投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


【緊急寄稿】米国株式市場が暴落しても、すぐに保有 株を売る必要はない! 「逆イールド現象」が起きた 今こそ、コカコーラなどの好業績株を買うチャンス! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国株式市場の急落を受け、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが緊急寄稿! 8月14日(水)、米国株式市場が急落しました。ダウ工業株価平均指数とナスダック総合指数は約3%の下落、SP500指数ならびに小型株指数であるラッセル2000指数は-2.9%でした。急落の引き金になったのは、いわゆる「逆イールド」という現象です。つまり、10年債利回りから2年債利回りを引いた「金利差」が「0」以下になったということです。一般的に、このように長短金利差が逆転して「0」以下になるのは「不況の前兆」と捉えられます。しかし、過去の歴史を紐解くと逆イールドになったからといって、そこから株価が直滑降で下げたという例はありません。

リーダー喪失の米国株は、二番底以降のシナリオが 描けない! 食品、飲料、日用品、ヘルスケアなどの 「防御型」セクターを買って、景気後退に備えよう! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト・広瀬隆雄氏が米国の株式市場を解説! 先週の米国株式市場はダウ工業株価平均指数が-2.2%、S&P500指数が-1.6%、ナスダック総合指数が-2.1%でした。今回の調整局面では、S&P500が10月29日に付けたザラバ安値2603.54をボトムとしてそこから切り返し、50日移動平均線のところまで戻ってきたところで再び売り物を浴び、いまは二番底を確認しにゆく展開となっています。ニューヨーク市場に強気派の意見としては、まず経験則として11月から1月にかけて株式市場が上昇しやすい時期にさしかかっているという意見があります。加えて、中間選挙を巡るアノマリーとしても、選挙後は相場が高いことが知られています。10月に入り、米国10年債利回りが3.2%を超えたことで株式バリュエーションに対する下方プレッシャーが高まったという見方が台頭しましたが、現在は米国10年債利回りが3.06%まで下がって来ており、危険水域ではありません。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.