投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


リスクモンスター(3768)、株主優待を一部変更! カタログギフトなどがもらえる優待に、500株以上+ 5年以上の保有で利回りがアップする配布基準を新設! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:リスクモンスター(3768)が、株主優待を変更することを、2019年8月26日に発表した。この株主優待の変更は、2019年9月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。リスクモンスターの株主優待は、9月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「300株以上を6ヵ月以上1年未満保有する株主に『自社指定商品』を贈呈。300株以上を1年以上保有する株主に、保有株数と保有期間に応じた額面の『カタログギフト』を贈呈」というものだった。変更後も「自社指定商品」または「カタログギフト」が贈呈されることに変わりはないが、新たに500株以上を5年以上保有する株主を対象とする株主優待が設定される。(リスクモンスター、コード:3768、市場:東証2部)

「日本株」で勝ち抜くための“投資の心得”を伝授! 2020年・夏までは積極派は半導体など「景気敏感株」、 慎重派は配当+株価上昇も狙える「高配当株」を狙え! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年秋以降、波乱が予想される相場環境でうまく立ち回り、株式投資で利益を得るための心得を3つ紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の大特集は「【最強日本株】2019年・夏の陣」! 米中貿易摩擦の影響などで、日本株は波乱相場が続くと予想されるが、こんなときこそ「絶好の買い時」と見ているプロも多い。そこで、この特集では「10万円株」「5万円株」「高配当株」「大型株」「新興株」「10倍株」などのジャンルで、今後注目すべき銘柄を取り上げている。また、特集内では「2019年8月~2020年7月までの一年間の勝利の兵法」として、「波乱相場で勝ち抜くための心得」を3つ紹介している。今回は、3つの心得をすべて公開するので、投資の参考にしてほしい!

2020年・夏までの日経平均株価の値動き予想を公開! “2万3000~4000円に上昇”がプロの共通見解だが、 消費増税や米中貿易摩擦で一時的には“2万円割れ”も!? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年秋から2020年夏までの日経平均株価の予測と、2019年秋以降の株式市場のリスク要因・シナリオを、ストラテジストやエコノミストなど、相場のプロが分析! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の大特集は「【最強日本株】2019年・夏の陣」! 米中貿易摩擦の影響などで、日本株は波乱相場が続くと予想されるが、こんなときこそ「絶好の買い時」と見ているプロも多い。そこで、この特集では「2019年後半に儲けるための投資戦略」を紹介するほか、「10万円株」「5万円株」「高配当株」「大型株」「新興株」「10倍株」などのジャンルで、今後注目すべき銘柄を取り上げている。今回はその中から、ストラテジストやエコノミストによる2019年秋以降の株価予測や、これからの相場の不安要因の分析を抜粋。投資をするうえでは、今後の相場にどんな不安要因があるのか、あるいは相場の方向感などを、ある程度認識しておくことが重要だ。記事では、4人のプロに聞いた、今後の相場で考えられるシナリオを詳しく紹介するので、投資の参考にしてほしい!

老後資金が足りなくなる“長生きリスク”に備えるには 「分散投資」が効果的! 商品・地域・通貨・時間の 4つの分散でリスクを抑えながら老後資金を運用しよう - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「人生100年時代」の“長生きリスク”に備えて、老後資金を投資でどう補えばいいのか!? 大きな損失を抑えて、自分のお金を守り殖やすための「分散投資」の4つの視点を公開!発売中のダイヤモンド・ザイ7月号の別冊付録「老後のおかねをつくるシリーズ2 おかねをまもる教科書」では、「人生100年時代」を生き抜くために知っておきたい、「リスクを抑える分散投資の方法」を紹介している。今回はこの別冊の冒頭記事から抜粋し、投資で大きな損失を出さないための「分散投資」の基礎をわかりやすく解説! 老後に備えて投資を始める前に、覚えておきたいポイントを公開しているので、老後に不安を持つ人はチェックしてみよう!

250万円を2億円にした個人投資家・弐億貯男さんの 銘柄選びとリスク管理のルールを紹介! 割安成長株 狙いの徹底で、信用取引を使わず資産の増加に成功! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:元本250万円でスタートし、追加入金なしで2億円を作り上げたサラリーマン投資家・弐億貯男さんのスゴ技を大公開! 2012年末からアベノミクス相場が始まり、長く株価は好調が続いたが、2018年の日本株市場は大荒れ。2019年も先行きを見通しづらい状況が継続中だ。そこで、発売中のダイヤモンド・ザイ6月号では、巻頭特集「日本株新予測&反撃の最強株95」で、ストラテジストやエコノミストといった”相場の目利き”が、2019年度の日本株市場の動向をどのように見ているか取材。そのほか、株価が低調なときにも着実に利益を上げて、資産を増やした個人投資家に、売買テクニックのコツも聞いている。今回は、元本250万円から、追加の資金投入なしで2億円を築き上げた個人投資家・弐億貯男さんの記事を抜粋! 弐億貯男さんは「割安成長株」への投資を得意とし、17年弱の投資で資産を大きく増やすことに成功。「信用取引は使わない」「少数の銘柄に絞って投資する」など、初心者にも比較的マネしやすい投資手法の持ち主なので、参考にしてみてほしい!

「iDeCo」運用時に株価が急落した場合の、もっとも 有利な投資戦略は“売却”ではなく“継続”すること! 株価下落局面での「iDeCo」の賢い投資戦略を解説! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo」の最強の投資戦略は、どんな状況でも「積立投資を継続すること」だ! 世界の株価が不安定になってきています。「iDeCo」でも、株価が急落して損失が出たら……と不安な人もいるかもしれません。しかし、あわてることはありません。効果的で、しかも誰にでもできる簡単な対策があります! 「iDeCo」で株価が急落したときにとるべき、賢い運用方法を解説します。

「つみたてNISA」を活用できるかどうかで、将来の 「資産格差」が広がる! 緩やかな物価上昇に対する 自衛策として「つみたてNISA」で資産拡大を目指せ! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」の利用者は実際にいくら積み立て、何を買っているのか分析! さらに、制度恒久化の可能性など「つみたてNISA」の今後の見通し、そして「つみたてNISA」の活用をはじめとする金融リテラシーの違いによって資産形成の「世代内格差」が広がり始めていることを解説します。

「老後貧乏」になりやすい人の“5つの特徴”はコレ! 60歳で定年退職、孫や子に過度な援助、退職金で投資 デビュー……などが思い当たる人は老後貧乏に要注意 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「老後貧乏」に陥る可能性があるのはどんな人⁉ 見落としがちな「5つの危険サイン」を紹介!退職してから100歳まで生きるとしたら、一体いくら老後資金を準備すればいいのか――発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の特集は「老後のお金 作り方&崩し方」! 退職後、100歳まで生きるとしたら一体いくら準備すればいいのか、最新の考え方と対策術を提案している。今回はその中から、「老後貧乏に一直線の5つの危険サイン」を抜粋。住宅ローンの支払いが定年後も続く人、退職金が思ったほど出なかった人などが、老後貧乏に陥りやすいのはよくわかる。しかし、「住宅ローンを定年前に返済し、退職金も想定通り……」といった、一見すると順風満帆に見える人でも、実は老後貧乏に転落するケースが多いそう。ここでは、危険サインを5つ紹介するので参考に!

人生100年時代、長生きすると老後資金は何円必要? 倹約家・平均的・贅沢派の3タイプの人の老後資金の 不足額と、老後の家計を守る”3つの解決策”を公開! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:長生きしても老後資金を枯渇させないために、今からできることや、老後資金の目安の考え方、60歳以降のライフプランの立て方を専門家が解説!退職後、100歳まで生きるとしたら一体いくら準備すればいいのか? 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の特集は「老後のお金 作り方&崩し方」! 退職後、100歳まで生きるとしたら一体いくら準備すればいいのか? 最新の考え方と対策術を提案している。今回はその中の「年金破綻、介護貧乏、老後の長期化の”3重苦”を乗り切る!」から、「老後の長期化による資金の枯渇」を乗り切る方法について抜粋!(※アドバイザーは、家計の見直し相談センターの藤川太さん、オフィス・リベルタスの大江英樹さん)

テスラの「非公開化」やトルコ大統領の「独裁」は、 長い景気拡大の「慢心」から来る危機の前兆か!? 今こそ投資家や経営者、政治家は兜の緒を締めよう! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2008年にリーマンショックが世界を揺さぶりましたが、あれからほぼ10年を経過し、当時の苦い記憶は風化しつつあります。世界経済はおおむね順調であり、投資家、経営者、そして政治家の心の中には慢心が忍び込んでいます。こういう時こそ投資家は兜の緒を締めなければいけません。慢心を示す一つの例として、先週、テスラ(ティッカーシンボル:TSLA)のイーロン・マスクCEOが、「一株当たり420ドルで非公開化することを考えている。もう資金の手当てもメドがついている」と突然ツイートしたことを挙げることができると思います。慢心を示すもうひとつの例は、トルコのエルドアン大統領です。

「つみたてNISA」は50代半ば以降の人が老後資金を 作る最適な制度!「iDeCo」との比較や商品の選び方 など、50~70代の「つみたてNISA」活用術を解説! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」は50代半ば以降の人の老後資金作りに最適! 50代後半から投資を始める場合、積み立て可能な期間や手数料の面から、「iDeCo」より「つみたてNISA」がおすすめです。インフレリスクに備え、さらに60代、70代で老後資金を長持ちさせるための投資にも「つみたてNISA」が向いています。投資する商品の選び方やリスク管理の方法など、50代半ばからの「つみたてNISA」活用術を解説します。

住宅ローンは変動金利、固定金利のどちらがいい? 借入額4000万円でシミュレーションすると、 変動金利の支払い増加リスクは最大900万円以上! - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:初めて住宅ローンを借りるという人にとって大きな問題となるのが、「金利タイプを変動金利にするか、固定金利(全期間固定も含む)にするか」という選択です。今回のシミュレーションでは固定金利を選んだ場合に回避できる金利上昇リスクを保険料として目に見える金額にしたことで、変動金利がどれだけのリスクを背負っているのかを目に見えるようにしてみました。

住宅ローンの変動金利が上昇したら、いくら繰上返済すべきか、借入金額別に診断! - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:銀行間で住宅ローンの変動金利の獲得競争が激化しています。競争によって金利が下がるのはいいのですが、変動金利のネックとなるのは、銀行が金利を引き上げる権利を持っているということ。そこで今回は、金利上昇リスクを計算し、いくら繰上返済すればそのリスクを相殺できるかを計算してみました。金利が2.775%まで上がると仮定した標準シナリオと、金利4%を想定したリスクシナリオを用意したので、住宅ローンの借り入れや借り換えの参考にしてください。

「つみたてNISA」で「ETF」を買うメリットは? 「ネット証券」VS「対面証券」VS「銀行」で比較した 取扱商品の違いと金融機関の選び方も詳しく解説! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」の金融機関の選び方を解説! 「つみたてNISA」をこれから始めようという場合に、どの金融機関で口座を開けばいいのか悩む人も多いと思います。そこで今回は、金融機関による取扱商品の違いを見たうえで、投資初心者、投資経験者ごとに、どこを選べばいいかを解説しましょう。さらに、現在3本のみ対象となっているETFを、「つみたてNISA」で買う意味があるのかについても、詳しく説明します。

住宅建築中に死亡したら、つなぎ融資はどうなる? 無保障期間は「短期団信」でリスクを回避しよう - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:注文住宅を建てるのに「つなぎ融資」を使った場合、借り入れ中に借り手が死亡したり、高度障害になったりしたらどうなるのでしょうか? 住宅ローンを組むとき、多くの人が団体信用生命保険(団信)に加入しますが、つなぎ融資の借り入れ中にも、実は「短期団信」という保険が存在します。つなぎ融資のリスク対策を、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんにアドバイスしてもらいました。

日経平均株価は海外投資家の買い戻し&地政学リスクの 低下で下値は堅いが、株価上昇のシナリオもなし! ノーポジションでゴールデンウィーク明けに備えよ! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:足元の日経平均株価は非常に強い動きを続けています。主因は、海外勢の買いが継続して入っていることに加え、朝鮮半島の地政学リスクが低下していることです。ただし、足元の海外勢の買いはあくまでも、短期筋の買い戻しであり、腰が入った中長期資金ではないというのが大方の見方です。それでも、海外勢が日本株を買い越し、朝鮮半島の地政学リスクが低下している状況を踏まえれば、日経平均株価の下値は堅いとみてよいでしょう。ですが、下値は堅いから、上がるということでもありません。

「つみたてNISA」でのポートフォリオの組み方と リスク管理の考え方を投資初心者にもやさしく解説! バランス型投信など分散投資できる商品の選び方は? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」でのポートフォリオの組み方とリスク管理の考え方を解説! 投資をする際には、一点集中投資より分散投資のほうがリスクを抑えられると言われます。では、「つみたてNISA(積立型の少額投資非課税制度)」を利用する際には、どの商品を選んで、どのような割合で保有し、どのようにリスクを管理すればいいのでしょうか。今回は、「つみたてNISA」を利用する際におさえておきたい、ポートフォリオ(金融商品の組み合わせ方や資産配分)の考え方と気を付けたいポイントについて説明します。

住宅ローンの融資実行までに突発的に金利が上昇しても、「一部の地銀」なら心配なし! - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:5月に米朝首脳会談が開催されるというニュースが飛び込んできましたが、住宅ローンの金利にはどんな影響を与えるのでしょうか。この2018年に家を買って住宅ローンを組む人にとって、ここ最近の朝鮮半島をめぐる地政学リスクはネックであるだけに、今後の展開と金融市場に与える影響と、住宅ローン金利の動向を占ってみましょう。

「森友問題」の深刻化など、日米ともに政治リスクの 高まりで株式市場が不安定に! 下値は堅いものの 当面は「三角保ち合いの下放れ」への警戒が必須! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日米共に政治リスクが高まり、金融市場が動揺しています。日本では森友問題深刻化と内閣支持率の急低下、米国ではトランプ政権の「米国第一主義先鋭化」とトランプ陣営の選挙コンサルティング会社の個人情報不正入手問題です。このような日米政治リスクの高まりと、外国為替市場でのドル安・円高という状況から、足元の日経平均株価は調整色を強め、下値模索となっています。当面は、3月5日の安値2万0937.26円を意識せざるを得ません。一方、上値に関しては25日移動平均線(19日現在2万1674.27円)や、株価指数先物・オプション3月物のSQ値は2万1575.45円などが強く意識されるでしょう。

「変動金利か、固定金利か」で迷ったら、 「ミックスローン」の住宅ローンを選ぼう! ミドルリスク、ミドルリターン志向の人に最適 - 住宅ローンおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借りるとき、変動金利にするか固定金利にするかを迷う人は多いだろう。そこでよく利用されているのが、複数のローンを組み合わせた「ミックスローン」だ。住宅ローンに詳しいファイナンシャルプランナーの山本俊成さん(ファイナンシャル・マネジメント代表)に、ミックスローンののメリットとデメリットや、繰上返済の上手な方法を聞いた。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.