘柄! 一方で米国 市場全体の株価推移は、新型コロナの感染者数次第! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 米国経済がストップしてしまったことに対して、議会は2兆ドルの景気支援法案を可決し、トランプ大統領もそれに署名しました。この景気支援策は速やかに実行に移され、国民一人ひとりに約13万円の現金が支給されます。先週、米国の株式市場が大きく戻した理由は、こうした一連の対策を好感してのことだと思います。ただ、FRBは持てる政策を全部繰り出し、「弾を撃ち尽くした」感があります。議会は、4月20日まで春休みになりますので、追加の法案などは期待できません。すると、これからは新型コロナウイルスの感染者数だけが投資判断の手がかりになると思います。

来週(3/30〜4/3)の日経平均株価の予想レンジは、 1万7500~2万500円! “ロックダウン”が実行されて 東京が封鎖されれば、株価は二番底を目指す展開も! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(3/30〜4/3)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(3月30日〜4月3日)の株式相場については、慎重な見方が大勢のようです。3月27日が3月決算企業の権利付き最終日なので、配当落ち分を先物でカバーする“配当再投資”による需給が、27日から週明けの30日辺りで終了します。期末にともなうGPIFの買いが一部で見られそうですが、今週のような強い押し上げ要因にはなりづらいでしょう。さらに、この週末に感染者が爆発的に増えるようだと、週明けの波乱展開が警戒されます。

来週(3/23~27)の日経平均株価の予想レンジは、 1万5000~1万8500円! 日銀やGPIFのTOPIX買い により、日経平均株価よりTOPIXのほうが強い流れに - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(3/23~27)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(3月23日~27日)の日本市場ですが、欧米市場では外出禁止令の広がりが見られており、世界の経済がストップする格好となりますので、景気後退懸念が一段と警戒されやすいところです。一方で、GPIFや日銀のETFによるTOPIX買いが見られており、これによりNT倍率(日経平均株価÷TOPIX)が急低下しています。

来週(3/16~19)の日経平均株価の予想レンジは、 1万6000~2万円! 波乱相場が続く中、FOMCや日銀 の金融政策決定会合など、日米の金融政策に注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(3/16~19)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(3月16日~19日)も引き続き波乱の相場展開が警戒される中、17日~18日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)と、19日に開催される日銀の金融政策決定会合に関心が集まるでしょう。FOMCでは、3月3日に0.5ポイントの緊急利下げが実施されましたが、今回のFOMC前後にも1.0ポイントの追加利下げが予想されています。また、日銀の金融政策決定会合では、現在約6兆円としているETFの年間保有残高増のターゲットを引き上げると予想されています。

来週(3/9~13)の日経平均株価の予想レンジは、 2万~2万2000円! 米国の渡航規制が警戒される中、 「アゼアス」「東京ドーム」などの決算内容に注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(3/9~13)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(3月9日〜13日)の株式市場も不安定な状況が続きそうです。各国の中央銀行による協調姿勢は評価できますが、米国でカリフォルニア州が非常事態宣言を発動させるなど、新型コロナウイルスの感染拡大を警戒する各国の混乱により、積極的な売買は手控えられます。米国による日本からの渡航規制の動きも警戒されています。中国に次いで、米国でも日本に対する規制措置が取られるようだと、産業の依存度の高さから考えても日本経済への影響は計り知れないでしょう。

来週(3/2~6)の日経平均株価の予想レンジは、2万円 ~2万2000円! 新型コロナで「株価急落」が続く中、 米国の“雇用統計”や“スーパーチューズデー”に注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(3/2〜6)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(3月2日~6日)の日経平均株価も、波乱含みの展開になりそうです。そのカギを握るのは、米国市場の動向でしょう。来週は、米国においてISM製造業景気指数やISM非製造業景気指数、雇用統計などの需要な経済指標の発表が予定されています。さらに、大統領選に向けた「スーパーチューズデー(予備選挙・党員集会)」が開かれる予定です。

来週(2/25~28)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3000~2万4000円! 引き続き「テレワーク」や 「アニメ」関連銘柄、「高配当株」を要チェック! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(2/25〜28)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(2月25日〜28日)の日経平均株価は、2万3000〜2万4000円レベルでの「レンジ相場」が続きそうです。引き続き新型コロナウイルス感染拡大の封じ込めの進展が注目されます。また、2月22日〜23日に開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、新型肺炎を巡る成長リスクが議論さるので、財政支援など各国の姿勢が注目されそうです。

来週(2/17~21)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3500~2万4000円! 新型コロナウイルス収束後 の買い戻しを見越して、今は「押し目買い」を狙え! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(2/17~21)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(2月17日~21日)の日経平均株価は、引き続き新型コロナウイルスの感染状況を睨みながらの、方向感の掴みづらい相場展開が続きそうです。ただし、株式市場は、当初のパニック的な状況に比べると冷静さが戻り、押し目を拾うタイミングを窺っていると考えられます。

来週(2/10~14)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3500~2万4200円! 積極的に上値を追う展開が 難しい中、決算内容を手掛かりとした物色が活性化! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(2/10~14)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(2月10日〜14日)の見通しですが、日経平均株価は今週の上昇で再び昨年来高値水準に接近してきました。直近では2万3000〜2万3500円でのもち合いが続いていたこともあり、2万4000円に接近する局面では“戻り待ち”の売りが出やすいと思われます。

来週(2/3〜7)の日経平均株価の予想レンジは、 2万2500〜2万3700円! 再開する上海証券取引所の 株価の動向や、日米の主要企業の決算内容にも注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(2/3〜2/7)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週は中国の上海証券取引所が再開されます。1月30日に台湾の株式市場が再開したときは6%近く急落しており、現在の新型コロナウイルス関連銘柄の強さを見る限り、春節明けの上海市場でも大きな値下がりが想定されます。WHOが緊急事態を宣言したことによって、来週以降、感染の恐れのある海外からの入国者を調べる検疫態勢が強化されることは必至です。

来週(1/27~31)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3500~2万4200円! 米国の「所得税の還付」で 需給が良くなれば、日本のハイテク株にも好影響あり - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(1/27~31)の日経平均株価の予想レンジを発表! 来週(1月27日〜31日)は、国内の約700社の決算が発表されるほか、「新型コロナウイルス」関連のニュースに要注意。ただし、米国で「所得税の還付」が実施されることから、需給が良くなり米国の株式市場が堅調に推移すれば、日本の株式市場も底堅い展開に!

来週(1/20~24)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3800~2万4200円! 決算発表で株価が急落した 銘柄は、冷静に「押し目買い」のスタンスで狙おう! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(1/20~24)の日経平均株価の予想レンジを発表! 来週(1月20日〜24日)は、国内でも決算発表が増えてきますので、米国同様、決算を手掛かりとした物色が中心になりそうです。商いが低水準の中で決算に対して過剰に反応しやすくなっているので、イレギュラー的に下げてくる銘柄へは、冷静に押し目を拾うスタンスになりそうです。た、ゲーム株の決算が1月後半にかけて相次ぐので、ゲーム株の動向にも注目したいところです慎重な決算が続く局面においては、テーマ株にシフトしやすいと思われます。具体的なテーマとしては、TSMCの設備投資計画にから再び「5G」への関心が高まりやすい状況の中、ハイテク企業のほか、「ローカル5G」など今後本格化するサービスの関連銘柄へ物色に向かいやすいでしょう。

来週(1/14~17)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3500~2万4100円! 中東情勢への警戒は必要だ が、大きく調整する場面では「押し目買い」を狙え! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(1/14〜17)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 米国とイランの対立については、ひとまず戦争にまで発展する流れは避けられ、今後は対立の行方を見守ることになりそうです。来週(1月14日〜17日)の日経平均株価については、さまざまな報道に振り回される展開には警戒したいところですが、今回のようなボラティリティの大きい状況からは落ち着きを見せてくるでしょう。また、大きく調整する局面においては、買い戻しの需要が依然として存在すると考えられます。そのため、上値追いは慎重さが必要ですが、大きく調整する局面においては押し目買いを狙いたいところです。

2020年の日経平均株価の予想レンジは、2万~2万 6000円! 市場全体の上昇機運が高まる中、「5G」 「国土強靭化」「東証再編」などのテーマ株に期待! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来年2020年の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 2020年の日本市場は、引き続き米中貿易問題の進展を見極めながらの相場展開が続きそうです。一方、国内では東京オリンピック・パラリンピックという一大イベントが開催されます。お祭りムードになりますが、過去の株価動向から、五輪閉幕後には景気減速からの下落が警戒されています。また、キャッシュレス還元終了後の消費増税の景気への影響も改めて警戒されてきます

来週(12/23~27)の日経平均株価の予想レンジは、 2万4400~2万3700円! クリスマス休暇で値動きが 停滞する中、直近で上場した「IPO銘柄」が狙い目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(12/23~27)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(12月23~27日)の日経平均株価は、海外勢の商いがより細るため、引き続き“こう着相場”が続きそうです。海外の主要市場は、12月24日のクリスマス・イブは休場もしくは短縮取引、25日のクリスマスは休場、26日はボクシングデーの祝日で欧州などの一部市場が休場になります。そのため、取引は個人投資家が中心になるので、IPO銘柄や個別材料株が中心になるでしょう。

来週(12/16~20)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3500~2万4500円! 2万4000円を上値とする 「ダブルトップ」を突破できれば、さらなる上昇も! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(12/16~20)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 今週は重要なイベントが目白押しだったため、様子見ムードからこう着感の強い相場展開が続いていました。しかし、米連邦公開市場委員会(FOMC)が、金利を維持したことに加えて来年の金利据え置きを示唆したことから、先行きの不透明感が後退しました。さらに、米国による対中関税発動が12月15日に迫る中、トランプ米大統領が中国との第1段階の貿易合意を承認したとの報道を受け、金曜には500円を超えて大幅に上昇。寄付で一気に年初来高値を更新すると、その後も強い値動きが続き、昨年10月以来の2万4000円を回復しました。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.